お正月

折り紙でイノシシの簡単な折り方とかわいい顔の描き方

目安時間 8分

 

折り紙を作るのが意外と楽しいと言うことに気がついたので…、お正月用の折り紙を作っていきます!
折り紙って、ただ折るだけ何ですけど、いろんなバリエーションがあって作っていると面白くなってくるんですよねw

 

そして、お正月の折り紙シリーズの第1弾は、今年の干支であるイノシシ!
このシリーズ、毎年干支の折り紙作りが出来そうだw

 

クリスマスが終わったら、クリスマス飾りを外してお正月飾りに!
折り紙で作ったお正月飾りなら、手軽に手頃に用意できますよ!

 

では、折り紙でイノシシを作っていきましょう!

スポンサーリンク

折り紙でイノシシを簡単に作ろう!

今回作るイノシシの折り紙は、茶色のおりがみを1枚使って作ります。
「折る」という作業がかなり多いので時間はかかりますが、特に難しい作業もないので、割と簡単に作っていただけると思います。

 

まずは、折り紙を小さな四角になるように2回折って折り目を付けます。

 

 

先ほど付けた折り目に合わせて、内側に小さな三角が出来るように折ります。

 

 

全面折るとこんな感じになります。

 

 

この状態から折り紙を裏返します。
裏返した折り紙の上の部分を三角になるように内側に折ります。

 

 

実はこれは折り目を付けただけ。
先ほど折った部分を開いて、次は、先ほどと同じように下の部分を三角になるように内側に折ります。

 

 

そしたら次は、三角になった下半分を上に折って折り目を付けます。

 

 

折った部分を開いたら、上下逆さまにします。

 

 

次は、下の部分の折り目を使って袋を開きます。

 

 

反対側も同じように…。

 

 

これで、綺麗なひし形になりました。

 

次から、どんどんイノシシらしくなっていきます。ここまで簡単だったのですが、少しだけ複雑になっていきます。
まぁ、複雑になるといっても、見ながら作れる程度ですがw

折り紙のイノシシの折り方をマスターしよう!

それでは、先ほどのひし形を裏返します。
裏返したひし形には、小さな三角が4つありますので、三角を一つ一つ開いていきます。

 

 

これを全て開くと…。

 

 

こんな感じで、一面茶色になりました。

 

次は、またまた折り紙を裏返します。

 

 

正方形が2つ重なっているような形になりました。
次は、2つ重なった正方形の前の方にある正方形の上の部分を、真ん中の折り目に合わせて内側に折ります。

 

 

白い部分と茶色い部分に分かれました。
茶色い部分のてっぺんを下に向かって折ります。

 

 

反対側も同じように。

 

 

上の部分に白い正方形が出来ました。
この状態の折り紙を縦に半分に折ると…。

スポンサーリンク

こんな形で、ちょっとイノシシらしくなってきました!

右側の三角になっている部分を半分に折って方を付けます。

 

 

さらにその手前の部分を手前に折って、方を付けます。

 

 

すると、右側の部分に2箇所折り目が付きました。

この2箇所の折り目を使って、このような形になる用の折ります。

この形にするためには、先ほどの2箇所の折り目の内、左側の折り目を谷折り。右側の折り目を山折りにします。

反対側も同じように折って、裏側から見るとこのようになっています。

 

 

ここが1番説明しづらい所なのですが、分かるでしょうか?どうやって説明したら分かりやすいのかな~。

 

次は、先ほど折った部分の先っぽだけを少し折って折り目を付けます。

 

 

折り目が付いたら、折り紙を一旦開いて、折り目の付いた部分を上に上げ、白い部分が少しだけ見えるように折ります。

 

 

半分に戻すとこんな感じ。

これで、いのししの顔が出来ました。

 

次はおしりの部分を作ります。
おしりの部分を、三角に合わせて折って折り目を付けます。

 

 

折り目が付いたら一度折り紙を開いて、折り目の部分を内側に折ります。

 

 

そしてさらに、先ほど折った部分を外側に折ります。

 

 

半分に折り直すと…。

イノシシの形になりました~!

この折り紙のイノシシ、ちゃんと立つことができます!

壁に飾るだけでなく、置物にもなりますよ~。

折り紙のイノシシが出来たらかわいい顔を描こう!

で、この時点でも十分完成なのですが…。

 

なんとなく、キバもないし、言われてみないといのししって分からないかも…。

と、思ったので。

顔と模様を描いてみましたw

でも、この顔を描くのって意外とおすすめ。

 

今年の干支がイノシシですので、お正月に飾ってあるとなんとな~くイノシシであることは分かるとは思うのですが、顔を描くとさらにイノシシと分かるようになりました。

キバを描くことでかなりイノシシらしなりますので、イノシシの顔を描くときの1番のポイントはキバです。

 

たくさん作ってそれぞれの顔を変えるというのもかわいいかもですね~。

折り紙で作るイノシシの折り方まとめ

以上、折り紙で作るイノシシの作り方でした。

 

お正月飾りってクリスマスと比べるとしない人の方が多いかもしれませんので、手軽に簡単な飾り付け…という感じで折り紙がおすすめです。
幼稚園・保育園・小学生…あたりのお子さんがいるご家庭でしたら、結構な確率で折り紙がおいてあると思いますので、ちょっと時間のあるときにお子さんと一緒に作ってみるのも楽しそうですね~。

 

わたしは、この作った折り紙をどこに飾ろうか考え中ですw
お正月ってどこに何を飾れば良いのか、ちょっと迷っちゃいますよねw

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。