運動会

運動会でそうめんを食べるならお弁当より簡単な作り方と持って行き方は?

目安時間 9分

 

運動会の準備で1番悩む事…。
それは、お弁当ではないですか?

朝から家族全員分のお弁当を作らなくてはいけないので、お弁当を作る側は早朝から大忙しですよね。

 

毎年運動会のたびに用意しなくてはいけないお弁当。
もうネタも尽きてしまって、何を作ろうかと困り果てている人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、運動会のお弁当について検索すると必ず出てくるのが…そうめん!?

わたしも、運動会のお弁当について調べているときに、そうめんの画像が出てきてかなり驚きした。

 

…が、北海道の一部の地域では、運動会のお弁当にそうめんを食べるのが定番なんです!

だったら、今年はちょっと趣向を変えて、運動会のお弁当をそうめんにしてみようか…。

 

だけど、北海道に住んでいる人以外がお弁当にそうめんを持って行くのはやっぱりおかしいのか…。
お弁当をそうめんにする事で、お弁当を作る手間は省けるのか…。

 

この記事では、運動会のお弁当にそうめんを持って行く事についてです。
お弁当にするかそうめんにするかで迷っている方は、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

運動会にそうめんをお弁当にするのはあり?

まず、運動会のお弁当にそうめんを持って行くというのはありなのか、なしなのか…。
率直にいうと、運動会のお弁当にそうめんを持って行くのはあり!

 

暑い時期の運動会では、のどごしが良くさっぱりと口当たりの良いそうめんは食べやすいです。
特に、暑い日に外で身体を動かした時は、食欲が減ってしまいますので、食べやすいそうめんがあるとありがたいです。

 

そして、北海道の岩内町では、運動会のお弁当にそうめんが定番化しています。
北海道の岩内町では運動会のお弁当としてそうめんが食べられているという内容をテレビ番組放送されて以来、岩内町に住んでいる人以外でも、運動会のお弁当にそうめんを持ってくるという方が増ました。

 

しかし、これはあくまで以前と比べて増えたという程度で、岩内町以外でも運動会のお弁当にそうめんが定番化したという事ではありません。
やはり、一般的なお弁当とは違う以上、お弁当にそうめんを持ってきている人を見て驚く人もいると思います。

 

人と違う事に不安を感じるというタイプであれば、運動会にそうめんを持って行くのはやめておいた方が良いかもしれませんね。

運動会のお弁当より簡単に準備できるのはそうめん?

運動会のお弁当をそうめんにするかどうか…。
悩んでいるのなら、お弁当とそうめんどちらが簡単に用意できるのかで決めたいですよね。

 

運動会のお弁当は、おにぎりを作ったり揚げ物をしたり…、運動会の時期はまだまだ暑いので、前日の夜に作り置きをする事もほとんどできず、朝からバタバタしてしまいますよね。
それに比べると、そうめんは茹でるだけです。

 

さらには、前日に用意して冷凍したものをそのまま持って行く事もできるので、前日に用意を整える事ができます。
この、作る手間でいうと、お弁当よりもそうめんの方が断然楽だし簡単です。

 

しかし、そうめんとめんつゆをそのまま持って行くだけというのは味気ないと感じ、トッピングをするという人が多いです。
さらには、そうめんだけでは物足りないと感じてそうめんにプラスしておかずを用意するという方も多数います。

スポンサーリンク

 

たくさん食べる男の子がいるご家庭なんかでは、そうめん+おかずだけでもお腹にたまらず、お米も必要になりおにぎりも持って行くということになるようです。

そうめんだけでも特に問題ないという場合であれば、お弁当を作るよりもそうめんを用意した方が楽。

 

だけど、そうめん以外のものを用意する事になる場合が多いので、その場合は、お弁当にプラスしてそうめんを作る事になるので手間が増えます

運動会でそうめんを食べるなら持って行き方は?

運動会にそうめんを持って行くかどうか…。
もう1つ気になる事は、そうめんを運動会の会場までどうやって持って行くかではないでしょうか。

 

運動会の会場に持って行くまでに大きな手間はかからないのか…。
お弁当箱に入れて持って行くだけのお弁当と比べて、そうめんはどのような持って行き方があるのかを紹介します。

 

運動会のお弁当として、そうめんを持って行くときの方法は

 

  • 朝から茹でたそうめんをタッパに入れて持って行く
  • 前日に作ったそうめんを小分けに冷凍して持って行く

 

の2パターンあります。

朝から茹でたそうめんの持って行く方法

まず、茹でたそうめんをシリコンカップやお弁当用のカップに入れて1口サイズに分けます。
1口サイズに分けたそうめんを、平たいタッパに入れてそうめんは完成。

 

深いタッパを使用する場合は、そうめんとそうめんの間にクッキングシートを敷いて、2段3段にしてください。

そうめんを茹でるときは、団子状に固まってしまわないように、堅めにゆでで水でしめます。

 

水切りした後は少量のサラダ油を絡めて、もう一度水ですすいでから水切りしてください。

タッパとは別に、めんつゆと薬味を持って行く必要があります。

 

薬味は、必要な量を小さいタッパに入れたり、アルミホイルで包んでそうめんを入れているタッパに入れて持って行けます。

めんつゆはストレートのめんつゆであればそのまま持って行っても良いですが、使用する量だけペットボトルに入れて持って行くのがおすすめです。

 

使用済みの余っためんつゆを入れるためにペットボトルが必要になるので、その分の荷物が減らせるからです。

薄めて使用するタイプのめんつゆであれば薄めた状態でペットボトルに入れて持って行ってください。

 

めんつゆを入れる器は、紙コップを持って行くと、帰るときに小さくまとめられるので便利ですよ。

前日に茹でたそうめんを冷凍して持って行く方法

次は、前日にそうめんを茹でて冷凍する方法です。

そうめんを茹でたら、水でしめて1人分ずつ紙コップへ入れます。

 

その上からトッピングをし、めんつゆも入れた状態で凍らせておきます。紙コップは、凍らせるとふやけやすいので、かき氷用の紙コップがおすすめ。

 

この方法なら、紙コップやめんつゆを別に持って行く必要がありません。

当日は、冷凍したそうめんをタッパやお弁当箱に入れて、保冷バッグで持って行きます。

 

外で5~6時間ほど外で放置しておくことになるので、食べる頃には自然解凍できるという事ですね。
気候や保冷バッグによって、お昼までに溶けないという場合もありますので、お昼1時間前には様子を見て、溶けていないようであれば保冷バッグから出すなどの対策をしてくださいね。

まとめ

以上、運動会のお弁当にそうめんを持って行くときについてでした。

 

運動会にそうめんを持って行くか…、お弁当を作るべきか…。

小学生なら6年もある運動会ですので、せっかくなら1年くらいは今までとは違うそうめんのお弁当を持って行くのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。