お正月

ミニオンの年賀状のイラストを描くなら2019年はこのデザインで!

目安時間 7分

 

キャラクターの年賀状イラストシリーズが、今回で第3弾となります。
前回はスヌーピーだったので、今回はUSJ繋がりでミニオンズの年賀状イラストを描きます!
>>スヌーピーの年賀状イラストはこちらから

 

わたしは基本的に、お母さんと子供が一緒に使えるような年賀状というイメージでデザインしているのですが、ミニオンズなら中学生や高校生、社会人同士になっても使えるんじゃないかと思います。
去年は郵便局でも、ミニオンのイラストが印刷された年賀ハガキが販売されたいたようですね。

 

では、今年の年賀状に使えるようなミニオンズのイラストを考えていきます!
今年のお正月はミニオンで新年の挨拶はどうでしょうか~。



ミニオンの年賀状イラストを描こう!

では、今年の年賀状に使えそうなミニオンズのイラストを考えます!

 

やっぱり年賀状らしいイラストといったら今年の干支のイノシシを描き足すのが良いのかな~と思ったのですが…。

ミニオンズのイラストって、元々はグラフィックなだけあって絵のタッチがものすごく分かりづらいです。

なので、ミニオンのイラストと自分の描くイノシシのタッチをなんとなく似せる…というのがかなり難しいんですよね~。

 

なので、今回はスヌーピーの時と同じように、イノシシのイラストは描かずにお正月の遊びをイラストにします。
そして、ミニオンズカラーの黄色と青がメインになるようなデザインを考えます!

 

では、ミニオンズのイラストを下書きから描いていきます!

ミニオンの年賀状イラストの2019年版はこれ!

まずは年賀状の下書きから~。
大雑把にミニオンズの年賀状の下書きを描くと…。

 

 

こんな感じになりました。

 

なんか変だけど、下書きなのでこれでOK!
パソコンを使ってイラストを描くときは、下書きはこのくらい適当で良いのですが、手描きにする場合は、下書きをメインにしっかり描いた方がきれいになります。

 

次は、この下書きを使って線画を描いていきます。
わたしはSAIを使って書いているので、ペイントソフトの説明が全てSAIの説明となります。

 

まずは、頭の部分をきれいに描くために円の素材を使います。
先ほど描いた下書きの不透明度を20%くらいまで下げて薄くします。

 

 

いつもなら、この素材をこのまま線画として使うのですが、今回は素材がキャンバスに比べてかなり小さかったため、拡大しすぎて線が滲むのを防ぐために、この素材を下書きとして使いました。
ミニオンズの運動会風イラストの運動会風イラストの時は、素材をそのまま線画として使っています。
>>ミニオンズの運動会風イラストはこちらから

 

先ほどセットした素材の不透明度も下げて、ペン入れレイヤーの曲線ツールと折線ツールを使って輪郭を描きます。

 

 

次は、目の部分を描きます。
SAIではきれいな円を描くツールがないので、きれいな円が描けるように丸の素材を使って円を描きます。
>>素材を使った円の描き方はこちらから

 

 

黒目の部分はこのまま丸の素材を使って描きます。

 

 

目が描けたら、次はミニオンのゴーグルのベルトの部分を描きます。
ベルトを描くときは、折線ツールを使って真っ直ぐな線を描きます。

 

 

ベルトの線の目の部分が重なっている部分の線を消したら、あとは曲線ツールを使って残りの線を描いていきます!

 

 

これで下書きは終了…にしてしまうと、まだ2019年の年賀状という感じになっていないので、ミニオンの顔に落書きとして「2019」の文字を入れます。
ミニオンの年賀状を羽子板にしたのは、ミニオンの顔なら面積が広いので、顔に落書きをするスペースも広くなると思ったからです。

 

 

手描きっぽく見えるように、マーカー筆を使いました!
手書きで年賀状を描こうと思っている場合は、羽子板の中にメッセージを書いてしまうのも良いと思いますよ~。

ミニオンの年賀状のデザインが完成しました!

先ほどの下書きの時点で、ほぼ完成に近づいているのですが、わたしはせっかくパソコンを使って描いているので、羽子板の中に、パソコンを使って文字を書こうと思います。
こういったいろんな形のレタリングを手軽に打ち込めるのはパソコンならではですよね~。

 

イラストに合うような文字で「HappyNewYear」の文字を入れました。

 

 

では、最後に色塗りをしていきます。
ミニオンズのイラストは、黄色と青だけで統一した方がミニオンらしくなるので、羽子板の色以外は青と黄色しか使いませんでした!

 

 

これで、ミニオンズの年賀状が完成~!

 

ラインで年賀状用の送るときは、現在表示されているくらいの大きさの画像で丁度良いのです。
年賀状に印刷するときにこのキャンバスサイズだと、印刷する際にかなり画像が拡大されてしまうので、印刷する時に滲んでしまう可能性が高いので、少し大きめの画像を作っておいて印刷するのがおすすめ。

 

ハガキサイズだと、このくらいの大きさがおすすめですよ~。

 

 

ミニオンズのイラストはそんなに難しくないので、手描きで年賀状のイラストを描くのも良いと思いますよ~。
色塗りも3色しか使っていないので、手軽なのでおすすめですよ。

まとめ

以上、ミニオンズの年賀状のイラストが描けるまででした。

 

今回紹介したデザインだと、落書きの「2019」の文字だけを描き変えると何年も使い回しできますよ~。
パソコンにイラストを保存しておくと毎年ハガキ代以外は無料で印刷できますし、自分用のテンプレートとして保存しておくのがおすすめ。


コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。