お中元

お中元と暑中見舞いの違いや時期と熨斗(のし)はどう変わるの?

目安時間 7分

 

今、お中元を用意中の方。

もしかして、この時期ってもうお中元シーズンは終わっているのかな?とお悩みですか?

 

もしくは、夏の挨拶に行く予定だけど、お中元として用意するべきなのか暑中見舞いとして用意するべきなのかで迷っていますか?

そもそも、お中元の暑中見舞いの違いってなんでしょうか?

 

この記事では、お中元と暑中見舞いについて時期やのしについても調べました。

スポンサーリンク

お中元と暑中見舞いの違いってなんだ?

「お中元」と「暑中見舞い」どちらも夏の挨拶という点では、同じように感じますが、お中元と暑中見舞いに違いはあるのでしょうか?

お中元とは、日頃お世話になっている方に感謝の気持ちと身体を気遣う為に品物を贈ること。

 

暑中見舞いは、猛暑期に相手の身体を気遣い、こちらの近況を知らせる為に挨拶状の葉書(ハガキ)送るもの。
つまり、お中元には品物を贈り、暑中見舞いには挨拶状を送るという違いがあります。

 

もし、お中元の品物を贈った後に、暑中見舞いのはがきを贈りたいのであれば、お中元と暑中見舞いの両方をおくってもかまいません。

暑中見舞いにははがきを送るといっても、品物に「暑中見舞い」ののしをつけて贈る場合もありますよね?

 

これはいったいどういうことなのでしょうか?

実は、書中見舞いとして品物を贈る場合、お中元と暑中見舞いには贈った品物の意味に違いはなく、贈る時期に違いがあります。

 

お中元には時期が決まっており、この時期が過ぎるとお中元ではなく暑中見舞いとなります。

要するに、暑中見舞いとして頂いた品物はお中元の品物ということですね。

 

ただ、贈る時期がお中元の時期でなくなったから暑中見舞いとなっているだけです。

お中元と暑中見舞いの時期は?

では、先ほど書いた「お中元の時期」と「暑中見舞いの時期」っていつなのでしょうか?

これには、地域によって違いがありますが、一般的に7月上旬から7月15日までがお中元、7月16日から立秋の日までが暑中見舞いとなります。

 

立秋の日はその年によって毎年違いますが、だいたい8月8日くらいまでです。

つまり、7月15日までに相手方にお中元を届けることができないという場合は、暑中見舞いとして贈る必要があります。

 

ちなみに、立秋の日も過ぎてしまったという場合は、残暑見舞いとなります。残暑見舞いは8月いっぱいくらいまでです。

スポンサーリンク

しかし、上に書いた日付は地域によって違いがあり、関西では7月上旬から8月15日まで、九州地方では8月上旬から8月15日までがお中元となっています。

 

お中元は地域によって違いがありますが、暑中見舞いは全国共通してその年の立秋と決まっています。

なので、関西方面では、お中元と暑中見舞いの時期が被ってしまい、お中元が優先されるため暑中見舞いはありません。

 

お中元の時期が終われば残暑見舞いということになります。

お中元の時期を地域によって大雑把にまとめました。

北海道…7月中旬から8/15日
東北・関東…7/1から7/15日
北陸…7/1から7/15日、一部地域は7月中旬から8/15日
東海・関西・中国・四国…7月中旬から8/15日
九州…8/1から8/15日
沖縄…その年の旧盆(旧暦で7月13日から15日)

 

よろしければ参考にしてください。

お中元と暑中見舞いの熨斗は変えるの?

お中元の熨斗と暑中見舞いの熨斗は、送り先の地域と品物の到着日によって変えなくてはいけません。
お中元の時期に品物を贈るのであれば、紅白ちょう結びの熨斗に「御中元」、暑中見舞いの時期だと「暑中御見舞」と書きます。

 

お中元を7月15日以降に贈る場合は、自分が住んでいる地域の時期ではなく相手方が住んでいる地域に合わることを忘れないようにしなくてはいけません。
たとえば、関東に住んでいる人が7月16日に届くように関西の人に贈るのであれば、暑中見舞いではなくお中元の熨斗。

 

逆に、関西に住んでいる人が7月16日に関東に届けるのであればお中元ではなく暑中見舞い、立秋を過ぎた8月10日に贈るのであればお中元でも暑中見舞いでもない残暑見舞いの熨斗です。

 

…ややこしいですね。

もし、手渡しする予定でお中元用に包装していた品物が、予定が変わってお中元シーズンに渡せなくなってしまったという場合も、熨斗を変えて包装し直さなくてはいけません。

 

おそらく、手渡しであれば外のしにしているかと思います。
だったら熨斗だけをはがして暑中見舞いの熨斗に変更…、したくなりますが…。

 

テープをはがした後や熨斗を張り直した後が残っていては失礼に当たります。ここは包装から包み直した方がいいかと思います。

品物を購入した店舗にレシートと商品を持って行くと包み直しをして貰えることが多いです。

 

しかし、これも店舗に寄って違いますので、包み直しのみは受け付けていない場合もあります。包み直しのために店舗の持って行くのであれば、事前に電話で確認しておいた方が無難です。

まとめ

以上、お中元と暑中見舞いの違いについてでした。
ちなみに、わたしは関西に住んでいるので、暑中見舞いとは縁がありません(笑)。

 

地域によってのお中元の時期を事前に調べておいて、間違った熨斗を用意しないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。