クリスマス

クリスマスのイラストに食べ物を描くならチキンとシャンパンでごちそう風に!

目安時間 8分

 

ここ数日、簡単に描けるクリスマスイラストの描き方を書いていたのですが…。

そういえば、食べ物のイラストを全く描いていなかったな…、と言うことに気がつきました。

 

クリスマスってメッセージカードや飾り付けのイラストなら、特に食べ物のイラストは必要ないのですが、クリスマスの商品を販売するお店のポップなんかではよく使われるイラストですよね。

わたしも学生時代にコンビニでアルバイトしていたのですが、クリスマスシーズンになると、スタッフで手分けして手描きのポップを作ることになっていました。

 

こういったコンビニのポップって、大抵クリスマスケーキかクリスマスオードブルの宣伝であることが多いので、食べ物のイラストを描くことになるんですよね。

なので、今回は、クリスマス商品のポップなんかに使えそうなクリスマスの食べ物のイラストの描き方を紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスのイラストに食べ物を描くなら?

クリスマスに食べ物のイラストを描くとしたら、やっぱりチキン。
クリスマスに1番良く食べられるものと言えばチキンですもんね。

 

そういえば、わたしもコンビニでバイトしてたときにチキンの宣伝用に手書きポップを描きました。
チキンのポップのイラストを描くときって、なんとな~く鶏のイラストって描きづらいんですよねw

 

なので、ポップやチラシに使えるような調理後のチキンの描き方を紹介します。

 

そして、もう1つ紹介するのはシャンパンのイラストの描き方です。
シャンパンを描いておけば、どんな食べ物のイラストを描いてもクリスマスのごちそうメニューに見えます!

 

そして、シャンパンのイラストもわたしがコンビニのアルバイト中にシャンメリーのポップを手描きしたときに描いたイラストです。

では、チキンとシャンパンの描き方を紹介します。

クリスマスのイラストに食べ物を描くなら定番のチキン!

まずは、チキンの描き方です。

 

チキンの持ち手の部分から描いていきます。
クリスマス用のチキンなので、クリスマス用の飾りとして赤いリボンを描きます。

 

そしたら、リボンの上をチキンの持ち手にします。
こんな感じで、リボンの上に細長い丸のような形を描きます。

 

その丸を中心に、両サイドに丸の半分を付け足します。

 

持ち手の部分ができました。

 

次は、チキンを描きます。
チキンの形は、水風船みたいな形を描けばOK。

 

 

この形を描けば後で色さえ付ければチキンになります。

 

色を付ける前に、焦げ目の点々を付けておくとさらにチキンっぽくなるので、先に焦げ目を描いておきます。

 

 

線画はこれで完成!

 

次は、色を付けていくのですが、色塗りもものすっごく簡単。
チキンの部分を茶色に。リボンの部分を赤で塗るだけです。

 

 

簡単にクリスマスらしいチキンが描けました!

クリスマスのイラストにシャンパンを描くとごちそうに見える

次は、シャンパンの描き方です。
わたしはクリスマスにシャンパンって飲んだことがないのですが、まぁ…、なんとなくクリスマス定番の飲み物なんだろうと思ったのでw

 

シャンパンを描いておくと、ピザやシチューなんかのクリスマスメニュー以外の洋食料理を描いてもクリスマスらしいごちそうメニューになります。

では、クリスマス用のシャンパンのイラストを描いていきましょう。

 

まずは、シャンパンを入れるグラスの上の部分を描きます。

 

スポンサーリンク

太めに描くとワイングラスっぽくなってしまうので、できるだけ細めに描いた方がシャンパングラスに見えます。

 

次は、シャンパングラスの持ち手の部分を描くのですが、持ち手の部分は最後まで描かずに真ん中くらいでストップさせます。

 

ここでストップさせるのは、グラスの飾りを描くためです。

 

では、グラスの飾りを描きます。
クリスマスケーキの飾りなんかによく使われている木の実のイラストを描きたいので、小さい丸を描きます。

 

次は、木の実の周りに葉っぱを描きます。

 

葉っぱの模様を描いて、飾りは完成!

 

ところで、このクリスマス飾りによく使われる木の実の飾りは何か名前が付いているのでしょうか?
「クリスマス 木の実」と検索してみても正式な名前が出て来なかったので…。

 

では、シャンパングラスの飾りができたら、グラスの下の部分を描きます。

 

一気に描いてしまっても良いのですが、ここでストップしておくと、左右対称のグラスが描きやすいです。

 

このままグラスの下の部分を描きます。

 

 

これで、グラスが描けたので、グラスの中のシャンパンを描きます。

 

 

ちょっと、飲み物を小さく描きすぎたのでガラスが太くなりましたねw
もう少し細い方がグラスっぽくなったと思います。

 

グラスの口の部分に丸みを付けたいので、線を1本付け足しました。

 

 

そしたら、最後にシャンパンが入っているように見えるように泡を描いて…。

 

 

完成です!

 

色塗りはシャンパンのクリーム色と、グラスの飾りの部分だけで良いので、簡単です♪

 

 

これでシャンパンのイラストも描けました~!

まとめ

以上、クリスマスの食べ物のイラスト、チキンとシャンパンの描き方でした。

おそらく、メッセージカードや飾りには滅多に使わないイラストだとは思ったのですが、ポップ用に使う人もいるんじゃないかなと思って書きました。

 

しかし、コンビニバイト時代が懐かしいな~。

コンビニバイトってポップを描いたりチラシを作ったりする機会が結構多いんですけど、当時美術関係の学校に通っていたわたしがほとんどポップの担当をしていました。
ポップを任されると、品出しや検品の作業時間が減るのも嬉しかったですw

 

クリスマスシーズンのコンビニは、どんな手書きポップが飾っているかを見るのが、わたしの密かな楽しみだったりもします♪

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。