夏休みの宿題

夏休みの工作に牛乳パックを使うなら小物入れと鉛筆立てがおすすめ!

目安時間 8分

 

夏休みの自由工作を作らなくては…。
夏休みの宿題の中でも、自由工作ってどんなものを作るのかですごく悩みますよね。

 

自由工作の中でも、定番の材料といえば牛乳パック。
普段は捨ててしまう牛乳パックですが、自由工作に使うとなると、実は使い道がいっぱい!

 

せっかくなら、学校に提出してお家に持って帰った後も使えるものを作りたいですよね。

 

この記事では、小学生の女の子におすすめの牛乳パックを使った工作の紹介をします。
とくにおすすめの小物入れと鉛筆立てについては作り方も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

夏休みの工作で牛乳パックを使った作品を!

夏休みの自由工作の材料としてよく使われる牛乳パック。
よく使われる理由は、簡単に手に入れられることですよね。

 

牛乳パックって、厚紙を使用して作れる作品なら大抵作ることができるので、材料としては有能なんです。

まずは、牛乳パックを工作に使うときの準備から始めましょう。

 

牛乳パックは良く洗い、臭いやカビを防ぐためにも完全に乾かしてから使用してください。
牛乳パックの良く洗っていないと、乾かした後に、白い粉が吹いてしまいますよ。

 

では、綺麗に洗って良く乾かした牛乳パックを使って作れる物をいくつか例に挙げてみます。

 

  • 貯金箱
  • 小物入れ
  • 椅子
  • 鉛筆立て
  • パズル
  • ロボット

 

小学校低学年から高学年まで、男の子も女の子も関係なく色々な工作に使えますね。
今回は、例に挙げた物の中から、小物入れと鉛筆立ての作り方を紹介します。
比較的簡単に作れる物なのでおすすめですよ。

夏休みの工作に牛乳パックを使って小物入れを作ろう!

まず、最初に紹介するのは、牛乳パックを使った小物入れです。
ロボットやパズルを作るのも楽しいですが、せっかくだから家に持ち帰ったとも自分で使える物を…と考えている方におすすめです!

 

今回は、六角形の小物入れと、長方形の小物入れの作り方を紹介します。
まずは、六角形の物から。

六角形の小物入れを作るために用意する物は

 

  • 牛乳パック×4
  • 両面テープ
  • セロハンテープ
  • ガムテープ
  • 接着剤
  • ハサミ
  • 飾り用の布や包装紙
  • 飾り用のまずキングテープやリボン

 

です。
以外と用意する物が少ないですよね。

では、まずは六角形の小物入れの作り方を見てみましょう。

 

  1. 用意した4つの牛乳パックを全て開いてください。
    まずは、開いた牛乳パックの中から3つを使用します。

  2. 開いた3つの牛乳パックを2枚に分けます。
    上の部分、下の部分をカットしたら、真ん中の部分でカット。同じ大きさの長方形が6枚になるようにしてください。

  3. 次は、先ほどカットした6枚の長方形を三角にしていきます。
    切り取った長方形が三角になるように、端の面同士を両面テープでひっつけます。これを枚数分繰り返すと、6つの三角形が出来上がります。

  4. 次は、出来上がった三角形を六角形になるように貼り付けます。
    こちらも全て両面テープを使用して固定してください。六角形が出来上がったら、周りをガムテープで固定すると綺麗になります。

  5. 六角形ができたら、底を作ります。
    余った1枚の牛乳パックを使用して、六角形に合わせてカットしてください。
  6. カットできた底の部分を六角形にくっつけます。
    まずは、中の仕切りになる部分に接着剤をつけて、底にひっつけた後に周りをセロハンテープやマスキングテープで固定してください。ここまでできたら本体は完成です。

  7. 最後に、周りにお好みの布や包装紙・画用紙・折り紙などを貼って牛乳パックのパッケージを隠してください。

 

後は、マスキングテープなんかを使って飾り付けしてくださいね。

これで六角形の小物入れは完成です!

 

では、ここまで読んで、もうちょっと簡単に作りたいな~と思った方に、もっと簡単に作れる長方形の小物入れの作り方を紹介します。

では、長方形の小物入れを作るために用意する物です。

 

  • 牛乳パック×3
  • 両面テープ
  • ガムテープ
  • ハサミ
  • 布や包装紙
  • 飾り用のマスキングテープやレース

 

用意する物は六角形と似ていますね。
では、早速作り方の紹介をします。六角形よりもかなり簡単にできますよ。

 


  1. まずは、3つの牛乳パックを全て底から7㎝くらいのところでカットします。
  2. カットした3つの牛乳パックを両面テープで貼り付けて長方形にします。長方形ができた後に、ガムテープで固定すると綺麗になります。
  3. 最後は、周りに好みの布や包装紙を貼って、飾り付けをしたら完成です!

 

六角形と比べるとずいぶん簡単ですね!

小物入れは、割と簡単にできて見栄えも良いので、是非夏休みの工作に迷ったら作ってみてください!

夏休みの工作に牛乳パックを使って鉛筆立てを作ろう!

小物入れの作り方が分かったら…。
先ほど紹介したこのも入れを応用して、鉛筆立てを作ってみませんか?このも入れよりも少しレベルアップという感じですね。

 

先ほど紹介した六角形のパーツの高さを少しずつ変えると…。

 

鉛筆、ハサミ、定規などの大きさに合わせたペン立てができます!

そして、長方形の小物入れに仕切りを作ると…。

 

短い鉛筆でに倒れないような鉛筆立てになります!
小物入れが作れた人にとっては簡単ですよね。小物入れはあまり使わないな~という方は、鉛筆立てにしてみるのはいかがでしょうか?

まとめ

以上、夏休みの工作に作れるような牛乳パックを使った小物入れと鉛筆立てについてでした。

 

牛乳パックを使った工作のメリットは、持ち歩きが軽いということです。
学校に持って行くときや持って帰るときも軽々持ち運びできるのでおすすめですよ。

牛乳パックを使用する予定だったけど、何を作ろうかな~と悩んでいた方は、簡単な小物入れと鉛筆立てを是非作ってみてくださいね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。