雨の日対策

部屋干ししたバスタオルの干し方や乾かないときと臭いの対処法は?

目安時間 7分

 

わたしが住んでいる地域ではここ数日雨が続いています。
雨が続くと困る事…、それは、洗濯物ではないですか?

 

わたしが、洗濯をするペースは2日に1回で、洗濯機を回すときは一度に2日分の洗濯をしています。
…が、家干しをする時に2日分の洗濯物を回してしまうと、家の中は洗濯物がいっぱい。

 

なので、雨が続く日なんかは毎日洗濯する事になっていまいます。

毎日の洗濯って本当に面倒ですよね。

 

洗濯を回す以上に干すときの場所や干し方を考えるのが手間だったりしませんか?

その中でも1番干す場所に困るのはバスタオル!

バスタオルってやたらデカいからスペースを取るうえに、厚みがあるのでなかなか乾かないんですよね。

 

この記事では、雨の日に洗濯物のバスタオルを部屋干しする時のコツをまとめました。

部屋干ししたバスタオルの干し方は?

バスタオルを部屋干ししたときに困る事…。
それは、バスタオルをどうやって干すかではないでしょうか。

 

いつものようにベランダに干すときは、物干し竿に洗濯ばさみで止めるだけで良いのですが、部屋干しとなると、そうもいかないんですよね。
ベランダには屋根があるからと、晴れの日と同じようにベランダに干してしまっても湿気で乾かないし…。

 

と、なると家の中に干すしかなくなるのですが、バスタオルを干す時ってどうやって干せば良いのかで迷うんですよね。
かつては、バスタオルを二つ折りにしてハンガーで吊るすという方法をとっていたのですが、タオル同士が重なる部分が多いので、これがなかなか乾かないんですよね。

 

さらに、家には室内用の物干しもあるのですが、かなり小さいものを買ってしまったので、バスタオルなら3枚くらいしか干せないうえに、最近は娘がタオルを引っ張って遊んでしまうので使えなくなりました。
そこで、どうしようかな、う~~ん…、と考えていたところで…。

 

見つかりました。
バスタオルを部屋干しする時の良い干し方が!

 

その、おすすめの干し方がピンチハンガーを使った干し方です。
ピンチハンガーは洗濯物を干すときには必需品ですよね。

 

ピンチハンガーを使って、バスタオルを囲むように止めると…。

 

 

このように、タオル同士が重なる部分がなく、スペースもほとんど取りません!
ちなみに、見えていない後ろのタオルはこんな感じに吊るしてあります。

 

 

この方法なら、部屋の中の好きな場所に干せますよね!
バスタオルの部屋干しで悩んでいる方は是非試してみてください。

部屋干ししたバスタオルが乾かないときの対処法

雨の日の洗濯物で乾きにくいもの、ナンバーワンのバスタオル…。
いや、ナンバーワンではないかもしれない。1番はデニム地のジーンズかそれともフード付きのパーカーか…。

 

と、まぁ、他にも乾きにくい物は色々ありますが、やっぱりバスタオルは部屋干しをすると乾きにくくて厄介者なんですよね。
なんとかして早く乾かす方法はないのか…。

 

実は、先ほど紹介した、ピンチハンガーを使った干し方は、バスタオルが乾かない時の対処法にも繋がるんです!
ピンチハンガーでバスタオルを囲むように干すと、空気がバスタオルの中で循環するので、比較的早く乾かす事ができるんです。

バスタオルを吊るすときは、できる限り布が重ならないように吊るすのがポイントです。

 

ピンチハンガーで吊るしたバスタオルに向かって、扇風機を回すとさらに効率的に乾かす事ができますよ。

ちなみに、わたしは、部屋干しする日だけ、脱水の時間を長くしています。

 

普段は7分の脱水時間を12分まで長くして、さらに洗濯物が止まった後にもう1回脱水だけします。
そうする事で、洗濯物を干す前にバスタオルの水分がかなり減っているので、少しだけ早く乾きます。

部屋干ししたバスタオルの臭いを予防する方法は?

部屋干ししたバスタオルの悩み…。
それが、臭いではないでしょうか。

 

部屋干しした生乾きのタオルって、なんだか雑巾のような臭いがする事もあるんですよね。
洗濯物の臭いの原因は、菌のついたバスタオルが水を吸って臭いを発しているからなんです。

 

この状態で、雨の日の湿気の多い部屋に干してしまうと、さらに菌が増えて雑巾のようなイヤな臭いになってしまうんです。

この生乾きの臭いを予防するには、なんと言っても早く乾かす事です。

 

ちなみに、わたしがこのことを知ったのは、娘にテレビを見せようと思ってテレビをつけたときにしていた教育テレビの家庭科の番組です(笑)。
子供の授業用のテレビも意外と役に立ちますね。

 

乾かない時の対処法にも書いたように、干し方を工夫して、風を送る事で早く乾かす事ができます。

それでも、どうしても臭いが取れない!という方には、酸素漂白剤がおすすめです。

 

40度程度のお湯に酸素漂白剤を入れて、バスタオルをつけ置きします。
そのまま1時間放置したら、洗濯機に入れていつも通りに洗濯をするだけです。

 

普通に洗濯するよりは結構な時間もかかりますし、手間もかかってしまいますが、臭い対策としてはとても効果的ですので、是非試してみてください。

まとめ

以上、バスタオルを部屋干しする時の干し方や乾かない時の対処法についてでした。

ちなみに、皆さん、バスタオルって何回使ってから洗います?

 

わたしは、2・3回使ってから洗っても気にしないタイプだったのですが、主人が毎回洗いたいタイプなので、結婚してからはわたしもバスタオルを毎回洗うようになってしまいました。

必ず1日に3枚はバスタオルの洗濯物が出てしまうので、雨の日の洗濯で1番困るのがバスタオルなんですよね~。
わたしだけ、また2日間同じタオルと使ってしまおうか…。

 

雨が続くと洗濯をするのもイヤになってしまいますが、バスタオルの干し方や乾かし方を工夫して、雨の洗濯を乗り切りましょう。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。