お正月

お正月に折り紙で鏡餅を作る時の簡単な折り方

目安時間 8分

 

お正月に折り紙で飾り付け!
…といっても、わたしはとりあえず作っているだけで、使い道をまだ考えてもいないのですが…w

 

そして、皆さんはご自宅に鏡餅を飾られたりしますか??
わたしは、実家に住んでいる時は祖母がお餅を持ってきてくれていたので鏡餅を飾っていたのですが、結婚してからは一度も飾っていないです。

 

鏡餅って最近は飾らない人も増えてきてるんじゃないかな~。
わたしが鏡餅を飾らない理由としては、家には特に好んでお餅を食べる家族がいないので、お餅が無駄になってしまう可能性があったからです。

 

でも。
折り紙ならそんなお餅が無駄になるという心配はありません!

 

なので、とりあえず折り紙の鏡餅を作ってしまおうと思います。

スポンサーリンク

お正月に折り紙で鏡餅を作ろう!

では早速、鏡餅を作っていきます。
使った折り紙はオレンジ色の折り紙1枚。これは鏡餅の上に乗っているみかんの色ですので、黄色でも大丈夫です。

 

まずは、折り紙を三角になるように2回折ります。

これは、折り目を作るためだけに折ったので、一旦開いてしまいます。
すると、対角線上に折り目が2本付いているはずです。

 

折り紙の4箇所あるうちの1つの出っ張りを折ります。
まずは、白い面を表にして1㎝くらいを目標に内側に向かって折ります。

先ほどの部分をさらに内側に折ります。

最初に折った三角を巻き付けるようなイメージで。

 

この状態の折り紙を裏返すと、このような形になっています。

 

 

オレンジの面を表にしたら、真ん中の折り目を中心に内側に折り紙を折ります。

 

 

オレンジの綿がほぼなくなりました。
オレンジ色の折り紙を使ったのに、オレンジ色が全く見えないというのはちょっともったいない気もしますが、鏡餅なのでこれでOK。

 

次は、下の尖っている部分を上向きに折ります。

 

 

オレンジ色の部分がなくなるように折るのではなく、オレンジ色の部分が1㎝くらい残るように。

 

次は、先ほど折った部分のオレンジが残っている部分を折ります。
オレンジ色が見えなくなるように、サイドを内側に向かって折ります。

 

 

マヨネーズみたいになりましたw

折り紙の鏡餅を簡単な作り方

では、今はただのマヨネーズの入れ物ですが、このマヨネーズをどんどん鏡餅にしていきます。
鏡餅の折り紙は、次に折る「段降り」という折り方がちょっとややこしいかな~くらいで簡単に作れますよ~。

 

では、先ほどのマヨネーズを鏡餅にしていきます。
折り紙の下の部分を上に向かって折ります。

 

 

オレンジの部分を省いた白い部分を3等分して、下から1/3くらいの所を上に向かって折ると綺麗な形になります。

 

次が段降りなのですが、段折りって表を向けて段になるように折るのが意外と難しかったりするんですよね。
なので、先ほどの状態から裏返して上下逆さまに置き直します。

 

スポンサーリンク

 

そして、先ほど折ったところから約1㎝くらいの所を外に向かって折るようにすると…。

 

 

簡単に段降りになります。
段折りをする時は、この折り方を使うと綺麗だし折るときも折りやすいです。

 

次は、先ほど段折りして段になったところの両端の袋を空けて、角張った部分を柔らかくします。

 

 

開いて潰すとこんな感じになりました。

 

 

反対側も同じように袋を開きます。
…。ここで写真を撮るのを忘れましたw
まぁ、先ほどの片方の袋を開けた状態から両方の袋を開けた状態に変化しただけですので…w

 

次は、上の部分を段折りします。

まずは、上半分より少し少ない位の長さを下に向かって折ります。

 

 

そして、先ほどの段折りと同じように上に向かって折って段折りにする…、のですが。
今回わたしが写真を撮った状態は、オレンジ色の部分と段降りした部分に間が空いている状態になっています。

 

 

本当はこの後、みかんと段折りの部分に隙間がないように折り直しているのですが、またまた写真を取り忘れてしまいました…。
写真の通りではなくて、オレンジ色との隙間を空けないように注意してくださいね。

 

では、次から鏡餅の折り紙の最終段階となります。

折り紙で作る鏡餅の折り方をマスターしよう!

では、後は鏡餅の角張った部分に丸みを付けるだけの作業となります。

 

まずは、鏡餅の上に乗っているみかんと、その下のお餅の部分に丸みを付けます。
みかんとその下のお餅は、先ほど段降りした部分の袋を開いて丸みを付けます。

 

 

両サイド開くとこんな感じになります。

 

 

このままでは、まだまだ角張ったままなので、鏡餅のみかんのすぐ下のお餅に丸みを付けます。
上のお餅の上の部分を内側に折ります。

 

 

そして、最後に下のお餅の角を内側に折って丸みを付けます。

 

 

裏返すと…。

 

 

鏡餅の完成です!
平面なので壁飾りに丁度良い鏡餅になりますよ~。

折り紙で作る鏡餅の折り方まとめ

以上、折り紙で作る鏡餅の作り方でした。
家では鏡餅を置くスペースにも迷ってしまいますので、壁面に飾れる鏡餅の折り紙はお正月飾りに丁度良さそうです。

 

鏡餅の折り紙も簡単に折れるので、鶴とか簡単な折り紙が折れるお子さんであればお家の方と一緒に折ることが出来るんじゃないかと思います。
幼稚園・保育園くらいのお子さんなら年中さんくらいからなら一緒に作れるのかな~?

 

お正月飾りはクリスマスと違ってお子さんと一緒に飾るという機会が少ないと思いますので、折り紙の飾りを作って一緒に飾り付けをするのも良いですよね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。