海水浴・プール

1歳児の海水浴に必要な持ち物と滞在時間の他に注意点はある?

目安時間 11分

 

夏のお出かけで子供たちが1番楽しみなのは海水浴ではないでしょうか?

 

1歳から子供に海水浴デビューをさせるという方もいれば、下の子が1歳になってようやくお兄ちゃんやお姉ちゃんを海水浴へ連れて行けるというご家庭もありますよね。

1歳のお子さんと初めて海に行くという方も、下の子だけが海デビューというご家庭も、1歳のお子さんを海へ連れて行くという心配事は同じですよね。

 

この記事では、1歳のお子さんと海水浴へ行く時に必要な持ち物と滞在時間や時間帯、注意点についてまとめました。

スポンサーリンク

1歳児の海水浴に必要な持ち物は?

では、1歳のお子さんを海水浴へ連れて行くために必要な持ち物を書き並べてみます。

 

海水浴に赤ちゃんを連れて行くことについての記事に書いたリストとかなり被ってしまっていますが、歩けるようになった1歳児を海水浴へ連れて行くときの持ち物リストとして見ていただけたらと思います。

0歳児を海へ連れて行く場合は
>>赤ちゃんを海水浴へ連れて行くのはいつから?
の記事へ。

母子手帳・保険証

遠出するときに必ず携帯しておきたいのが母子手帳と保険証です。
旅先でお子さんの体調が悪くなり、病院へ行くことになったときに必ず必要になるのが母子手帳です。

かかりつけのお医者さん以外は知らない予防接種や病気の状況を、旅先でお医者さんに伝えられるように念のため母子手帳も用意しておいた方が安心です。

海の近くにはドラッグストアなどの薬を販売しているお店がない場合が多いので、救急箱に消毒液や絆創膏・体温計など普段使用している救急セットを持って行くと便利です。

 

小さな子供は予想していないところで怪我をしたりしますので、何かあったときにすぐに対応できると良いですよね。

着替え・下着

着替えの服も、1歳のお子さんとお出かけする時は持ち歩くという方が多いのではないでしょうか。
日帰りで水着を用意する場合でも、2日分くらいの着替えと下着があると安心です。

 

1日水着で過ごすという場合は、できるだけ肌の露出を抑えられるように前進をすっぽり覆えるような上着があると便利です。

水着を着せずに普段着で遊ばせるという場合は、4日分くらいは用意しておいた方がいいように思います。

 

着替えは、Tシャツ2枚・ズボン2枚・ロンパース2枚というように持って行くと、部分的に汚れたら上下のどちらかを着替えさせる、両方汚れたらロンパースに着替えさせるということができますよ。

夏服はかさばらないので、たくさん持って行ってもそれほどの大荷物にはならないので、できるだけたくさん持って行った方が便利です。

 

泊まりがけで海水浴へ行くという場合は、必ずパジャマを持って行く必要があります。
旅館の浴衣は、1歳児が着られるような浴衣を用意していないということもあります。浴衣の用意があったとしても、寝ている間にはだけてしまって身体が冷えてしまうということもあります。

 

このことを考えると普段から着慣れたパジャマを着せてあげた方がいいのではないでしょうか。

日よけ対策グッズ

パラソル・・テント・日焼け止め・帽子…。
夏は外に出るたびに日よけ対策が必須となりますが、1日中外にいるのなら、対策を万全にしてあげなくてはいけません。

 

パラソルは、レンタルできなかった時のことを考えて、持って行く事をおすすめします。
特に海水浴場が混み合っている時期なんかは、レンタル用のパラソルが売り切れてしまうということも考えられますので、パラソルかテントを持って行くと良いと思います。

 

パラソルやテントから出るときは必ず帽子を被せて、こまめに日焼け止めを塗り直してあげてください。

暑さ対策グッズ

やっぱり真夏は日よけができたとしても暑いです。なので、なにか身体を冷やせるようなものを持って行った方が安心です。

 

すぐに身体を冷やせるように、保冷剤や冷却シートを持って行くと良いと思います。

冷たい飲み物が飲めるように、クーラーボックスを用意しておいたり、砂が暑くなりすぎているという時間帯は、地面の熱さ対策としてベビーカーがあると便利かもしれません。

砂遊びセット

1歳なら、海を怖がって全く海に入らない…と、いうパターンも考えられます。

スポンサーリンク

 

その場合、ただ暑いところに連れてこられただけになってしまうので、せめて遊べるものがあるようにと砂遊び用のセットを持って行くと、海に入らないというお子さんも遊ぶことができます。

波打ち際での砂遊びは、公園ではできない体験ができますよ。

サンダル・靴

砂浜を歩くときにサンダルか靴は必須

 

砂浜は足を取られて、靴を履くのを嫌がるお子さんもいるかと思いますが、足を怪我しないように靴やサンダルを履かせてあげてください。

この他にも、海へ行くときに必要なものを持って行く事になるので、当日は大荷物となると思いますが、お子さんの為に万全の態勢を整えて出発できるようにしてくださいね。

1歳児の海水浴の滞在時間や時間帯は?

1歳のお子さんと海に行くと気を遣わなくてはいけないのが、海水浴の時間です。
次は、海水浴の滞在時間と時間帯について紹介します。

 

1歳のお子さん、特に1歳半くらいまでのお子さんと一緒に海水浴をするのなら、日の強い時間帯を避けてください。
朝10時くらいから15時くらいまでの日の強い時間帯は海水浴を避けた方が無難です。普段ならば1番遊びたい時間かもしれませんが、この時間帯は海水浴を避けて海の家などで休憩させてあげてください。

 

朝の9時辺りに到着したら、10分~15分程度遊んだら休憩…というように、遊びと休憩を繰り返すように身体を休めながら遊ばせてあげてください。
休憩中は、水分補給をして日焼け止めを何度も塗り直してあげてくださいね。

 

15分おきに休憩、朝の10時から15時までは休憩…としていると休憩ばかりになってしまって、遊べる時間がほとんどないような気もしますが、小さなお子さんにとって、人混み・暑さは大きなストレスとなる可能性があります。
お子さんの様子を見て、休憩時間をしっかり取ってくださいね。

 

滞在時間は、3時間くらいがおすすめです。
初めての海で興奮して思いっきり遊んでも疲れすぎない時間…と考えて、3時間くらいですね。

 

3時間となると、朝の8時から行っても11時には海水浴場を出てしまうということになるので、大人からすれば物足りないですね。
海で遊ぶ以外でも移動時間だけで疲れてしまう場合もあるので、短時間の滞在を心がけてあげてください。

1歳で海水浴に行く時の注意点は?

次は1歳のお子さんと海水浴へ行く時の注意点です。

1歳となると自我が出てきて、お家の方の言うことを聞かなくなった…というお子様もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

初めての海が楽しくて休憩を嫌がったり…、暑いからと帽子や上着を嫌がったり…。

しかし、お子さんが言うことを聞かないときでもしっかりと休憩を取るなどの対策を取らないと、熱中症にかかってしまう可能性があります

 

泣いて遊びたがっても、必ず休憩を挟むように、嫌がっても必ず帽子を被らせるようにしてあげてくださいね。

小さいお子さんと海水浴へ行くのなら、海に入るときはもちろん、砂浜で遊んでいるときもお子さんから目が離せません。
落ちているゴミ、落ちているたばこの吸い殻…、普段目にしないものを見つけた1歳児はすぐに手に取ろうとしてしまいます。

 

特に1歳になったばかりのお子さんは、まだまだ興味の持ったものを口に入れてしまいます。

さらに、歩きたばこをしている人もいるかもしれませんので、1歳の子供さんからは必ず目を離さないようにしてください。
一緒にいるお家の方も疲れてしまいますけどね…。

 

他にも気をつけなくてはいけないことは、授乳やおむつ替えです。
1歳であれば、食事として授乳をしているお子さんはほとんどいないかと思いますが、安定剤代わりに授乳しているというお子さんはいますよね。

 

しかし、ここで覚悟しなくてはいけないことは、海には赤ちゃんを受け入れるような施設が設けられていないため、授乳室がないということです。
もちろん、おむつ替えスペースもない場合がほとんどです。

 

海へ行くのなら、授乳・おむつ替えスペースがないことを覚悟して、できるだけ近くの駐車場を借りて授乳やおむつ替えのたびに車に戻るなどの対策が必要になりますね。

1歳後半でトイレトレーニングをしているというお子さんでも、海水浴場に設置されているトイレは常に混んでいる可能性もありますし、トイレの場所を最初に確認しておく必要があります。

 

海水浴場のトイレは、子供用の便座などはありませんし、和式便座しか用意されていない可能性が高いことを覚悟しておいた方が良いかもしれません。

まとめ

以上、1歳のお子さんと海に行くときの持ち物や注意点についてでした。

 

1歳のお子さんとの海デビューは、用意するものや注意するべきことがたくさんあって大変ですが、楽しい海デビューができるように万全の態勢を整えてくださいね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。