クリスマス

クリスマスのオーナメントにケーキをフェルトで手作りする時の作り方

目安時間 8分

 

クリスマスオーナメントをフェルトで手作りするシリーズも今回で第5弾になります!

 

前回と前々回は、キャンディとクッキーでお菓子を続けて作ったので、この流れで次はクリスマスケーキを作ることにしました~。

>>クリスマスオーナメントのキャンディの作り方はこちらから
>>クリスマスオーナメントのクッキーの作り方はこちらから

 

クリスマスケーキといっても、少し前に描いたような、こんなイラストとか…。

こんなイラストとか…。

 

みたいな、細かいクリスマスケーキの飾りを細かく作ることはできないので、クリスマス限定というイメージのオーナメントではないかもしれません。
…が。クリスマスの飾りに良く合う赤と白を使ったオーナメントにはなっていると思いますので、飾り付けの雰囲気を明るくしたいという場合に良い飾りになると思います。

 

では、クリスマスオーナメントのケーキを作っていきます。

クリスマスのオーナメントにケーキを作る時に必要なものは?

クリスマスオーナメントのケーキを作っていくのに必要なものは…。
フェルト!今回はこれだけです。

ここ数日は、フェルトと一緒にビーズも用意していたのですが、今回は久しぶりにフェルトオンリー!

 

後は、普段使っている裁縫道具があればOK。

今回使ったフェルトの色は、赤・白・薄茶色の3色です。薄茶色は肌色でもOK。むしろ肌色の方がきれいに見えるかも。

 

ちなみに、今回わたしが使ったフェルトはオール100均。
100均の3枚入りのフェルトは固さも丁度縫いやすいし、お値段もお手頃でおすすめです。

 

では、次の章でフェルトを切っていきましょう。

クリスマスのオーナメントにケーキを作る時のフェルトの切り方

早速フェルトを切るわけですが、いつものごとく今回のケーキのオーナメントも型紙は使いません。
型紙を作るのが面倒なので、フェルトに直接描いてしまいます。

 

まずは、ケーキのスポンジの部分に使うフェルトに直接下書きをしていきます。

 

 

角が丸くなった横長の長方形です。きれいに左右対称にならなくても気にしません。
この形と同じものがもう1つ必要になりますので、同じ色のフェルトに先ほどカットしたスポンジ型のフェルトを重ねて、同じ形のフェルトを用意します。

 

スポンジの部分ができたら、上のクリームの部分を作っていきます。

 

白いフェルトの上に、スポンジ型のフェルトを重ねて、白いフェルトに下書きをしていきます。

 

 

クリームの上の部分だけ下書きができました。

 

 

そしたら、次はクリームの下の部分を下書きしていきます。

 

今回もフェルトに直接描いちゃいます~。

 

 

スポンジとスポンジに挟まれたクリームの部分も一緒にカットして、クリームが用意できました。

 

 

次は、赤いフェルトを使って苺を作ります。
とりあえず苺っぽい形にカット出来ればOK。わたしは下書きもせずに、なんとなく苺っぽくなる形を作りました。

 

 

これでフェルトが全てカット出来ました。
次は、カットしたフェルトを縫い付けてオーナメントを作っていきます。

クリスマスオーナメントのケーキの作り方

では、先ほどカットしたフェルトを使って、クリスマスのケーキのオーナメントを作っていきましょう!

 

まずは、苺の形にカットしたフェルトに白い糸で苺のタネを作っていきます。

 

 

こんな感じで、点があるみたいになるように…。
これを繰り返すと…。

 

 

苺のタネになりました。
タネを作っただけでずいぶん苺らしくなりましたよね~。
タネを作る場所は、あまり均等にならないようにばらけて作った方がいちごらしくなります。

 

次は、スポンジとクリームの部分を縫い付けます。

 

 

白い糸を使って本返し縫いで縫うと、手縫い感は残しつつミシン目のような仕上がりになります。
>>本返し縫いの縫い方はこちらから

 

やっぱり手縫いのものを作るときは、手作り感が出た方がかわいいですからね。

 

次は、苺とスポンジの間に入っているクリームの位置を決めます。

 

 

こんな感じかな~。

と、思ってセッティングしたのですが、最終的にこんな感じになりました。

 

 

最初のセッティングは特に意味がなかったので、しなくてもOK。

これで、ケーキのオーナメントの表面が出来上がりました!思ったより簡単!

 

クリームの部分は白い糸で、イチゴの部分は赤い糸で縫い付けています。

 

表面が出来上がったので、裏面と合わせて縫い付けていきます。

白い糸を使ってブランケットステッチで塗っていくのですが、苺の部分にだけ白い糸がかからないように縫いました。
>>ブランケットステッチの縫い方はこちらから

 

 

最後まで縫ってしまわずに、綿を入れる部分を作るために少しだけ残しておきます。

 

 

これくらい空けておくときれいに綿が入りますよ~。

 

ケーキのオーナメントがふっくらするくらいまで綿を入れたら、残りの部分も縫い付けて、ケーキのマスコットが完成しました!

 

 

マスコットが完成したので、オーナメントを吊るすための紐を作ります。

刺繍糸を通した糸を使って、マスコットの裏側から針を刺します。

 

 

ブランケットステッチの縫い目と縫い目の間から針を出すようにして糸を通します。

最後は玉結びした部分をブランケットステッチの縫い目と縫い目の間に隠して…。

 

 

 

完成しました!

 

クリスマス用と言われれば、ただのケーキなので、クリスマス感はないのかもしれませんが、まぁ、クリスマスカラーを使ったオーナメントということでw

まとめ

以上、クリスマスのオーナメントに使えるケーキの作り方でした。

 

クリスマスのオーナメントって、普通に買ってもそんなに高くないんですけど、フェルトで手作りすることで、購入するよりも作る楽しみができて楽しいですよね~。
最近は、明日は何を作ろうかを考える楽しみもできて来ました~。

 

さぁ、明日は何を作ろうかな~。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。