ハロウィン

ハロウィンのコスプレは何歳まで?仮装をして痛い・痛くないの違いは何?

目安時間 8分

 

10月31日はハロウィン!
日本では、仮装パーティー化していますが、毎年ハロウィンになるとコスプレをしてハロウィンイベントに参加するという方もいるのではないでしょうか。

 

毎年コスプレ…といっても、女性には悩みがつきもの。
それは、いつまでハロウィンのコスプレをしても許されるのか…。

 

もちろん、今年も仮装してハロウィンイベントに参加したい!
だけど女性は、それなりの年齢になってしまうと、何をするにも年齢の壁というものにぶち当たってしまうんですよね。

 

この記事では、ハロウィンのコスプレは何歳くらいまで許されるのか?
また、ギリギリの年齢でも痛いと見られる人と、痛くないと見られる人の仮装の違いについてまとめました。

 

この年齢でコスプレは痛いと思われないかな…と、悩んでいる方は是非参考にしてください。

ハロウィンのコスプレは何歳までOK?

ハロウィンのコスプレ…。
出来れば今年もしたいけど…。女性にとって年齢の壁は厚い気がする…。

 

そこで、様々な質問サイトで、「ハロウィンのコスプレは何歳くらいまで許されるか?」に近い質問の回答をいくつか読んでみる事に。

その結果、「ハロウィンのような仮装イベントであれば、やりたければ何歳でもしていい」という回答が多数!

 

意外と、みんな女性の年齢を気にしていないんですね~と、思ったのですが…。

「何歳でもしていい」に続いて「でも、おばさんのコスプレ姿はきついかも」という回答を書き込む人もちらほら…。

…なんだよ、結局何歳でも良い訳じゃないのかよ。

 

つまりは、おばさんと思われる年齢の人が、ハロウィンに仮装をしている姿を見ると引いてしまう人もいると言う事ですね。
では、その「おばさん」の年齢って何歳からなんでしょう?

 

なので、次は質問サイトで、「何歳からがおばさんと言われる年齢ですか?」というような内容の質問の回答をいくつか見ていたところ…。

 

どの質問の回答でも「30歳から」と回答している人が多かったです。
まぁ…、確かに30歳といわれればお姉さんと言われる年齢ではない様な気もしますね…。

 

そして、さらに「若い女性って何歳までですか?」という質問の回答を探してみたところ…。
若い女性とされるのは25歳までと回答している人が多かったのです。

 

同じ年齢でも人の見た目はそれぞれ違いますので、ハッキリと「〇歳までならコスプレOK」とは言えませんが…。

明らかに30歳以上の見た目の人がハロウィンにコスプレをしていると、痛々しいと思われる可能性があり。
30歳に見える可能性のある25歳~29歳までがグレーソーンといった感じでしょうか…。

ハロウィンのコスプレをして痛いと感じるのはどんな仮装?

では、ハロウィンにコスプレをして痛いと思われる可能性がある年齢は、ハッキリとした年齢の線引きがあるわけではなく、明らかに見た目が30歳以上である人という事がわかりましたが…。

 

同じような年齢でも、「痛い」と思われる人と、そうでない人がいますよね。
この差って何なんでしょうか?
次は、「アラサー女性がしていると引いてしまう…」というコスプレについてまとめました。

 

ハロウィンの仮装をしていて、痛いと思われる可能性のあるアラサー女子。
その中でも、特に「痛い」と感じてしまうのは、明らかに年齢に合っていないものや張り切りすぎているコスプレです。

 

年齢にあっていないものの代表が、露出の多すぎるコスプレや制服を着ている女性。
女性は年齢が上がっていくと若い子との体型の差も出てきます。年齢や体型に合っていない露出度の高い服は見ている側が「キツい」と感じる場合もあり。

 

露出の多い、ナース服や警察官の制服を着ている女性は毎年のようにいますが、見た目年齢が30歳以上の女性が着ていると結構痛いです。
やっぱり露出はそれなりにひかえておかないと、浮いてしまう可能性が高いです。

 

そして、張り切りすぎているコスプレの代表がアニメやディズニープリンセスのキャラクター。
堂々と好きなキャラクターのコスプレが出来るのは、ハロウィンが絶好のチャンス!なのですが…。

こちらもやっぱり、それなりの年齢の女性がしていると「痛い」と感じる人がかなりいるようですね。

ハロウィンのコスプレで痛くないのはどんな仮装?

では、先ほどはアラサー女性がハロウィンにしていると痛いと感じるコスプレを紹介しました。

 

でも、逆にハロウィンのイベントで仮装していても、全く痛いとは感じないアラサー女性もいますよね。
この差って何でしょう?

 

そこで、ハロウィンのコスプレをしているアラサー女性の画像をいくつか探してみました。
うん。確かに、痛々しいと感じる写真がたくさん…。

 

その中でも、特に痛いと感じなかった仮装が、私服に控えめなゾンビメイク
衣装にはこだわらず、メイクだけで仮装するというパターンですね。

 

ただ、リアルすぎてかなり怖いゾンビメイクは、張り切り過ぎ感が出てしまいますが、普段使っている化粧品を使って控えめにしているゾンビメイクは、ハロウィンを楽しんでいる感じで痛々しい感じは全くありませんでした。

コスプレをしたかった人にとっては物足りない仮装になるかもしれませんが、年齢的に周りの目が気になるな…という方にはおすすめです。

 

そして、もう1つ。
痛々しいどころか、おしゃれに見えたのが年代ファッションと年代メイクです。
特に60年代のファッションやメイクが可愛いですね。メイクはオードリー・ヘップバーンを意識しているのでしょうか。

 

最近は80年代のバブルメイクがネタ的に流行ってしまったので、80年代ファッションにはコスプレ感がかなり出てしまいそうですが、60年代・70年代くらいのメイクやファッションであれば特にアラサー女子でも違和感なく仮装できるのではないでしょうか。

まとめ

以上、ハロウィンのコスプレをしても大丈夫な年齢や、痛いコスプレ・痛くないコスプレについてでした。

 

ここで、誤解しないで欲しいのは、ハロウィンの仮装をすると痛いと思われる可能性があるのは30歳からと書きましたが、決して30歳以上の女性がコスプレや仮装をしてはいけないと書いているのではありません。

年齢的にコスプレをしようかどうか…で、悩んでいる方の参考程度に見ていただければという気持ちで書いたものなので…。

 

せっかくのハロウィンですから、周りの目を気にせずに仮装したい!という方は、是非いつも通りの仮装を楽しんでください。

周りの反応がちょっと気になる…という方は、あまりコスプレ感の出ない衣装やメイクでハロウィンの仮装を楽しんではいかがでしょうか。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。