ハロウィン

ハロウィンの飾り付けに使える折り紙のかぼちゃと帽子の折り方教えます!

目安時間 8分

10月31日はハロウィンですね。

ハロウィンが近づくと、家の中をハロウィン用に飾り付けるというご家庭もあるのではないでしょうか。

 

ハロウィンのシーズンになると、ハロウィン用の飾り付けが雑貨屋さんなんかで販売されるようになります。
でも、販売されている飾りって意外と高いんですよね。
100均でも買えるけど、部屋を飾り付けるようにたくさん買いそろえているとそこそこの値段になってしまうし…。

と、いうときにおすすめなのが折り紙です。

 

折り紙なら、100円で買ったものでも一袋に何枚も入っているので、たくさん作っても経済的です。

この記事では、ハロウィンの飾り付けに使える折り紙の折り方を紹介します。
今回は、ハロウィンといえばコレ!というほど定番中の定番のかぼちゃのお化けを紹介します。

 

是非参考にしてくださいね。

ハロウィンの飾り付けに折り紙を使った飾りを作ろう!

ハロウィンの飾り付けに折り紙!
お子さんが幼稚園以上のご家庭なら、買わずとも家の中にあるのではないでしょうか。

 

折り紙はハロウィンだけでなく、クリスマスやひな祭りなんかでも飾り付けに使えますので、お子さんが折り紙を使わないというご家庭でも持っておくと便利です。

完成された飾り付けを買わずに折り紙で飾りを用意するという事は、やっぱり完成品の飾りを買う以上に手間がかかります。

 

しかし、お子さんが折り紙を折れるような年齢になっているのなら、一緒に飾り付け用の折り紙を折る事で、いつも以上に親子のコミュニケーションが取れるかもしれませんよ!

わたしも子供の頃は、家族でクリスマスの飾り付けをするのが大好きでした。

 

イベント当日の事を想像してワクワクしながら飾り付けをするので、家族で過ごす時間がいつも以上に楽しいんですよね。
折り紙で飾りそのものを一緒に作るのなら、もっと楽しいかもしれませんよ。

 

では、ハロウィンの飾りとして折り紙で作れる飾りを挙げていくと

・かぼちゃのお化け
・コウモリ
・お墓
・おばけ

なんかがあります。

 

どれもハロウィンにぴったりな飾りですよね。

その中でも、特に人気なのは、かぼちゃのお化けのジャック・オー・ランタンではないでしょうか。

 

次は、折り紙で簡単に作れるかぼちゃのお化けの折り方を紹介します。

ハロウィンの飾り付けに使えるかぼちゃの折り方

ハロウィンの飾りの定番といえばかぼちゃ!
カボチャのお化けは、ハロウィンのシンボルと言っても良いほどに定番化しているのではないでしょうか。

 

では、次は折り紙で作れるかぼちゃのおばけの折り方を紹介します。
ちなみに、わたしは滅多に折り紙を折らないのですが、1回目から失敗せずに作れたので、割と簡単に作れると思います。

 

 

①・折り紙を三角になるように半分に折ります。

 

②・①でおった折り紙をさらに半分のおって、1/4サイズの三角を作ります。

 

③・小さな三角を広げます。

 

④・広げた三角をそのまま四角にします。鶴を折るときなんかもこの工程がありますし、折り紙を折るときは、この工程が多いですよね。

 

では、④で四角にした折り紙をかぼちゃの形に近づけていきます!

 

⑤・④で四角くなった折り紙の上の写真の点線の部分で折り込みを入れます。折り紙を折るときは内側に折ってください。

 

 

⑥・さらに上の部分も内側に折り込みます。写真の点線の部分を内側に折り込んでください。

 

 

⑦・仕上げです。四隅のとがった部分を内側に折り込んで8角形になるようにしてください。

後は、顔を描いて完成です!

 

 

どうですか?以外と簡単だけど飾りとしては完成度が高くないですか?

このジャック・オー・ランタンを、オレンジ・黄色・茶色辺りでたくさん作ると色味も変わって可愛いですよ。

 

1つ1つ顔を変えてみるというのも面白いですね。
たくさん作ってバリエーションをつけてみるというのはどうでしょうか。

ハロウィンの飾り付けに使える帽子の折り方

先ほど折ったかぼちゃのおばけにバリエーション…。
と、いっても、やっぱり同じようなものばっかりになってしまう…。

 

と、いう場合は、折り紙でかぼちゃのお化けに被せられるような帽子を作ってみるのはどうでしょうか。
帽子ならハロウィンの仮装にもよく使われますし、さらにハロウィンらしさが出ますよね。

 

では、次は折り紙で作ったジャック・オー・ランタンにつけられるようなとんがり帽子の作り方を紹介します。

 

 

①・折り紙を1/4にカットします。

 

②・小さくした折り紙を三角に折って、真ん中に折り込みを入れます。

 

③・折り込みを入れた部分を中心に、上の部分だけ三角にしてしまいます。

 

 

④・③で作ったものを二等辺三角形にするために、下の部分を折ります。この時、折った部分を中に入れ込んでください。

 

 

⑤・最後は底の部分をクルクルと2回折って完成!

折り紙の大きさを1/4にしたので、最初に作ったかぼちゃのお化けにぴったりのサイズとなりました!

 

 

折り紙をカットせずにそのまま折っても飾りになりますし、黒以外にも紫色のとんがり帽子を作ってもハロウィンらしい飾りになります。

ジャック・オー・ランタンよりもかなり簡単ですので、折り紙を始めたばかりのお子さんも作る事ができますよ。

 

お子さんが2人いるのならおりがみの役割分担を決めて、上の子がかぼちゃ係、下の子が帽子係にして強力してみるもの良いのではないでしょうか。

まとめ

以上、ハロウィンの折り紙で簡単に出来る飾り付けでした。

わたしが子供の頃は、ハロウィンというイベントがそう主流ではなかったので、家の中どころか幼稚園なんかでも飾り付けをした事がありませんでした。

 

教育テレビのえいごで遊ぼうでハロウィンのイベントを見て「何これ?」程度のイベントだったのですが、いつから飾り付けをしたり、パーティーをしたりというイベントになったのでしょうね~。

折り紙を使った飾り付けなら、幼稚園に通っているお子さんも一緒に作れると思いますので、一緒におりがみで飾りを作って飾り付けを楽しんでくださいね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。