クリスマス

折り紙で作るプレゼントの折り方!平面なので手紙にも使えます!

目安時間 7分

 

今年のクリスマス飾りは折り紙!

 

わたしは、折り紙で大きめのクリスマスリースを作ったので、クリスマスリースに合うような折り紙のクリスマス飾りを作っています。

クリスマス飾りらしく、赤をメインに星やベルなどの赤や緑と合いそうな色を挟んでいるのですが…。

 

青とかピンクとか、クリスマスと全く関係ない飾りも作ってみたい!
と、いうことで、今回は折り紙でプレゼントを折ります。

 

プレゼントだと、色が決まっていないので自分の好みで自由に決めることが出来るので、青系が足りないな~と思ったら、青色の折り紙で、もっとクリスマス感を出したいな~と思ったら赤色を使うなどして色とりどりのプレゼントを作ることが出来ますよ~!

スポンサーリンク

折り紙で作るプレゼントの折り方

では、早速プレゼントの形を折っていきます。

今回わたしが使ったものは、水色の折り紙一色。白い部分がプレゼントのリボンとなりますので、両面色の付いた折り紙を持っている方は、両面カラーの折り紙を使った方が可愛らしくなります。

 

まずは、折り紙を長方形になるように真ん中で1回折って、次に正方形になるように長方形の折り紙の真ん中でもう1回折ります。

 

 

すると、このような形になります。
この正方形は方を付けただけなので、一旦開きます。

 

折り紙に2本の線が入ったら、白い面が上になるように真ん中の折り目に合わせて上と下の部分を折って、長方形になるようにします。

 

 

実はこれも折り目を付けただけ。
先ほど付けた折り目に合わせて上下の端の部分を折ります。

 

 

何度も申し訳ないですが、実はこれも折り目を付けただけ。
先ほど付けた折り目に合わせて、上と下の部分を折ります。

 

 

青い折り紙の上下の部分だけ白いラインが入ったような形になりました。

 

これでようやく折り目地獄から解放されますw

折り紙で作るプレゼントは平面に作ろう!

それでは、先ほどの折り紙を裏返して、プレゼントの形にしていきます。

 

 

折り紙のプレゼントといえば、立体のものや開け閉めできるプレゼントボックスが多いと思うのですが、今回はクリスマスリースに付ける飾りということで、平面のプレゼントにしました。
壁に貼ったりする場合のクリスマス飾りなら、平面で作った方が飾り付けがしやすいです。

 

では、先ほど折り紙の上下のみを折った折り紙を裏返して、1番最初に付けた真ん中の折り目を使って内側に向かって折ります。

 

 

それでは、ここまで折った折り紙を、裏返して縦長になるように位置を変えます。

そしたら最初に付けた真ん中の部分の折り目に合わせて、下の方の部分を折ります。

スポンサーリンク

 

 

これもまた、型を付けるだけ。
折った部分を一旦開いて、先ほど付けた折り目に合わせて折ります。

 

 

下の部分にだけ模様のようなものが出来ました。

この、白い部分をリボンにします。

 

白い部分の紙が重なっている部分を開いてリボンの形にします。

 

 

もう片方も開いて、折り紙を上下反転させると…。

 

 

こんな感じで、上の部分にリボンが出来ました!
あと一息で平面プレゼントが完成しますよ!

折り紙で作った平面のプレゼントは手紙にも使えます!

それでは、次で最後となります。

最後は、先ほどの折り紙を丁度半分のところで折って…。

 

 

こんな感じになりますよね。

 

そしたら、先ほどリボンを作った所は、内側に紙が挟めるようになっています。

 

 

リボンの部分に、折り紙の上の部分を入れると…。

 

 

プレゼントが完成しました!

 

このプレゼントって、わたしが中学生くらいの時に、授業中の手紙交換なんかをする時に、かわいい折り方をするのが流行って、その中の一つとしてよく使われていたものなんです。
同世代の方なら知ってるんじゃないかな~。

 

手紙の折り方としても使えますので、女の子は覚えておいて損は無いんじゃないかと思います。

折り紙で作る平面のプレゼントの折り方まとめ

以上、折り紙で作るプレゼントの作り方でした。

作ってみて思ったのは、やっぱり両面色が付いていたり、折り紙の表面が模様になっている折り紙を使った方がかわいいですね。

 

クリスマス飾りとして使うのなら、赤と緑の組み合わせがクリスマスっぽくなって良いとは思うのですが、やっぱりクリスマスの飾りは赤と緑がどうしても多くなってしまいますので、他の色がおすすめ。
折り紙を選ぶなら青系かピンクが似合うんじゃないかな~。

 

先ほど書いたように、封筒を使わない手紙によく使われる折り方ですので、小学生くらいの女の子に教えておくと喜ばれるんじゃないかと思います。
複雑な作業もほとんどなく、折り目に合わせて折るだけなので、幼稚園くらいのお子さんでも、お家の方と一緒に作ることが出来るんじゃないかと思います。

 

平面の折り紙は割と簡単に折れるので、施設なんかで年配の方と一緒に飾り付けをするのも楽しいんじゃないかな~と思います。
壁に飾るクリスマス飾りとして、貼るだけの平面のプレゼントはかなり使いやすいので、いろんな色をたくさん使って壁面を華やかにするのがおすすめですよ~。

 

そして、しばらく続いた折り紙シリーズですが、今回で一旦終了します。
次は、折り紙と違って切り紙をしようと思っていますので、興味のある方は是非一緒に見ていただけたらと思います。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。