お正月

年賀状のイラストに使える梅を簡単に手描きとパソコンできれいに描く描き方

目安時間 7分

 

最近はお正月が近づいてもめっきり手書きが少なくなった年賀状。
そんな年賀状を手描きで描くための簡単なイラストの描き方を紹介しています。

 

わたしがこれまで紹介してきたイラストは、年賀状のメインイラストとなる干支のイノシシとだるまの描き方です。
イノシシもだるまも、年賀状イラストのメインとなるイラストですよね。
>>イノシシのイラストの描き方はこちらから
>>だるまのイラストの描き方はこちらから

 

で、手書きで年賀状を描くのなら、背景イラストも手描きで描くことになります。
そんなに凝った背景用のイラストを描く気はないけど、なんか描きたい…というときは、お花を描いておけばOK。

そのお花の中でも、お正月らしいお花といえば梅ではないでしょうか。

 

この記事では、梅のイラストの描き方を紹介します。

スポンサーリンク

年賀状のイラストに使える簡単な梅の描き方

では早速、年賀状のイラストに使える梅の花の描き方を紹介します。

まずは、丸い花びらが5枚ついている花を簡単に描きます。

 

 

だいたい花のイラストを簡単に描く時って、この形を使う事が多いですよね。
簡単なお花を描く場合は、この中を丸にすると思うのですが、今回は梅の花らしくするために真ん中の部分を変えていきます。

 

花の真ん中に線を4本描きます。

 

 

この線を描くときは、全部同じ長さにするよりは、少しだけ長さを変えた方がかわいくなります。

 

最後に、4本描いた線の端っこに丸を付けていきます。

 

 

この時の丸も、微妙に大きさを変えた方がかわいいかも。

これで花が完成しました!

 

色を塗るとこんな感じになりました。

 

桜とちょっと似ているけど、花の形を丸にしたことで梅らしくなりましたね~。

年賀状のイラストに描いた梅をきれいに見せる色塗り

先ほど、梅の花の色を塗ったのですが、梅の花って背景として描くときは、1つだけ描くのではなくて、いくつかの花を並べて描きますよね。

で、その時に、花の形や大きさを1つ1つ変えても良いのですが、1番きれいに見えるのは花の色を変えることです。

花の色を変えるといっても、それほど大きく色を変える必要はなく、ピンク系と赤系の色が3色くらいあれば大丈夫です。

 

赤とピンクを3色使った梅のイラストがこちらです。

 

スポンサーリンク

 

ちなみに、この5つの梅の花は、同じイラストをコピーしているだけです。
大きさも全く同じなのですが、色と角度を変えただけで変化があるように見えますよね。

 

ピンク系の色で揃えると、さらにかわいい雰囲気になりますよ。

年賀状のイラストの梅をパソコンで綺麗に描くための描き方

先ほど描いた梅のイラストは、わたしはパソコンを使って描いているのですが、手描きで描けるイラストをイメージするためにツールを全く使わずに描きました。

…が。

 

もっときれいに描くためには、やっぱりパソコンの力が必要になりますよね。
なので、次は、パソコンできれいに梅の花を描く方法を紹介します。

 

まずは、梅の花びらになるように、円を5つ描きます。

 

きれいに5つ並べるのが結構難しいです。
手描きで描く場合は、コンパスを使って描くときれいな円が描けるのですが、円を5つ描く場所の調整がしづらくなります。

 

パソコンを使って描いている時は、何度も位置を変えられるので描きやすいんですけどね~。
手描きでも良い場所に花びらが5つ描ける方法とかないかな~。

 

あ、あと、わたしはSAIを使って円を描いているのですが、SAIにはPhotoshopのように円ツールがありません。
なので、丸の素材を使って円を描いています。
>>SAIできれいな円を描く方法はこちらから

 

円を5つきれいに並べることができたら、外側の線以外の線を消します。

 

この状態でも、可愛いお花の形に見えますが、さらに梅の花に見えるようにしていきます。

 

お花の真ん中に直線を4本クロスさせながら引きます。

 

線の長いものと、短いものの2本に分けるときれいになりますよ。

 

最後に、線の先に小さい円を付けて…。

完成です!

 

簡単に掛けるイラストなので、パソコンで書いても簡単ですね~。

手描きできれいな丸を描くのは難しいので、手描きで描くときは歪んでしまうのが味だと思って、パソコンで梅の花を描くときにだけ、きれいな形にこだわった方が良いかもしれません。
年賀状はアナログに手描きで描くのも良いですもんね~。

まとめ

以上、年賀状に使える梅のイラストの描き方でした。

 

そういえば、わたしが子供の頃住んでいた家のふすまが梅の柄だったな…。
おそらく、わたしがこの記事で描いたイラストは、子供の頃から描いている花のイラストとほとんど同じなので、ふすまの柄の影響を受けたんじゃないかと思っていますw

 

まぁまぁ、わたしが子供の頃から描いていたということはお子さんでも描ける簡単なイラストということですのでね。
お子さんに描いて貰うこともできると思います。
お母さんが花の形だけ描いて塗り絵を作って、お子さんに色塗りをして貰うというのも良いですね~。

 

年賀状イラストの背景にしなくても、なんとなく明るい色でワンポイントになるイラストが描きたいという場合なんかにも使えますよ。
背景や年賀状のスペースが空いてしまって困ったときは、是非梅の花を!

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。