七夕

七夕の笹はいつからいつまで出して終わったらどう処分する?

目安時間 6分

 

皆さん、今年は七夕の笹を飾りますか?
七夕の笹を見ると、いよいよ夏が来たという気持ちになりますが、七夕の笹を用意するのはいつからがベストなんでしょう?

 

そして、その笹はいつまで飾るべきなのでしょうか?飾り終わった笹はそうやって処分するのでしょうか?
この記事では、笹をいつからいつまで出すのか、処分方法について調べました。

七夕の笹はいつから用意していつ飾る?

七夕の時期になると、大きな笹の葉を見る機会が増えてきます。
笹が飾ってあるスーパーなんかにもありますが、お客さんに短冊を書いてもらうために七夕の何日も前から用意してありますよね。

 

では、家で飾り付ける場合は、いつがいいのでしょうか。
七夕について調べてみたところ、七夕の飾りつけは前日の夜、つまりは6日の夜に行うそうです。

 

七夕に限らず、日本の神事は前日の夜から始まるという風習があるためです。

前日の夜に笹や飾りを用意して、短冊に願い事を書いて…となると6日はかなり忙しいことになるので、前日までに全ての準備を整えておいて、6日の夜は飾りつけをするだけにしておいた方がいいかもしれませんね。

 

笹は日持ちが少ないので、笹の予約をしているのであれば6日に笹を受け取って、それまでに飾りつけの準備を整えておくのがベストだと思います。
笹の予約をしていないという方は、品切れになることを考えて少し早めに笹を買いに行った方がいいですね。

 

特にこだわりがないという方は、1日限りの飾りはもったいない気もするので、早めに笹を購入してすぐに飾りつけを始めてもいいと思います。

七夕の笹はいつまで飾っていられる?

ひな祭りは、当日の夜に雛人形をしまわなくては結婚が遅れるという言い伝えがありますが…。
七夕の場合は、いつまでに片付けるべきかということが決まっているのでしょうか?

 

なんと、七夕飾りを片付けるのは雛人形と同じで、当日の夜。つまり、7月7日の夜には片付けなくてはいけないということになります。
これには、ひな祭りと同じように言い伝えがあり、7日の夜に片付けてしまわないと短冊に書いた願い事が叶わなくなるという言い伝えがあるからです。

 

用意するのが前日の夜だから、ちょっと長めに飾ってしまおう!と思っていたのに…。
6日の夜に用意して7日の夜には片付けてしまう。七夕の飾りって本当にたった1日限りなんですね。

 

このことを考えると、七夕の飾りにはそれほど凝ったものは必要ないように思います。
どうせ片付けるのも、わたしたち母親の役割になりますしね…。

七夕の笹が必要なくなった時の処分方法は?

七夕の後片づけにも習わしがあるようです。
処分方法は2つあって、1つは川や海に流すというもの。

 

川や海に流せば、神様が願いを持ち帰ってくれるという言い伝えがあったからです。
川に流れていく短冊はきっと素敵ですよね。

 

かつて白線流しに憧れていたわたしは、こういったシチュエーションが大好きです。卒業生が学帽の白線や制服のスカーフを繋げて川に流すというイベントですね。

しかし。

 

今、これをしてしまうとただの不法投棄。
わたしが憧れていた白線流しも、在校生が川から拾い上げてきちんと処分しているそうな。

川に流すというのは、素敵な風習だと思いますが…、まぁ…、迷惑行為になりかねないので、これは避けた方が良さそうです。

 

もう1つの処分方法は、お焚き上げ。つまり、燃やしてしまうということです。
燃やした煙が天に昇っていき、天の神に願いを届けるというもの。

 

しかし、これにも川に流すと同様に問題あり。
ご近所での煙問題になってう可能性があります。庭があるお家なら、ご自宅でお焚き上げもできますが、それでも煙問題には十分気をつけなくてはいけません。

 

庭がないお家や集合住宅なんかでは、家の外で勝手に燃やすわけにもいかないので、神社やお寺に問い合わせて処分してくれるところを探さなくてはいけません。

習わしに従うのならお焚き上げが現実的なのですが、こちらもそう簡単にはいきませんよね。

 

ちなみに、わたしは去年、支援センターでもらった笹を家の中に飾っていたのですが、そんなに大きくなかったこともあり普通に可燃ごみとして処分しました。
短冊は書いていないので、願いが叶わなかったかどうかはわかりませんが…、特に不吉なことはなかったですよ(笑)。

 

七夕の風習に特にこだわりがないのであれば、普通に可燃ごみとして捨ててしまって大丈夫です。願い事をゴミとして扱うことに抵抗があるのなら、お焚き上げが1番なのかもしれませんが、中身が見えないような紙袋なんかに入れてしまえば、それほど抵抗はなくなるのではないでしょうか。

まとめ

以上、七夕の飾りはいつから出していつまでに片付けるのかと、片付けるときの処分方法についてでした。

 

習わし通りにしてしまうと、6日と7日はかなりバタバタとした2日間となってしまいますが、とりあえずの参考程度にしてくださればうれしいです。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。