運動会

運動会にちらし寿司をお弁当にする時の具や前日に用意するのはOK?

目安時間 7分

 

皆さん、お子様の運動会のお弁当は決まりましたか?
運動会のお弁当は、小学校だけでも6年間。幼稚園や保育園でも午前で終了の運動会でないのなら、さらに数年運動会用のお弁当を作る事になりますよね。

 

そう、何年も作っていると…。
お弁当のネタが尽きてしまう…。

 

と、迷っているのなら、今年は今までと少しだけ趣向を変えてちらし寿司を作ってみるというのはいかがでしょう?
この記事では、運動会のお弁当にちらし寿司を作るときの具や、前日に用意できるのかなどについてまとめました。

運動会にちらし寿司のお弁当はあり?

運動会のお弁当にちらし寿司はありなのか…。
実は、ちらし寿司は、ご飯に押すがはいっている事もあり、普通のご飯よりも持ちが良いです

 

冷蔵庫に入れると硬くなりすぎるという短所はありますが、お弁当であれば基本的に常温保存となるため、運動会に限らずちらし寿司はお弁当に向いているメニューとなります。

なので、運動会のお弁当にちらし寿司を持って行くのはあり!

 

桜でんぶなどを使用したちらし寿司は、彩りが良く可愛らしい印象のお弁当が出来上がります。
ちらし寿司に合うおかずとして、きんぴらごぼうや筑前になんかをおかずにすることになると思いますが、おかずが茶色っぽくなっても、メインのちらし寿司が華やかなので、それほど気になりません。

 

ちらし寿司を小さな丸形のおにぎりにすると、手まり寿司になり、可愛らしくカラフルなおにぎりになりますよ。
プラスチック製の透明カップに、酢飯の中に具を挟むように入れても綺麗な仕上がりになります。

 

ちらし寿司には好き嫌いがあると思いますが、ちらし寿司が好きなお子さんにはおすすめのお弁当と言えます。

運動会に持って行くちらし寿司におすすめの具は?

では、運動会にちらし寿司のお弁当を持って行くのなら、どんな具を使うのが良いのでしょうか?
市販のちらし寿司の素を使用するのであれば、酢レンコン、干し椎茸、かんぴょうなどがあらかじめ入っていますね。

 

ちらし寿司の素に入っている具以外にはトッピングの具として、マグロやサーモンなどの生魚を使用するという方もいると思います。
しかし、運動会となると…。

 

朝の開会式前からお弁当を持って行ったとして、お昼に食べるまでに5時間はありますよね。
つまり、5時間近く生物を外に置いておくという事になります。

 

当日の気候が涼しかったとしても、お弁当に保冷剤を入れていたとしても…、やっぱり生物を外で管理するというのには不安があります。
学校や園から家が近いのであれば、お弁当を家で保管しておいてお弁当の時間になったら取りに行くと言う事ができるので、生物を入れても問題ないかと思いますが、そうでない場合は生魚を避けてください。

 

ちらし寿司のお弁当に良く使われる具材は、錦糸玉子、キュウリ、カニカマ、ハム、大葉、桜でんぶなどです。
湯通ししたエビやスモークサーモンを使用する方もいるようですが、わたし個人としては、クーラーボックスや保冷剤を使用して保存していないと少し怖いな…といった感じがします。

 

どの具材を使うにしても、ちらし寿司のお弁当を作るときは、酢飯を良く冷ましてから作るようにしてくださいね。
当日の保存は、保冷剤を使用して日陰に置いておく…と普段の運動会のお弁当と同じような保存方法で大丈夫ですよ。

運動会に持って行くちらし寿司は前日に作ってもいいの?

運動会当日は、朝から準備が忙しいですよね。
出来る事なら当日の準備を抑えたい…。

ちらし寿司はお酢が入っている分、普通の白米を持って行くよりも長持ちするはず。

 

と、いう事は、前日に用意してしまっても大丈夫なんじゃないか…。

ちらし寿司は、前日の夜に作っておいても翌日に食べられます。

 

しかし、保存方法やトッピングを工夫する必要があります。

まずは、トッピングについて。
ちらし寿司のトッピングには定番の錦糸玉子を使用する予定の方も多いですよね。

 

しかし、玉子は、最初に紹介した定番の具であるキュウリ、カニカマ、ハム、大葉、桜でんぶの中でも比較的痛むのが早いです。
なので、前日に用意する場合は玉子の使用を控え、玉子だけは当日の朝に焼いてトッピングするようにしてください

 

そして、次は保存方法についてです。
酢飯は冷蔵庫に入れるとお米が固くなってしまいます。これを避ける為には、冷やしすぎないようにする事です。

ちらし寿司のお弁当を持って行く時期が冬であれば、暖房のあたらない部屋で常温保温がおすすめなのですが…。

 

運動会シーズンは、まだまだ暑い時期である事が多いですよね。

そこで、保存に1番適した場所が、冷蔵庫の野菜室です
野菜室は、冷蔵庫の冷蔵室よりも温度が高くなっていますので、冷蔵庫に入れるときほどお米が固くなりません。

 

保存する時は、タッパーに入れてそのまま野菜室に入れるだけでも構いませんが、タッパーに入れて蓋をする前に湿ったガーゼを被せて、その上からタッパーの蓋をするようにすると、お米が乾きすぎずにもちもちした食感が残りやすくなりますよ。

 

運動会のお弁当として、ちらし寿司を前日に作る場合は、保存方法やトッピングに注意してくださいね。

まとめ

以上、運動会のお弁当にちらし寿司を持って行く時の、おすすめの具材や前日に作るときの方法についてでした。

 

いつもの運動会お弁当も良いのですが、今年はちょこっと趣向を変えて、可愛らしくちらし寿司のお弁当にしてみるのはいかがでしょう?
小学生の女のお子さんなんかには特におすすめですよ!

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。