クリスマス

クリスマスのオーナメントにサンタをフェルトで作るときの作り方

目安時間 9分

 

フェルトを使ったクリスマスのオーナメントをどんどん作っていきます!

 

我が家では今年はツリーを買わない予定なので、オーナメントの使い道はツリーの飾りではなく、壁に飾るだけですがw

まぁまぁ、壁に飾るだけでも、クリスマスらしい飾り付けになりますので、たくさん作っておいても損はないかな…という気持ちで作って行こうと思います。

 

で、現在作っているオーナメントなのですが、全てフェルトで作る予定です。

フェルト素材の小物って冬にぴったりですので、クリスマスシーズンは1番丁度良い時期なんじゃないかと思います。

 

そして、今回作るクリスマス用のオーナメントはサンタクロース。クリスマスの飾り付けやイラストに必ず登場しますよね。
この記事では、フェルトを使ったサンタクロースのオーナメントの作り方を紹介します。

クリスマスのオーナメントにサンタを作ろう!

前回は、簡単に作れるクリスマス用のオーナメントとして靴下を作りました。


>>クリスマス用の靴下オーナメントの作り方はこちらから

 

最初に靴下を作ったのは、とりあえず試しに簡単な物を作りたいと思ったからです。
オーナメントをフェルトで手作りするのは初めてだったので、とりあえず誰でも作れるものを…と思って考えました。

 

そして、前回の靴下があまりにも簡単だったので、今回はちょこっと難関度を上げてサンタクロースを作りました。
サンタクロースって、靴下とは違い、使うフェルトの色も増えますし、手間も増えます。

 

それでも、型紙なしで作れるものですので、数時間で作れるサンタのオーナメントの作り方をお探しの方の参考にはなるのではと思います。
わたしは、娘のお昼寝中に完成できたので、2時間弱くらいかかったかなぁ。

 

今回のサンタのオーナメントを作るのに必要なフェルトの色は、赤・白・肌色・ピンクの4色。
基本的に赤がメインになっていますので、白・肌色・ピンクの3色は切れ端があれば大丈夫です。
わたしがつかったフェルトはオール100均。3枚で100円なので安くつきますよ~。

 

そして、もう1つ必要なものが、針と糸を通せるくらいのの黒いビーズです。
サンタの目になる部分ですが、こちらも100均で売っているので、1つ持っておくと便利ですよ~。

 

それでは、サンタのオーナメントを作っていきましょう!

クリスマスにサンタのオーナメントを作るときのフェルトの切り方

まずは、赤いフェルトを涙型にカットします。

 

 

これが、サンタの全身になります。
最初は適当に涙型にカットした涙型のフェルトを半分に折って、はみ出た部分をカットするようにしたら左右対称のきれいな涙型になります。

 

裏側も必要ですので、先ほどカットした赤いフェルトを同じ色のフェルトの上に重ねて同じ形の赤いフェルトを2つ作ります。

次は、肌色と白いフェルトを切っていきます。

 

 

白い丸2つはサンタの帽子の上の部分になります。同じ形を2つ用意しました。
そして、肌色は、顔の部分。わたしは特に、型紙を使っていませんので、なんとな~く「この位置に顔が来るかな~」と思った部分をカットして顔にしました。

 

次は、またまた白いフェルトをカットします。

 

顔の部分の下に白いヒゲを作ります。

 

 

こちらも、型紙も使わずなんとなくの位置で決めていますので、説明しづらいですw

 

最後に、帽子の縁の部分・服のボタンを白で。鼻をピンクで用意します。

 

 

これで、フェルトのカットは完成です!

フェルトで小物の手作りをしている時って、このフェルトの準備期間がワクワクして楽しいですよね。

クリスマスのサンタのオーナメントの作り方

では、フェルトがカット出来たので、縫い合わせてサンタにしていきます。

 

まずは、帽子の縁の部分とサンタの顔を一緒に縫っていきます。

 

 

この部分をまとめて塗ってしまうと、肌色の部分を縫わなくて良くなるので楽できます。

 

縫い合わせるとこんな感じになりました~。

 

 

本返し縫いで縫うと、ミシンで縫ったような縫い目になってきれいな仕上がりになります。
>>本返し縫いの縫い方はこちらから

 

では、サンタのヒゲの部分も同じように肌と一緒に縫ってしまいましょう!

 

 

ここで、縫い終わりの写真撮るの忘れた…。
忘れてしまったものは仕方ないので、さっさと次に進みます!

 

次は、鼻と服のボタンを縫います。

 

 

この後も写真撮るの忘れましたw

 

なので、次はビースを使って目を付けていきます。

 

 

これで、表側は完成です!

 

次は、裏側を縫い付けていってマスコットにしていきます。

 

もう1つの涙型の赤いフェルトと先ほど顔を付けたフェルトをブランケットステッチで組み合わせます。
>>ブランケットステッチの縫い方はこちらから

 

フェルトを縫うときは、赤い糸を使って、肌色や白いフェルトには糸がかからないようにして縫っていきます。

 

 

フェルトを縫うときは、綿が入る位の部分だけ残して、隙間から綿を入れていきます。

 

 

サンタがふっくらするくらいまで綿を入れると…。

 

 

これでマスコットは完成~!

 

次は、マスコットの上に刺繍糸を使って、オーナメントを吊るすための紐を作っていきます。

帽子のてっぺんに刺繍糸を通します。

 

 

糸を輪っかにするために玉結びして、吊るすための紐ができたら、玉結びしている部分を隠します。

最初にカットした2つの白い丸を、サンタの頭のてっぺんに付けます。

 

 

赤いフェルトがかかっていない部分はブランケットステッチで。
赤いフェルトと重なっている部分は本返し縫いで縫いました。

 

 

これで、サンタのオーナメントが完成しました~!

 

 

裏側だけ見ると、何を作ったのか分かりませんw

 

 

サンタのオーナメントって思ったより簡単!
トナカイとペアで作るとかわいいと思うのですが、トナカイってかなり難しそうですよね~。

まとめ

以上、クリスマスの飾りに使えるサンタクロースのオーナメントの作り方でした。

ちょっと手間はかかりますが、やっぱりクリスマスといえばサンタ。
これが1つあるだけでクリスマスらしさはかなり出ますので、1つ作っておくのがおすすめですよ~

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。