クリスマス

クリスマスのオーナメント用のリースをフェルトで手作りする時の作り方

目安時間 9分

 

クリスマスのオーナメントシリーズ。
ここのところ、ケーキとか星とかそれほどクリスマス感の漂っていないオーナメントを続けて作っていたので…。

 

今回は、クリスマスらしさが前回に出る、クリスマスリースのオーナメントを作ります!

 

わたしは、今年作っているオーナメントは全て、ツリーを買ったときのツリー用オーナメントとして考えています。
なので、ツリーのオーナメントとしてリースを作るというのはちょっと変かな~?とも思ったのですが…。

 

やっぱり、クリスマスらしさがたっぷり出る手作りオーナメントはもう1つくらい欲しいと思ったので、リースを作ることにしました。
緑色をメインにしたオーナメントになっていますので、クリスマスツリーに埋もれてしまわないように気をつけたつもりですw

 

では、クリスマスのオーナメントに使えるクリスマスリースの作り方を紹介します。

クリスマスのオーナメント用のリースを手作りするために必要なもの

まず、クリスマスリース型のオーナメントを作るために必要なものを紹介します。

 

今回は、緑・赤・白の3色のフェルトがあればOK。わたしは全て100均でそろえました。
赤と白は本当に少量しか使わないので、切れ端があれば作れます。

 

飾り用の糸も必要なので、黄色かオレンジ色などの明るい色の糸が必要になります。
わたしは黄色を使いました。

 

他には普段使っている裁縫道具があればOK。
では、クリスマスの手作りオーナメントのリースを作っていきましょう!

クリスマスのオーナメント用のリースを作る時のフェルトの切り方

最初に、緑色のフェルトをカットしていきます。

 

今回はリースですので、ドーナツのような真ん中に穴の空いた円を作ります。
わたしは毎回型紙を使わないのですが、円を作るときはさすがにフリーハンドでは描けないので、型紙代わりになるものを探します。

型紙代わりになりそうな丸いもの…。

 

ありました。
薬の蓋と、1円玉です。

 

 

こんな感じで身近にあるものを型紙代わりにすればOK。
丸いものって家の中に意外とたくさんあるので、型紙は作らなくてもなんとかなります。

 

まずは、薬の蓋から。

 

 

こんな感じになりました。

 

円が描けたら真ん中に一円玉を置いて、穴の部分の円を描きます。

 

 

1円玉を使って円を描くと…。

 

 

こんな感じで、浮き輪のような形の輪っかが出来上がりました。

 

では、この下書きの通りにフェルトをカットしていきます。

ドーナツ型の円の穴の部分って結構きれいにカットするのが難しいんですよね~。

 

なので、一旦、真ん中の部分に切り込みを入れて…。

 

 

その中にハサミを入れると、真ん中の円も切りやすいです。

 

 

こんな感じで、同じ形の円を2つ作りました。

次は、飾りになる部分の赤いフェルトと白いフェルトをカットしていきます。

 

まずは、白いフェルトから。

白いフェルトを、緑のリースの中に6本並べられるような大きさにカットします。

 

 

これで白いフェルトの出番は終了!

 

次は、赤いフェルトを切っていきます。

赤いフェルトも白いフェルトと同じように、リースの中に6本並べられるような大きさにします。

 

 

これで、フェルトの用意はおしまいです!
次は、このフェルトを使って、クリスマスの手作りオーナメントのリースを作っていきます。

クリスマスのオーナメント用のリースの作り方

まずは、先ほどカットした白いフェルトと赤いフェルトを縫い付けていきます。

 

白いフェルトの部分は白い糸、赤いフェルトの部分は赤い糸で縫い付けていきます。

先に白いフェルトを本返し縫いで縫い付けて、フェルトをセットする6箇所を決めます。
>>本返し縫いの縫い方はこちらから

 

 

白いフェルトを縫い付けることができたら、赤いフェルトを縫います。

 

赤いフェルトは、白いフェルトの間に縫います。

 

 

この作業が実は1番面倒でしたw
手芸用のボンドを使って貼り付けることもできたのですが、糸で縫い付けた方が丈夫にできるし、手縫い感が出てかわいくなります。

手作り感のあるオーナメントになった方がかわいいですよね~。

 

次は、黄色い糸を使って、さらに飾りを付けていきます。
黄色い糸を赤いフェルトと白いフェルトに、2・3箇所点を付けるように。

 

 

これで、オーナメントの表面が完成しました!

 

次は、裏面と表面を縫い合わせていきます。
緑色の糸を使って内側・外側共に、ブランケットステッチで2枚のフェルトを組み合わせるように縫っていきます。
>>ブランケットステッチの縫い方はこちらから

 

まずは、内側から。

 

 

先に外側を縫ってしまうと、後から内側が縫いにくくなるので、まずは内側から縫うことをおすすめします。

次は、外側を縫います。
外側を縫うときは、最初に半分くらいだけ縫い付けて綿を入れる部分を残しておいた方が綿が入れやすくなります。

 

 

この部分から綿を入れる事ができたら、綿を少しずつ入れながら残りの部分を縫っていきます。

 

 

これで、クリスマスリースのマスコットが完成しました!
今まで作ったオーナメントは全て、綿をふんわり膨らむくらいにしか入れていなかったのですが、今回は丸みを出したかったため、ぎっしり綿を入れました。

 

次は、クリスマスオーナメントを吊るすための糸を作ります。

リースの裏側から、針を刺して、ブランケットステッチで縫った縫い目と縫い目の間から針を出します。

 

 

後は、糸を玉結びして、玉結びした部分をリースの内側に隠せば完成です!

 

 

今まで作ったクリスマスオーナメントの中で1番面倒だったかもしれないw
白と赤のフェルトを糸で縫わずに手芸用の接着剤を使うともっと簡単に作れたかもしれませんね~。

まとめ

以上、クリスマスのオーナメントとして使えるリースのマスコットの作り方でした。

 

作るのは面倒だったけど、結構わたしのお気に入りですw
結構長く続いたクリスマスオーナメントシリーズなのですが、他にも年賀状関係で描きたいことがあるので、次で一旦終了しようと思います。

 

楽しかった~。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。