お中元

お中元に商品券を渡す際の相場や渡し方と送り方を知っておこう!

目安時間 7分

 

そろそろお中元の用意をしなくては…と、考えているのだけれど…。
相手の方の好きなものが分からず、何を贈って良いかわからない…。

 

こういうときって、パッと思いつくのが商品券ではありませんか?
商品券だと、受け取った方が自分で好きなものを買えるし、お中元を選ぶのも簡単で良いですよね。

 

目上の人に贈る失礼にあたる商品券ですが、子供のお稽古ごとの先生や家族ぐるみで仲良くしている友人なんかには丁度いいお中元になると思いませんか?
そこで、この時期では、お中元に商品券を贈る際の相場や手渡しする際の渡し方、郵送する際の送り方を紹介します。

お中元に商品券を渡す際の相場は?

お中元に商品券…となると、値段が丸わかりなので、金額設定に迷いますよね。
基本的に御中元の相場は3,000円~5,000円となります。なので、商品券を贈る場合も3,000円~5,000円を目安にしてください。

 

特にお世話になったから1万円にしようかな?と考えている方もいるかもしれませんが、1万円だと受け取った方がかなり気を遣ってしまう可能性があります。
さらには、お中元は一度贈ってしまうと、関わりがある内は毎年贈らなくてはいけなくなり、最初に贈った時の金額から下げることができなくなります。

 

つまり、初めて贈るお中元に1万円の商品券を贈ってしまった場合は、毎年1万円の商品券または品物を送ることになるんです。
商品券は使った金額がバレバレなので、次に贈る時は品物を…と考えた場合も商品選びが慎重になりますね。

 

先ほど、相場は3,000円~5,000円といいましたが、商品券を贈る場合は5,000円分の商品券を贈るという人が多いようです。
理由は、切りの良い金額であることと、お値段が分かってしまう分、相場の最低金額である3,000円は贈りにくいようです。

 

商品券といっても、百貨店の商品券やお米券なんかもありますが、特に人気なのはクレジット会社が発行するギフトカードです。
クレジット会社の商品券は、百貨店やスーパーの他にもショッピングモールなどで、使用できる店舗が多いのが特徴です。

 

この、クレジット会社の商品券を5,000円分贈る場合は、5,000円の商品券1枚にするのではなく、1,000円の商品券5枚にするのが基本です。
これは、クレジット会社の商品券は、おつりが出ないからです。

 

このことを考えると、5,000円の商品券は5,000円以上の買い物をする時以外では使えなくなるので、細かく1,000円の商品券で贈ることが基本となるのです。

お中元の商品券の渡し方は?

では、お中元の商品券の値段が決まったら、次は渡し方です。

お中元の渡し方は、基本的に手渡しか郵送になる訳ですが、近年では手渡しよりも郵送が基本となっています。

 

これは、自宅に直接伺った場合は、相手方との都合を合わせなくてはいけなくなったり、お茶菓子を用意しなくてはいけなくなったり。定期的に会う相手に、自宅以外で手渡した場合は荷物が多くなってしまうのを避けるためです。

 

しかし、商品券であれば小さなものですので、荷物が大きくなってしまうことは気にしなくて大丈夫です。
さらに商品券は、現金と同じようなものですので、一度自分の手から離れる郵送よりも直接手渡しした方が安全です。

 

お稽古ごとの先生など、定期的に会う相手なら、直接手渡しすることをおすすめします。
自宅まで伺わなくてはいけない場合は、気にせず郵送で送ってしまった方が良いと思います。

お中元の商品券の送り方は?

では、直接手渡しではなく、郵送すると決まった場合は、どのように送れば良いのでしょうか?

基本的に、お中元用に商品券を購入した場合は、購入した店舗で郵送手配をして貰えます。

 

お中元期間は、専用のカウンターがあると思いますので、こちらで配送の依頼をすると、熨斗の準備や包装まで全て整った状態で、宅配日時も指定できます。

購入店舗で郵送手配をして貰った方が、手間もかかりませんし、確実…とは言い切れませんが、配送手配をしたスタッフがよっぽどのミスをしない限りは、確実だと思います。

 

ちなみに百貨店は配送手配をする時、2人体制で確認しながら手配します。特に商品券の取り扱いは慎重になるので、ミスが発生することも滅多にないと思われます。

しかし、手渡しする予定で用意していたのに、相手との都合が合わなくなって、急遽郵送することになった!という場合もありますよね。

 

そんな時は、自分で配送手配をすることになります。
梱包は、購入時に熨斗や包装もされているはずですので、そのままの状態で配送袋に入れてしまって大丈夫です。配送袋は文房具屋さんや100円ショップでも購入できます。

 

梱包した商品券を普通郵便で…。
送るのはやめた方がいいです。普通郵便は追跡ができないため、紛失などの被害に遭った時に補償して貰えない可能性が高いです

 

おすすめの郵送方法は、書留で送ってしまうことです。
一般書留、簡易書留どちらでも大丈夫です。簡易書留の補償は5万円ですので、一般よりも低価格の簡易書留で良いと思います。

 

簡易書留であれば、ポストに入れて終了ではなく、きちんと相手の手元に届くので安心です。

ちなみに、近くのコンビニで簡単に配送の受け付けをして貰える宅急便での郵送をお考えの方もいるかもしれませんが、宅急便は有価証券を送ることを禁止されています。

 

送り状に品名を書かなければ、中身は誰にも分かりませんが、こちらも普通郵便と同じで紛失被害に遭った時に、補償して貰えない可能性がありますのでご注意ください。

まとめ

以上が、お中元に商品券を送る際の相場、渡し方、送り方についてでした。
商品券は、自分で好きなものを買える分、なんだかんだで品物より嬉しかったりします。日頃の感謝の気持ちを商品券で伝えられたら良いですね。

    お中元   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。