土用の丑の日

うなぎを香ばしくする温め方はトースターとコーヒーか日本酒を使おう!

目安時間 7分

 

この記事を読んでくださっている方、今日の夜ご飯は鰻(ウナギ)でしょうか?
土用の丑の日当日になると、スーパーの店内にはうなぎがたくさん販売されていますよね。

 

うなぎ屋さんで買ってきたうな重なんかは、食べる前に買ってくれば温める必要もないのですが、スーパーで購入したうなぎは、必然的に自分で温めることになりますよね。
レンジで温めてしまうと素早いのですが、ちょっと時間をかけて、オーブントースターを使ってうなぎの温めることができるということをご存じですか?

 

この記事では、オーブントースターを使ったうなぎの温め方を紹介します。
オーブントースターと書いていますが、最近は、オーブントースターよりオーブンレンジを使用している方の方が多いかもしれませんね。

スポンサーリンク

うなぎを香ばしくする温め方はオーブントースターで!

 

では、早速トースターを使ったうなぎの温め方を紹介します。
こちらのレシピはうなぎ1匹の量を目安にした温め方ですので、うなぎ1匹より少ない量の場合は、温める時間を短くするなどをしてくださいね。

 

  • アルミホイルにうなぎをのせて、お酒大さじ1をかけます。
  • お酒をかけたうなぎをアルミホイルで包みます。
  • 140℃のオーブンで10分焼きます。
  • アルミホイルを開いて、次は180℃のオーブンでさらに5分焼いて完成です。

 

こちらの温め方は、何を使ってうなぎを温めるのかについて書いた記事で紹介した温め方です。

詳しくは
>>ウナギは何で温める?
の記事から

 

ちょっと時間がかかりますが、アルミホイルと料理酒があれば簡単ですね。

最初に140℃の低温で時間をかけて温めるのは、まずはうなぎ全体を温めるためです。

 

うなぎ全体が温まった後は、外をパリッと香ばしくさせる為に高温で5分焼きます。スーパーで買ってきたうなぎとは思えないようなうなぎになりますよ。

トースターだと、レンジやフライパンよりも時間がかかってしまいますが、耐熱皿が必要なレンジやフライパンと比べると洗い物がないことがメリットですね。

 

もちろん、レンジやうなぎで温めた後のうなぎも、オーブントースターで焼くことにより香ばしいうなぎに変身します。

 

  • 油を塗ったアルミホイル、もしくはクシャクシャにして広げたアルミホイルを用意する。
  • 用意したアルミホイルに電子レンジやフライパンで温めたうなぎをのせてタレをかける。
    タレは1ヵ所だけに集中すると焦げやすくなるので、まんべんなくかけてくださいね。
  • タレをかけたうなぎを、180℃のオーブンで2~3分焼いて完成です。

 

これで、レンジやフライパンで温めたうなぎもパリッと香ばしくなります。
しかし、先にレンジやフライパンで温めたということは、トースターを使うメリットの1つである「洗い物がない」というメリットがなくなってしまいますね(笑)。

スポンサーリンク

うなぎの温め方としてコーヒーを使う方法がある!?

うなぎの温めるときに使用する調味料として、1番多く使われているのは料理酒だと思います。
料理酒以外にも、使われている調味料があるのですが、その中でちょっと変わった調味料を使った方法を紹介します。

なんと、コーヒーを使った温め方があるのです!

 

コーヒーの香り成分は、焼いたうなぎの蒲焼きの香りとよく似ています。
そのため、コーヒーを使って温めたうなぎは、炭火で焼いたうなぎの蒲焼きのような香りになりいっそう美味しくなるのです。

 

では、コーヒーを使ってうなぎをトースターで温める方法を紹介します。

 

  • うなぎを流水で洗います。
    スーパーで購入したうなぎは必要以上にタレがかかっていることが多く、タレがかかっている場所は焦げやすくなります。うなぎを水で洗うのは、この焦げを防ぐためです。
  • 洗ったうなぎをコーヒーにつける。
    全体がつかれば大丈夫です。
  • コーヒーにつけたうなぎを、アルミホイルで包み140℃のオーブンで10分間焼きます。
  • うなぎが温まったら、アルミを開いて180℃のオーブンで5分間焼いたら完成です。

 

調味料の料理酒がコーヒーに変わるといった感じですね。
使用するコーヒーは、ホットでもアイスでもかまいませんが、粉末のコーヒーを使用する場合は、粉末がしっかり溶けているかの確認をしてください。

 

固まった粉末のコーヒーがうなぎについたまま焼いてしまうと、焦げやすくなります。

今年は、いつもと趣向を変えて、コーヒーを使った炭火焼き風うなぎの蒲焼きにしてみるのはいかがでしょうか?

オーブンを使ったうなぎの温め方は日本酒と相性が良い

1番最初に紹介した「トースターを使ったうなぎの温め方」として、調味料に料理酒を使用しました。
もちろん、料理酒でも良いのですが…。もし、手元に日本酒があるのなら、日本酒を使用してみるのはいかがでしょう?

 

じっくり時間をかけてトースターで焼くうなぎは、日本酒ととっても相性が良いんです。

そもそも、料理酒とは調味された日本酒のこと。

 

日本酒の中に食塩を加え、甘味料や酸味料を添加されたものを料理酒というのです。

日本酒には、料理酒のように添加された旨味成分はありませんが、日本酒に含まれているアルコ-ルがうなぎの組織を柔らかくする働きがあります。

 

日本酒を使用することによって、柔らかく歯ごたえのある食感のうなぎに仕上げてくれるのです。

温め方は、始めに書いた「トースターを使ったうなぎ温め方」として紹介した温め方の料理酒を日本酒に変えるだけです。
分量も料理酒と同じ分量で大丈夫ですよ。

 

料理酒の代わりに日本酒を使ってみるのも良さそうですね!

まとめ

以上、トースターを使ったうなぎの温め方でした。

時間をかけるのは面倒くさい…と、思いつつも洗い物がないというのは主婦にとって魅力的ですよね。

 

今年の土用の丑の日はオーブントースターを使ってうなぎを温めてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。