暑さ対策

ベランダの暑さ対策は床をすのこや人工芝に変えて照り返しの防止を!

目安時間 7分

 

洗濯物を取り込むときにベランダに出たら…、とにかく暑い!って事がないですか?

わたしが住んでいるマンションは、午後から日があたるので洗濯物を取り込む時間はすっごく暑くなっています。
なんとか対策できないものか…。

 

ベランダの暑さ対策について調べようと思ったのは、わたしが洗濯物を干したり取り込んでいる時に、今年1歳になった娘がベランダに出たがるからなんです。
実は、元々知りたかった事は暑さ対策ではなく、娘が裸足でベランダに来るから何か良い方法はないかと考えていたからなんですけど…(笑)。

その対策として、できることが偶然にも暑さ対策に繋がるんです!

 

では、ベランダの床の暑さ対策を紹介します。
ベランダの暑さ対策をしようと思っている方は、是非参考にしてください!

スポンサーリンク

ベランダの暑さ対策は床から!

ベランダの暑さ対策というと、1番に日よけを思いつきますが…。
日よけしてしまうと洗濯物が乾きにくくなってしまいそう…。

 

だったら、ベランダの日よけ以外では、ベランダに植物を置くという方法もあります。
植物の水分が植物周りの温度を下げてくれるという働きがあるからです。

しかし…。

 

家はマンションの1階に住んでいるので、マンション設置の植物があるのですが、虫が…。
虫が多いんですよ!

 

やっぱり植物を置くと、少し涼しくなったとしても虫がよってくるという最大のデメリットがあります。

と、なると、また別の対策を探さなくてはいけません。

ベランダは、照り返しによっても暑くなります

 

さらに、コンクリートは熱がこもりやすいので日が沈んでもベランダが暑いままの場合があるんです。
日よけ対策も植物も微妙…となったら、ベランダの暑さを床で対策するのも良い方法ですよね。

では、次の章でおすすめのベランダの床の暑さ対策について紹介します。

ベランダの暑さ対策はすのこを使って

まず、おすすめするベランダの暑さ対策は、床にすのこを敷いてしまうことです。
ちなみにわたしも、ベランダの暑さ対策の第一候補としてすのこを見当しています。

 

手っ取り早く、敷くだけで簡単に対策できるのがすのこ。
家具店やホームセンターなんかで購入できます。

わたしが、この方法を1番の候補に選んでいるのは、靴下でそのままベランダに出られるからです!

 

娘が裸足でベランダに出てしまうので、「第一条件が靴を履かなくてもいい」になってしまうんですよね。

スポンサーリンク

肝心の暑さ対策についてですが、ベランダにすのこを敷くことで照り返しが弱くなり、ベランダの熱気がいくらかマシになります。

 

夏の特に暑い日は、打ち水をするとさらに暑さが和らぎますよ。

ベランダの暑さが和らぐ、靴下のままベランダに出られるというメリットのあるすのこですが、もちろんデメリットもあります。

 

それは、すのこの下に落ちでしまった埃やゴミがたまってしまうことや、湿気がたまる事によって裏側に虫が住み着いてしまうという可能性があることです。

ベランダに敷くものの第一候補に挙げているものの、なかなか決心がつかないのはこれが原因です。

 

掃除するたびに虫、メンテナンスのたびに虫…は、やっぱり気が進まないですよね。
すのこは、天然の木を使っているため、虫やカビが発生しやすく数年後との買い換えも必要になってきます。

 

すのこと似たような用途で使えるもので、ウッドタイル・ウッドパネルというものもあります。
この、ウッドタイルは、防水防腐加工されているものもあり、すのこよりもカビや虫の心配が少なくなります。

ベランダの暑さ対策は人工芝を使って

わたしがすのこの次に考えているベランダの暑さ対策…。
それは、人工芝です。

 

人工芝を考えた理由は

 

  • 裸足でベランダに出られる
  • 子供の遊び場にもなる
  • 子供が転んでもコンクリートほどの怪我にはならない

 

という理由です。

 

本物そっくりな人工芝も販売されており、ベランダに芝生があるというのは面白いですよね。

しかし、この人工芝、日陰と日向の温度差が激しいです。

 

日陰は夏でも快適。しかし、日向は普通の芝生と違って熱がこもるので、裸足で歩くのはかなり暑く、ベランダに出るためにわざわざ靴下を履かなくてはいけなくなるというもの。

つまり、日向であれば大きな暑さ対策にはならないという事ですね。

 

ただ、この人工芝が暑くなってしまったという場合にも対策があり、人工芝にも打ち水をすると快適な涼しさになります。

人工芝には水通し穴がついているので、打ち水をしても芝生はきちんと乾きます。
しかし、人工芝には水はけの良い物と水はけの悪いものがあり、水はけの悪いものは打ち水の後に芝生が濡れていたり、こけやカビが生えやすいです。

 

購入の際には、商品に詳しいスタッフの方に、水はけの良い物を聞いてから選んだ方がいいですね。

まとめ

以上、ベランダの床の暑さ対策でした。

 

ベランダは洗濯物を干すときぐらいしか使わないので、このままで良いかな~と思いつつも、やっぱりわたしは、裸足で出られるベランダにしたいな~と思っています。

暑さ対策をして、快適なベランダになると良いですね!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。