お正月

年賀状のイラストに使えるイノシシやかわいい絵ときれいな画像の描き方まとめ

目安時間 7分

 

ここ数日、年賀状の簡単に描けるイラストの描き方シリーズを書いていましたが、年賀状の描き方の記事がたくさん貯まったので、1つにまとめました。
最近は、手書きで年賀状を書くという機会も減ってきているのではと思うのですが、送る枚数が少ない場合なんかはプリントしたりコンビニのレジ横に置いているようなイラストつきの年賀状を書くより経済的で手っ取り早いのではと思います。

 

今回の年賀状用のイラストの描き方は、ハロウィンやクリスマスの時と比べてイラストの数は少ないのですが、年賀状のイラストってそんなにゴチャゴチャ描かない方がまとまりますので、ある程度の数のイラストを描けるようになっていればなんとかなります。

 

そして、紹介したイラストを、今年の干支であるイノシシ、かわいい年賀状に使えるイラスト、きれいな年賀状に使えるイラストの3種類に分けました。
今年の手描き年賀状にイラストに合わせて、必要なイラストの描き方を探してみてくださいね。



年賀状のイラストに使えるイノシシの描き方まとめ

2019年は亥年です。
やっぱり、年賀状のイラストの定番といえば、干支のイラストですよね。

 

年賀状のイラストに使えるイノシシのイラストを3パターン考えましたので、1番描きやすそうなものを選んで描いてみるのも良いと思いますよ~。

イノシシのイラストの描き方

まずは、シンプルに描きやすいイノシシのイラストです。

 

おそらく、横向きのイノシシは1番良く描かれる年賀状用のイラストなんじゃないかな~と思っています。
横向きのイノシシは、パッと見ただけですぐにいのししと分かるので、絵が苦手な人が描いても「これは何の動物?」という仕上がりにはなりにくいんじゃないかなと思いますw

 

そして、この横向きのイノシシのイラストよりも、さらに簡単に描けるイノシシの正面向きの顔のイラストも同じ記事で紹介しています。

 

どちらか描きやすい方のイノシシを描いてみてくださいね~。

 

>>イノシシの横向きと正面の顔のイラストの描き方はこちらから

イノシシの被り物のイラストの描き方

好きなキャラクターをイノシシのコスプレ風にできる、イノシシの被り物の描き方です。

 

干支のイラストを描こうと思っているけど、イノシシだけ描くのも味気ないかな~と思っている人にお勧め。
丸顔のキャラクターならだいたいどんなキャラクターでも似合いますよ!

 

ちなみに、わたしも好きなキャラクターに被り物を被らせてみました~。

>>イノシシの被り物の描き方はこちらから

 

年賀状のイラストに使えるかわいい絵の描き方まとめ

次は、かわいいイラストで年賀状のイラストを埋めてしまおうと思っている人におすすめのイラストです。

だるまのイラストの描き方

年賀状のメインイラストとして、干支のイラストの次くらいによく使われるのが、だるまのイラストではないでしょうか。

 

イノシシのイラストをメインとして使っていると、茶色系の色がメインになってしまうので、雰囲気を明るくするためのだるまのイラストを描いてみるというのも良いのではないでしょうか。
だるまだと、赤系の色がメインとなるので、年賀状全体が明るくなりますし、赤と黄色のおめでたいカラーになりますよ!

 

>>だるまの簡単な描き方はこちらから

門松のイラストの描き方

年賀状の微妙に空いたスペースなんかに、かわいく使える門松のイラストです。

 

 

特に、メインイラストをだるまにしている場合なんかに、色合いがきれいになっておすすめです。
門松のイラストは、お正月くらいにしか描かないイラストだと思いますので、この機会に書いてみてはいかがでしょうか。

 

>>門松のイラストの描き方はこちらから

年賀状のイラストに使えるきれいな絵の描き方まとめ

最後は年賀状に使えるきれいな絵のまとめです。
きれい…といわれれば、ちょっと違うのかもしれませんが…w簡単で色合いの良いイラストです。

梅のイラストの描き方

年賀状イラストの背景や縁取りに使える梅のイラストです。

 

 

赤系やピンク系の色を3色ほど使ってたくさん描くと、さらにきれいになります。
梅の花は、お正月らしさも出ますし、茶色メインのイノシシのイラストと一緒に書いても、明るい雰囲気になってきれいになりますよ。

 

>>梅のイラストの描き方はこちらから

鶴のイラストの描き方

おめでたいイメージのイラストとして良く描かれるのが鶴のイラスト。

 

 

お正月以外にも、七五三の千歳飴を入れた袋にも描かれることがありますよね。

 

思っている以上に簡単に描けるイラストですし、白色がメインのイラストですので色塗りもほとんどなくて簡単です。
色は赤と黄色がワンポイントに使われていますので、ただの白黒ではないのもおすすめの理由ですよ~。

 

上のイラストはちょっと汚いので、さらにきれいに描くとこんな感じになりました~。

 

 

一発描きすると、最初に描いた鶴のようなイラストになってしまうので、一旦下書きしてからがおすすめ。

 

>>鶴のイラストの描き方はこちらから

まとめ

以上、簡単に描ける年賀状イラストのまとめでした。

 

最近の年賀状イラストはプリントしたイラストが多いので、手描きのイラストは貴重ですよね。
小学生のお子さんの年賀状は、やっぱり手描きが多いかと思われますので、お家の方と子供とで一緒に描くときなんかの参考にしていただけたらと思っています。


コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。