クリスマス

クリスマスに簡単に手描きで描けるトナカイのイラストとシルエットの描き方

目安時間 7分

 

 

クリスマスの簡単に描けるイラストシリーズが昨日から始まりました!
クリスマスシーズンって、飾り付けやメッセージカードを用意したりで、1年間で1番イラストを描く機会が多いんじゃないかと思います。

 

前回は、クリスマスイラストの中でも1番良く使われるであろうサンタクロースの描き方を紹介しました。
>>サンタクロースの簡単な書き方はこちらから

 

今回は、サンタクロースの次に良く描かれるであろうトナカイの描き方を紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスのイラストにトナカイを描こう!

クリスマスイラストの中で、おそらく1番良く描かれるのはサンタクロースだと思います。
そして、そのサンタとセットで描かれるのがトナカイ。

 

サンタは描かなくてもトナカイだけで、クリスマス感はバッチリ出ます。
そして、デフォルメされたイラストって、人物系のイラストよりも、動物系のイラストの方が描きやすかったりしますので、トナカイの描き方を覚えておくと、クリスマスイラストを描くときにスムーズに描けます。

 

今回は、デフォルメしたトナカイのイラストの描き方の他に、シルエットイラストの描き方も紹介していますので、デフォルメしたキャライラスト風のトナカイと、シルエットイラストの描き方を覚えて、使い分けるといろんな使い方ができますよ。

クリスマスのイラストに使える簡単なトナカイの描き方

では、まずは、デフォルメしたトナカイの描き方です。

まずは、トナカイの耳をかきます。

ウサギの耳よりも少し短いくらい。

 

次は輪郭を描きます。
ウサギや猫を描くときは、顔をまん丸にした方が可愛いのですが、トナカイは少し縦長の丸にします。

顔の輪郭ができたので、顔を描いていきます。
目と鼻を描くのですが、トナカイは鼻が大きいので、大きめに描きます。

顔が描けたので角を描きます。

デフォルメしたトナカイのイラスト角を描くときは、角を左右対称にした方が可愛くなります。

 

次は、身体を描きます。

四足歩行の動物を描くときは、だいたい身体のパターンはこれだと思います。
顔を目立たせるように、身体を小さめに描いた方が可愛くなります。

 

最後に、しっぽを描いて。

トナカイの出来上がりです!

 

トナカイの身体を反対側に描いても良いですし…。

正面向きに描きたいときは、こんな感じで、足は前足だけを描けばOK。

色塗りをする時は、茶色メインとなるので、かなりシンプルな仕上がりとなります。

スポンサーリンク

やっぱりサンタのソリを引いているトナカイは赤鼻ですよね。

ちなみに、先ほどトナカイの鼻が本当に赤いのか気になって、画像を調べてみた所、トナカイの鼻は別に赤くありませんでしたw

 

じゃあ、なんでクリスマスのトナカイは赤鼻で描かれることが多いのかな~と思って調べてみた所…。
サンタのソリを引くトナカイの鼻が赤く描かれるようになったのは、「ルドルフ」というクリスマス用のトナカイのキャラクターから始まったのだそうです。
「赤鼻のトナカイ」のうたはルドルフのことらしいですよ。ふ~ん…。

 

では、話をイラストに戻しますw
色塗りはできたのです、なんかシンプルになりすぎて味気ないな~、クリスマス感が少ないな~、と感じた場合は…。

こんな風に首輪を付けてしまえば解消できます!

首輪の色を緑にすることで、トナカイの絵の中に赤と緑のクリスマスカラーを入れる事ができるので、さらにクリスマス感のあるイラストになりますよ♪

クリスマスに手描きで描けるトナカイのシルエットイラスト

では、デフォルメしたトナカイのキャライラストが描けたら…。
次は、シルエットイラストを描きます。

 

シルエットイラストの場合は、デフォルメしたい方が使い道があるので、鹿の形を残したままのトナカイにします。
先ほど、トナカイの鼻が赤いのかを調べたときに、実際のトナカイを写真で見たのですが、リアルのトナカイって結構怖いんですねw

 

では、トナカイのシルエットイラストを描いていきます。

 

まずはトナカイの顔。
馬とか鹿と同じような形になれば何でも大丈夫ですw

次は、首と背骨の辺りのラインを描いていきます。

ここまで描けたら、足を描いてトナカイらしくしていきます。
まずは後ろ足から。

トナカイは足がメッチャ細いイメージがあったので、かなり細めに描きました。

美脚いいなぁ。

 

次は、前足をかく前に胴の部分を繋ぎます。

ここまで描けたらほぼトナカイ!
後は、前足を描きます。

ちょっと身体と足のバランスがおかしなことになってしまいましたが、どうせ黒く塗ってしまうのでOK。

 

いつまでも変な身体をさらしておくのも何なので、さっさと黒く塗りつぶしてしまいましょう!

ここまでできたら、後はトナカイの角を描くと…。

 

完成です!

 

黒く塗りつぶしたところで、ちょっと身体のバランスはおかしいままになってしまいましたが、角を描くだけでクリスマスのトナカイっぽくなりました!

 

角を描くときは、手前の方の角を長めに。
奥の方の角は小さめに描くのがポイントです。

まとめ

以上、クリスマスイラストに使えるトナカイの描き方でした!

 

今回、トナカイのイラストを描くためにリアルのトナカイの写真を見たのですが…。
うん。苦手。

トナカイってあんまり見たことがなかったので、鹿をイメージしていたのですが、予想以上に鼻がデカいですよねw

 

トナカイのイラストは、サンタクロースとセットで描くことができるので、サンタと一緒に描き方を覚えておくと便利ですよ~。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。