ハロウィン

ハロウィンの飾り付けに切り紙で簡単にできるおばけとコウモリの作り方

目安時間 7分

 

そろそろハロウィンの飾り付けを始める頃でしょうか。

 

このブログでは、何度かハロウィンの飾り付け用の飾りの作り方を紹介してきました。

その、手作りの飾り付けとして必ず使用しているのが折り紙。

 

折り紙は、折ったり切ったりするだけで、安くでたくさん飾りが作れるので本当に便利ですよね。
これまでのハロウィンの飾り付けを紹介した記事では、折り紙の折り方を紹介していたのですが、今回は折り紙を使った切り紙の作り方を紹介します。

 

わたしがこの記事を書こうと思ったのは、これまで折り紙の飾りばかりを紹介していたので、折り紙とはまた違った切り紙の飾りを作りたくなったからです。
折り紙でたくさん飾りを作っている人は、気分転換に切り紙の飾りを作ってみてはいかがでしょうか。

ハロウィンに切り紙で簡単に作れる飾りは?

ハロウィンの飾り付けは市販でも多く販売されていますが、折り紙を使った手作り飾りを使う最大のメリットは、なんといっても安くでたくさんの飾りが用意できる事です。
100円でも100枚以上折り紙が入っていたりするので、本当に安上がりになるんですよね。

 

折り紙は、道具を使わずに手軽に飾りを作る事ができるというメリットがありますが、少し気分を変えて、折り紙と道具を使って切り紙を作ってみるのはいかがでしょうか。

切り紙…と聞くと、紙にカットする部分の下書きをして、カッターで下書きに合わせて綺麗に切って…と、少し手間がかかるようなイメージですが、実はそんな事はありません。

 

この記事で紹介するハロウィンの飾り付けとして使える切り紙は、下書きなしで簡単に作れるものです。さらに道具は、はさみと油性ペンしか使いません。

簡単に作れる切り紙の飾り付けはたくさんあるのですが、この記事で紹介するハロウィン飾りはおばけとコウモリです。

 

ハロウィン飾りの折り紙の折り方でも、おばけの折り方を紹介したのですが、やっぱりおばけもコウモリもハロウィンの定番ですよね。
とっても簡単なので、是非作ってみてください。

ハロウィンの飾り付けに切り紙でおばけを!

まず、紹介するハロウィン飾りの切り紙は、おばけです。
ハロウィンの飾りの中でも、比較的可愛らしいものが多く、子供さんがいるご家庭にはぴったりの飾り付けではないでしょうか。

 

では早速、切り紙で作るおばけの作り方を紹介します。

 

 

①・折り紙を半分に折ります。半分に折った折り紙をさらに4等分になるように折ります。
上の写真の様に真ん中の部分は谷折り。それ以外の部分は山折りになるように折ってください。

 

 

②・4等分に折った折り紙をカットします。上の写真の形になるようにカットしてください。
この時、気をつけて欲しい事は、頭の部分とおしりの部分を切り落としてしまわないようにする事です。

 

この記事で紹介するおばけの切り方は、小さなおばけが4匹繋がっているものを2つ作りたいからです。

 

 

頭とおしりの部分を切り落としてしまうと、小さなおばけが8つ出来るだけになっちゃいます(笑)。
そして、おしりと頭の部分に気をつけてカットできたおばけがこちらです。

 

 

これだけ見ると、ちょっとおかしなハートの形をしているみたいですよね。
なので、この切り紙のおばけにマジックで顔を描いてしまいます。

 

 

これで、ハロウィン飾りのおばけの完成です!
お子さんと一緒に作るのなら、顔の部分をお子さんに任せて描いて貰うのも楽しいですよね。

ハロウィンの飾り付けに切り紙でコウモリを!

では、次は、切り紙で作ったコウモリです。
先ほどのおばけはマジックで顔を描きましたが、ここで紹介するコウモリは顔を書く必要がないので、はさみ1本で作る事が出来ます!

 

おばけよりもカットする形は複雑ですが、慣れてしまえば3分ほどで作れますよ。

 

 

①・コウモリは折り紙の半分を使用します。半分にカットした折り紙をさらに半分に折ってください。

 

 

②・半分に折った折り紙を上の写真の形にカットしてください。

形を整えるのが難しい人は下書きをしてから下書きに合わせてカットするのが良いと思います。

 

まぁ、1つ作ってしまえばコツが掴めるので2つめ以降は下書きなしで作ってしまえるかと。

 

 

③・カットした折り紙を広げて…完成です!

どうでしょう?おばけよりも簡単だけど、おばけよりも完成度が高く見えませんか?

 

せっかくなので、大きさの違うコウモリをもう1匹作ります。

小さめに作るときは、こんな感じで小さめに半分折ると作りやすいですよ。

 

 

むしろ、こうしないと、思ったより大きくなってしまって大きさを変えるつもりで作った2つ目が1つ目と同じ大きさになっているという事が良くあります。

 

大きさの違うコウモリを2つ並べるとこんな感じです。

 

 

黒色の折り紙で作ると、白い壁にとっても映えますよ!

まとめ

以上、ハロウィンの飾りとして使える折り紙を使った切り紙の作り方でした。

 

おばけは4つ並んだ顔を家族の似顔絵にしても楽しいですし、1枚の折り紙で2つ出来るので、2つを繋げても可愛くなりますよ。

コウモリは、大きな飾りの周りに散りばめても映えますし、それぞれの飾りを使い分けてみてくださいね。

 

ハロウィンの飾り付けをして、楽しいハロウィンを過ごしてくださいね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。