七夕

七夕の笹を購入できる場所と代わりになるものや竹でもいいのか

目安時間 6分

 

皆さん、七夕の日は笹と短冊を用意しますか?
わたしは、去年の七夕は支援センターで笹をもらったのですが、まだ娘が生後5ヶ月だったこともあり、ほとんど何も飾ることなく終わりました。

 

今年は、支援センターに行く回数もかなり減っているので、七夕の飾りつけをするとなると自分で購入することになると思いますが、そもそも笹ってどこで売っているのでしょう?
この記事では、七夕の笹についての購入場所や代わりになるものについて調べてみました。

七夕の笹はどこで購入する?

笹って売っているお店を見たことがないのですが、いったいどこで購入できるのでしょうか?

七夕の笹は、七夕の季節になるとお花屋さんで販売されるようになります

 

お花屋さん以外にもホームセンターの園芸用品売り場やスーパーの生花売り場でも販売されることもあります。

お店で笹を1度も見たことがないわたしにとっては、予想外に簡単に手に入ることに驚いてしまいました。

 

ホームセンターにも売ってるんですね~。

しかし、お花屋さんやホームセンターに行けば必ず買えるというものでもないようです。
仕入れをするお店と仕入れをしないお店に分かれますので、七夕当日までに必ず必要なのであれば、事前に確認を取っておく必要があります。

 

笹は日持ちがしないので、取扱店舗でも7月になってから1週間だけの販売、予約販売のみで店頭販売はしないというお店も、入荷数が少量で売り切れ次第終了というお店もあります。
やはり確実に手に入れるのであれば、購入日より前に店舗に確認、できれば予約をしておいた方が確実といえます。

 

店舗で直接買う方法もありますが、、今この記事を読んでくださっているということは、インターネットの環境があるということですから、インターネットで購入してみるのはどうでしょうか?

 

「七夕 笹」と検索すれば、販売されているのが分かります。

インターネットで購入する際に注意してほしいことは、造花と間違って購入してしまうことです。

 

七夕は、同じ節句でもこどもの日やひな祭りほどお祝いしない家庭が多いためか、七夕の笹は造花がすごく多いです。もしかしたら本物より造花の方が多いんじゃないかと思うほどに多いです。

おそらく購入画面に「造花」や「プラスチック製」と記載されていますが、写真だと本物と区別がつかないので、間違いやすいです。

七夕の笹の代わりになるものは?

七夕の笹が近くのお花屋さんで取り扱っていなかったり…。
インターネットで購入しても、もう間に合わないという場合は…。

 

100円ショップに行ってしまえば、笹の造花が販売されている場合がありますよ!
むしろ、本物の笹よりも100円ショップの造花の方が簡単に手に入れられるんじゃないかな…。

 

わたしが靴屋でアルバイトしていた頃、よくディスプレイ用の造花を買いに行っていたのですが、季節ものの造花はかなりギリギリまで販売していました。わたしが行ってた100円ショップだけかな?(笑)。

七夕の時期だと、笹の他に七夕飾りも100円ショップで販売されています。

 

笹と合わせて、七夕飾りを2つ買ったとしても300円程度のお買い物です。日持ちの短い笹を使うよりも、100円ショップの造花を使う方が前もって準備できるのもいいところですよね。

もう、100円の造花も売っていない…、という場合は…。

 

折り紙や画用紙で作ってしまいませんか?

パーティーの飾りつけによく使われる輪飾りを緑や黄緑だけで作って、吊るした輪飾りに七夕飾りをつけてもそれっぽくなりますし…。

 

 

マスキングテープや画用紙を笹の形になるように、壁に貼り付けてしまっても笹の壁紙っぽくなります。
ここに七夕飾りを張るとさらにそれっぽくなります。

 

 

そんなに盛大にお祝いする必要もないかな…、と考えている場合なんかも、手作りの笹で十分だと思います。
工夫次第で素敵な飾りつけができると思いますので、今年は手作りにしてみるのはいかがですか?

七夕の笹は竹でもいいの?

七夕の笹について調べていると、「笹」と書いていたり「竹」と書いていたり…。
わたしは、笹と竹は別のもので、竹は笹の代用品程度に思っていたのですが…。

 

竹も笹もタケノコが大きくなったもので、タケノコの皮がはげたものが竹、皮が残っているものが笹です。
つまり、まぁ、笹も竹もこれといった違いがないのです。

 

なので、七夕に使う笹は竹でも構いません
販売店では、笹の方が小さく竹の方が大きい場合がほとんどです。イベントなどで大きいものが必要であれば、竹を購入してしまえばいいと思います。

まとめ

以上、七夕の笹はどこで購入できるのか、代わりになるものはあるのか、竹でもいいのかでした。

 

おそらく、この記事を読んでくださった方は、笹を購入する予定だったと思いますが、意外と造花もいいと思いませんでした?(笑)。
笹を使ったとしても、造花を使ったとしても、今年は綺麗な七夕の飾りつけができたらいいですね。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。