クリスマス

クリスマスのオーナメントにキャンディをフェルトで手作りする時の作り方

目安時間 7分

 

ここ数日、フェルトを使ってクリスマス用のオーナメントを作っています。
前回はサンタクロースのオーナメント、その前は靴下のオーナメントと、クリスマス感たっぷりのオーナメントを作りました。

 

>>靴下のオーナメントの作り方はこちらから
>>サンタのオーナメントの作り方はこちらから

 

が。
今回は、クリスマスのオーナメントでありながら、ハロウィンの飾り付けにも使えそうなキャンディのオーナメントを作ります。
ちなみに、キャンディというのは、包みに入っているキャンディではなく棒付きのペロペロキャンディです。

 

フェルトで作るキャンディーのマスコットの作り方を覚えておけば、クリスマスやハロウィンのイベントだけでなく、キーホルダーにしたりと色々な使い道があります。

クリスマス用のオーナメントにキャンディを作るのに必要なものは?

では、クリスマスオーナメントにフェルトでキャンディを手作りするために必要なものを紹介します。

 

まず、絶対に必要なものは、フェルト。
わたしは、全て100均で買ったものですので100円で3枚くらい入っているものを使っています。

 

100均のフェルトは安いけど、以外と頑丈だったりするので使いやすいですよ~。
100均のフェルトでも、70×70くらいの大きいフェルトは、柔らかすぎるので、オーナメントを作るのなら3枚入りのものがおすすめ。

 

そして、必要なフェルトの色は白と緑です。
今回はクリスマス用と言うことで、クリスマスカラーの赤か緑のものを作りたいと思っていたのですが、前回・前々回と赤色のものを作ったので、今回は緑色のものを作ることにしました。

 

フェルトの他に必要なものが爪楊枝。
爪楊枝は1本で良いですよ~。

 

では、クリスマスのオーナメントに使えるキャンディを作っていきましょう!

クリスマスのオーナメントにキャンディを作るときのフェルトの切り方

まずは、白と緑のフェルトをカットします。

 

丸形の白いフェルトを2枚。
丸形の緑色のフェルトを1枚。
長方形の白いフェルトを1枚用意します。

わたしがフェルトで何か作るときは、基本的に型紙を使わないので、今回も型紙は使っていません。
丸形にカットするときは、ミシン糸の芯を使って丸い型を取りました。
丸の型を取るときは、ミシン糸の芯以外にも、薬の瓶や500円玉なんかも使えますよ~。

 

次は、緑色のフェルトだけうずまき型にカットします。

使うのは片方だけですよ~。
なんだかこの色だと、蚊取り線香みたいw

クリスマスのオーナメントのキャンディの作り方

では、フェルトがカット出来たので、フェルトを縫い合わせてキャンディを作っていきます。

 

まず、カットしたフェルトの内の長方形にカットした白いフェルトを2つ折りにして縫い合わせて行きます。

 

 

ブランケットステッチで縫い合わせて行きます。すると、底だけ閉じているような筒みたいな感じになります。
>>ブランケットステッチの縫い方はこちらから

 

この筒の中に、爪楊枝を入れるので、爪楊枝のとがった部分と上の部分をカットして、筒の大きさに合わせます。

 

では、爪楊枝をフェルトの中に入れます。

 

 

きれいに入りました~。
なので、上の部分も縫い合わせます。

キャンディの棒が出来上がりました。

 

次は、白いフェルトの上に緑色のフェルトを乗せて縫い合わせていきます。

 

 

緑色の糸で縫うときれいに見えます。

 

 

わたしは、片面しかキャンディの飾りを作らなかったのですが、両面作りたい人はもう1つの白いフェルトにも同じように緑色の渦を作らなくてはいけません。
面倒だからわたしは片面にしま~す。

 

次は、キャンディの棒と2枚のフェルトを組み合わせていきます。
2枚のフェルトを重ねて、キャンディーの柄の渦の下辺りに棒が来るようにして縫います。

 

 

棒と重なっている部分は本返し縫いで、それ以外の部分はブランケットステッチで縫います。
>>本返し縫いの縫い方はこちらから

 

この時、完全に縫い合わせてしまう前に綿を入れてしまいます。

 

 

綿を入れて縫い合わせると、キャンディのマスコットが出来上がりました。

 

 

なんか、あんまりキャンディっぽくないですねw
キャンディの中の渦をもう1巻きした方が良かったかもしれません。

 

次はオーナメントを吊るすための紐を付けていきます。

 

使ったのは、茶色の刺繍糸。

刺繍糸を裏側から針を入れて、ブランケットステッチの縫い目と縫い目の間から針を通します。

 

 

糸を通すことができたら、玉結びして吊るす部分を輪っかにします。

 

この時できた玉結びの結び目の部分を縫い目と縫い目の間に入れて隠します。

 

 

すると。

クリスマス用のキャンディのオーナメントができました~!
色を変えるといろんなパターンが楽しめますよ。

まとめ

以上、クリスマスのオーナメントに使えるフェルトで作ったキャンディの作り方でした。
今回も割と簡単に作れるものだったので、2時間もかからなかったと思います。

 

クリスマスオーナメントが増えて来た~!
今回で3つ目になるのですが、もう少し多くなったらクリスマスツリーを買っても良いかな…という気持ちになってきました。
やっぱり買おうかな…。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。