お盆

初盆の挨拶をするために自宅に訪問するときのマナーや服装は?

目安時間 6分

 

皆さん、お盆はあいさつ回りをされますか?
中には、親戚の中に初盆のご家庭があり、ご自宅へ初盆の挨拶をしに行くという方のいるのではないでしょうか?

 

と、なると、初盆の挨拶にしなくてはいけないことなんかも知っておきたいですよね。
この記事では、初盆の挨拶をするために自宅へ訪問する際の服装やマナーについて調べました。

初盆の挨拶をするために自宅へ訪問する時の流れは?

では、初盆の挨拶に伺った時の流れをまとめました。
この記事では「初盆」と書いていますが、地域によっては「新盆」と呼ばれることがあります。

 

まずは、訪問した先が親族でない場合は、自己紹介から始めます。
自己紹介といっても、名前を個人との関係を説明する程度でかまいません。「同じ大学に通っていた○○です。初盆の供養に参りました」といった感じですかね。

 

挨拶が済むと、仏壇前で線香をあげることになります。
線香のあげ方は、これまでに仏壇に線香をあげたことのある方であれば、今まで通りで大丈夫です。

 

ただ、100円玉をお賽銭するお盆が置いてある場合がありますので、その時はお盆の上に100円玉を置いてください。
御仏前として不祝儀袋に入れたお金を持ってきているはずですので、自分から字が読める向きでお供えします。他の方が逆向きにお供えしているのであれば、他の方たちに合わせて大丈夫です。

 

後は、お線香に火をつけてお供えしてください。
お線香の数や立て方は宗派や地域によって違いますが、立て方だけは前の人の残した灰で折って寝かしていたり、立てていたりというのはわかると思います。

 

お線香の本数は…。
見てもわからないので、喪主の方に訊ねても失礼にはならないと思いますので、聞いてしまった方が間違いがなくていいかもしれませんね。

 

その後は鈴を鳴らして合掌すれば、仏壇前の供養は終了です。

さぁ、仏壇前の供養が終わったら、客間に通されると思います。

 

ここでは、世間話をすればいいのですが、ご家族にとってはまだ悲しみが癒えていないかもしれないので、会話の内容に迷ってしまいますよね。

ここは、ご家族が知らない亡くなった方との思い出話をするのもいいと思います。

 

長居する必要もないので、会話が途切れたタイミングで退出してください。その際に、「暑い日が続きますが、お体に気を付けてください」などの言葉を添えた挨拶をしてくださいね。

初盆の挨拶をするときのマナーは?

先ほどは、初盆の挨拶の手順について書きましたが、次は初盆の挨拶をするときのマナーについて説明します。

まず、御仏前で包むお金のことです。

 

基本的に親族の場合は、5,000円~10,000円。友人や知人の場合は、3,000円~5,000円ほど包むことになります。

お通夜やお葬式で包むお金は、新札を入れてはいけないという決まりになっています。
これは、不幸のためにわざわざ用意しておいたというイメージになってしまうからです。

 

しかし、初盆の場合は、急遽不幸があったわけではなく、事前にわかっていることですので、新札を入れてはいけないという決まりはありません

場合によっては、入れてはいけないと考える地域もありますので、心配であれば新札に折り目を入れたり、診察ではない綺麗なお札を用意しておいた方が安心ですね。

 

初盆は、亡くなった方が帰ってくるといわれている日です。
遺族にとってはうれしい日と考えられているので、しめっぽくなる言葉は使わないように気を付けてください

 

遺族の悲しみはまだ癒されていないかもしれない、だけど悲くなる言葉は使ってはいけない…、と、かなり難しいところですけどね…。

初盆の挨拶をするときの服装は?

では、初盆の挨拶の流れやマナーが分かったら、初盆の挨拶をするときの服装を決めなくてはいけません。
礼服で行くべきなのか…、私服でいいのか…迷ってしまうところですよね。

 

基本的には、ご自宅に初盆の挨拶をしに行くという場合は、礼服でなくでも大丈夫です。
特に派手な格好でなければ、平服でもかまわないということですね。

 

男性なら半袖のワイシャツに黒やグレーのズボン。
女性なら、半袖のブラウスに黒やグレーのスカートや暗めの色の無地のワンピース
なんかがいいと思います。

 

無難どころは、クールビズのスーツですかね。普段着でも構わないということは、スーツでもネクタイは特に必要ありません。

ただ、場合によっては、初盆をとても大事になさるという方もいるようです。

 

こういった場合は、普段着で来るのは失礼と感じる方もいるかもしれませんので、周りの方にどんな服装で行くのかの確認をしておいた方がいいかもしれません。

まとめ

以上、初盆の挨拶をするために自宅に訪問する時の流れやマナーについてでした。

 

わたしは一昨年に、叔父の初盆があったのですが、こんな風に服装まで気にしたことがなかったです。
ものすっごく普段着で行ったのですが、もう少し気を使って白いブラウスなんかを着れば良かったかな~と思ってしまいますね。

 

マナーや服装に気を使って気持ちよく供養できたらいいですね。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。