自転車

子供乗せ自転車のチャイルドシートとヘルメット以外に必要なものは?

目安時間 7分

 

自転車を子供乗せにすると決めたら、自転車やチャイルドシートを買って…。
さぁ乗るぞ!
…とは、いかないんですよね。

 

自転車に子供を乗せるとなると、本体以外にも必要なものがあります。
何かとお金がかかっちゃいますね~。

 

今回はわたしが、チャイルドシートと一緒に買ったものと、買うべきか迷って買わなかったものをまとめました。

チャイルドシートと一緒に購入したもの

ヘルメット

これは子供を自転車に乗せるときの必須アイテムです。

 

ヘルメットを被って自転車に乗っているお子さんをよく見かけますよね。

自転車に乗せる際のヘルメットは義務化されているものだと思っていたのです

 

が、実はそうではなく、着用努力義務として道路交通法で定められています。
…自転車に乗せるだけなのに努力ってなんだ??

 

この着用努力義務というのは、13歳未満の子供が自転車に乗るときや子供乗せ自転車に乗せるときは、ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない。 というもの。
「努めなくてはならない」だけなので、ヘルメットをしていなかったからといって、道路交通違反といての罰則や罰金があるわけではありません。

 

子供乗せ自転車に子供を乗せているほとんどの方が、ヘルメットを着用させているのは、自分で自分の身体を守れない小さなお子さんの安全を守るためということですね。

そして、このヘルメット、値段がピンキリ。

 

しかし、値段によって安全性に違いはないとのことです。

子供の頭に合わせて買い換えることを考えると、そんなに高価な物は必要ないと感じたので3,000円を予算にしました。

 

予算より少しオーバーにはなりましたが、娘の好きなキャラクターのヘルメットを購入しました。

安くても可愛いものがたくさんありますよ。

 

荷物かご用のバスケットネット

これは、荷物かごを使用しない方は必要ないとは思います。

わたしは自転車購入の際に、後ろにも荷物かごを取り付けました。

 

現在、わたしの自転車は前には荷物かごとチャイルドシート、後ろにも荷物かごという状態です。

チャイルドシートを取り付けるまでは、自分の視界に入る前かごをメインに使用していたので、後ろかごは相当荷物が多いときでないと使用しませんでした。鞄もリュックを使用していたので。

 

しかし、前に子供が乗っているとなるとですね…。

前に荷物を置いてしまうと、前が重くなりすぎてハンドルを取られてしまうんです!

スポンサーリンク

 

これはもう、荷物を後ろに置いてしまうしかないな…と。
なので、前乗せのチャイルドシートを後付けした方で、後ろの荷台がフリーになっているという方は、荷物かごを取り付けると便利ですよ。

 

わたしが、後ろの荷物かごをあまり使用しなかったのは、自分の荷物が視界に入っていないと嫌だったことと、小さな段差やでこぼこの道を通ったときに後ろの荷物が落ちてしまわないか気になってしまうからです。
ということは…。

 

かごを覆ってしまえば解決!

かごをすっぽり覆ってくれるかごカバーもありましたが、「もう少しオバさんになってから購入しよう」と思うようなデザインしか販売していませんでした(笑)。

 

なので、必要ないときは簡単にかごから外せるバスケットネットにしました。

購入しようか迷って買わなかったもの

雨カバー

 

自転車に子供を乗せるのなら必要かなとは思ったのですが…。

保育園の送り迎えなど、必ず自転車での移動が必要な時以外は雨の中自転車に乗ることはないなと。

 

娘はまだ1歳だし。保育園にも通っていないし。自転車移動するのは遊びに出かける時くらい。

今年の冬の防寒用とも考えたのですが、今年の冬も去年と同じように寒い時期だけベビーカー移動になって自転車を使っていないかもしれないし。

 

身体が大きくなった関係で前乗せをやめて後ろ乗せに変更にしているかもしれないと思ったので今回は購入に至りませんでした。

 

空気入れ

 

空気入れも購入するべきか迷いました。

むかしむかし、原付バイクを使用していた頃に、バイクの空気を入れずに放置しすぎて、走行中にホイールの部分からタイヤが外れるというハプニングがありました…。

 

自転車は外れないようになっているのかもしれませんが、やっぱり空気が入っていないと運転しにくいし、重いです。

しかし、わたしの家から徒歩2分の自転車屋さんにも、徒歩10分のショッピングセンターにも、無料で使えるセルフサービスの空気入れがあるんです。

 

すぐに歩いて行ける場所にも、よく買い物に行く場所にもあるということは、空気がなくなる前に空気を入れるチャンスはいつでもあるということなので、特に必要ないかなと思い購入しませんでした。

 

ちなみに、簡単に空気が入れられれば空気入れのクオリティは気にしないという方は、100円均一でも販売されていますよ。

まとめ

以上がわたしが自転車屋さんで買ったものと、買うか迷って買わなかったものです。

子供の成長はとっても早いので、購入してから「意外と使わなかったな…」と感じるものもあると思います。

 

「使うかな~?使わないかな~?」と思ったものは、とりあえず保留で必要になってから購入するのが無難かも。

必要なものは人それぞれ違うとは思いますので、ご自分が必要だと感じたものを購入してくださいね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。