クリスマス

クリスマスのイラストに使える教会と天使のシルエットの描き方

目安時間 7分

 

クリスマスのイラストの描き方シリーズが今回で最後になります。
今回で9記事目なので、わりとたくさん描けましたね~!

 

実はわたし、クリスマスのイラストってかなり久しぶりに描きましたw
こういったブログを作らなかったら、なかなかこんな風にイラストを描く機会もなかったと思うので、久しぶりにイラストを楽しめました~!

 

で、最後のクリスマスイラストは教会。
教会のイラストはあまりクリスマスイラストのメインとなることはないかもしれませんが、ツリーや雪だるまのイラストと組み合わせるとクリスマスイラストとして良い感じになりますよ♪

 

では、この記事では、クリスマスのイラストに使える教会のイラストの描き方を紹介します。

クリスマスのイラストに教会を描こう!

クリスマスのイラストに教会。

 

クリスマスイラストといったら、サンタクロースとかトナカイがメインとなりますので、教会はあまり使わないかもしれませんが…w

教会はシンプルでおしゃれなシルエットイラストを描くのにぴったりなイラストです。

 

なので、今回紹介する教会の描き方は、カラーイラストではなく、モノクロのシルエットイラストで紹介します。

そして、教会と一緒に描いて映えるのは天使のシルエットイラスト。

 

今回は、天使のシルエットイラストと合わせて紹介します。

クリスマスのイラストに使える教会のシルエットの描き方

では、まずは教会のイラストから描いていきます。

 

教会のシルエットイラストは、そんなに難しくはないのですが、手描きで描くときは、ペンで一発描きするよりは下書きをした方がスムーズになります。

そして、今回、わたしは、フリーハンドではなくペイントソフトの直線ツールを使って描いています。手書きで描く場合は定規を使って描くのがおすすめです。

 

まずは、四角の家の上に三角の屋根が乗っている家を描きます。

 

 

できるだけ屋根は横長で小さめになるように。

 

次は、先ほど描いた家の上に細くて長い家を描きます。

 

 

家の形は最初に描いた家と同じような四角+三角の簡単な家です。

 

次は、下の家の部分に扉を描きます。
窓が6個くらいになるように。

 

 

窓の部分は、太いペンで描いてしまった方が描きやすいです。
今の段階ではかなり不自然に見えますが、黒く塗りつぶしてしまうと自然になるのでOK。

 

次は、下の段にある家の屋根の部分にも丸い窓を描きます。

 

 

最初に下書きをした方が良いと描いたのは、こういった後から付け加える線が重なったときに消すことができるからです。

 

次は、上の細い家の部分に窓を描きます。

 

 

四角の中に4つの窓があるシンプルな形。
「田」の字を書くイメージですね。

 

最後は、家の上の部分に十字架を描いて…。

 

 

後は、全てをまっ黒に塗りつぶせば完成です!

 

 

シルエットにしたので、以外と簡単にできましたね~。
カラーイラストにしたら、結構時間がかかってしまいますので、シルエットイラストならではの簡単な描き方です。

クリスマスのイラストに使える天使のシルエットの描き方

次は、クリスマスの教会のイラストと一緒に描くとかわいくなる天使のシルエットを描きます。

 

天使のイラストって天使が赤ちゃんの時と子どもの時があるような木がするのですが、なんとなく赤ちゃんの天使は服を着ていないイメージがあったので、描きやすいように服を着た子どもの天使を描きました。

では、早速天使のシルエットイラストを描きます。

 

まずは、天使の顔を描きます。

 

赤ちゃんだったら髪を描かないつもりだったのですが、今回は子どもの天使にする予定なので、髪を描きました。
子どもの天使ってクルクルヘアーが似合いますよね。

 

次は、天使の身体を描きます。

 

ワンピースを着ているように描くと、身体を描くのが簡単ですよ。

 

顔と身体が描けたら、天使の手にラッパを持たせます。

 

ラッパも簡単に描きます。
三角をちょっと歪ませたようなイメージですかね。

 

最後に、天使の羽を描いて…。

 

ほぼ完成!
後は、まっ黒に塗りつぶすだけです。

 

では、塗りつぶしてシルエットイラストにしてしまいましょう。

これで天使のシルエットイラストが完成しました!

 

普通に天使を描こうとすると、顔を描いたり身体を描いたりでけっこう手間がかかるのですが、シルエットイラストにすると、手間も省けてオシャレなイメージになります。

1番絵の上手い下手の差が出やすい顔を描かなくても良いというのは、簡単に描けるポイントですよね。

 

天使のイラストはシルエットにした方が、クリスマス感が出ると思いますので、教会と一緒に描いてしまうのがおすすめですよ。

まとめ

以上、クリスマスのイラストに使える、教会と天使のイラストの描き方でした。

 

「クリスマスに教会」というのを思いついたのは、わたしの住んでいるマンションの真ん前に教会があるからですw
それまでは、クリスマス=教会というイメージは全くありませんでした。
クリスマスシーズンになると、教会の前にクリスマスイベントのポスターも貼ってあるのですが、教会のクリスマスイベントってなんとなくおしゃれなイメージがあります。

 

クリスマスのシルエットイラストを考えているのなら、教会のイラストを描くとお洒落な雰囲気になると思いますよ。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。