ハロウィン

ハロウィンにリボンを使った手作りアクセサリーのヘアゴムの作り方

目安時間 7分

 

ハッピーハロウィン!
9月も中頃になると、いろんな場所でハロウィンの飾り付けが出来上がっていて、外に行くとハロウィンの空気を感じられるようになりますね!

 

わたしも、そろそろ今年のハロウィン関係の手作りグッズは終了しようかな~と、思っていたのですが…。
ハロウィン用に買ったリボンが余ってしまいました。
ハロウィン用のデザインになっているので、ハロウィンが終わってしまうと使い回しできるようなものでもないんですよね~。

 

と、いうことで、今年最後のハロウィンネタとして余ったリボンを使って手作りのヘアゴムを作りたいと思います!

ハロウィンに余ったリボンを使って手作りグッズを!

少し前に、買ったハロウィン用のリボン。
メッセージカードの飾りになるようにと買ったのですが、思いの外使用する量が少なかったので、ほぼ余ってしまいました。

 

捨てるのももったいないし…。
かといって、ハロウィン感満載のリボンだから今後使い回しできるようなデザインでもないし…。
来年にはリボンの存在自体を忘れていそうだし…。

 

と、いうことで、少しでも使い道ができないか考えて、リボンを使ったアクセサリーを作ることにしました。
今回は、リボンのアクセサリーを使ったヘアゴムを作るのですが、リボンの作り方さえ覚えておくと、ヘアゴム以外にも、ヘアピンに付けたり鞄に付けたりと色々な使い道があります。

 

なので、リボンを消費するためにリボンを先にたくさん作っておいて、後から使い道を考えるというのも良いと思いますよ。

ハロウィンにリボンを使った手作りアクセサリーの作り方

まずは、ハロウィンのリボンを使って、リボンのアクセサリーを作ります。
使ったのはこのリボン。

 

 

まずは、このリボンを15㎝くらいにカットしたものを2本用意します。

輪っかにできる大きさなら長さは15㎝にこだわらなくてもOK。
わたしも適当に長さを決めているので、ホントに15㎝なのかどうかがわからないくらいですw

 

次は、カットしたリボンを輪っかにします。

その、輪っかにしたリボンを縫い付けます。

 

 

わたしは、内側から針を入れたのですが、表側から針を入れても裏側から針を入れてもOK。
どうせ隠れて見えなくなる部分なので、手を抜いちゃって縫いやすい方にすれば良いと思います。

 

 

輪っかが2つできました。

 

次は、輪っかに針を通してリボンの形にしていきます。
輪っかにしたリボンを、重ねるようにしてしたの写真のように針を入れます。

真ん中の部分が絞れるように、並縫いのような形で。

 

糸が通ったら、糸を通したところを糸で巻き付けます。

 

 

2周くらい巻き付けるとこんな感じになります。

 

 

綺麗なリボンの形になったら、リボンの真ん中の部分から針を刺して玉留めをします。

これでリボンの形が完成します!

このまま使っても良いのですが、わたしは2つのリボンを重ね合わせて使いたいので2つ作りました。

では、この2つのリボンを重ねます。

 

リボンが斜めになるようにセットできたら、真ん中の辺りに針を刺します。

 

 

そしたら、先ほどリボンを絞ったときと同じように2つのリボンを糸でクルクルと巻き付けます。
これで、リボンが出来上がりました。

 

この状態で、アクセサリーとして色々な使い道があるのですが、今回はヘアゴムにします。

ハロウィンにリボンを使った手作りヘアゴムの作り方

では、リボンを使ったアクセサリーが出来上がったので、ヘアゴムにします。

リボンとヘアゴムの用意ができたら、リボンにヘアゴムを付けていきます。

 

 

まず、リボンとヘアゴムをくくりつけるために、ヘアゴムに針を通します。

 

 

こんな感じで横向きに針を入れます。

 

針が通ったら、ゴムを糸でくくりつけます。
ゴムがリボンに固定されればどんな縫い方をしても良いのですが、わたしは、ゴムの結び目の丁度となり辺りを糸で固定しました。

 

 

これで、ゴムとリボンが固定されました。

 

 

次は、このゴムの結び目を隠すために上からリボンを巻いていきます。

 

だいたい2周くらいできる長さのリボンを用意します。
リボンを何種類か持っているのであれば、ここで色を変えるのも可愛いかもしれません。

 

 

では、このリボンを真ん中の部分に巻き付けます。

 

 

リボンを巻き付けることができたら、リボンが解けないように縫い付けます。

 

 

解けなければ縫い方は何でもOK。縫いやすい縫い方で。

この部分を縫い終わったら…。

 

ハロウィン用のリボンのヘアゴムが完成しました!

 

 

リボンを作るときに、小さめのリボンの上にレースのリボンを乗せても可愛らしくなります。

 

 

お子さん用とお母さん用でお揃いにしても可愛いかもしれませんよ~。

 

まとめ

以上、ハロウィンの余ったリボンを使ったヘアゴムの作り方でした。

 

わたしも、今回とりあえず作りましたが、1歳半の娘はまだまだ超薄毛なので、今年は使えないのですが、まぁ…、来年用ということでw
イベント用の飾りに買ったリボンってなんだかんだで使い切れることが滅多にないので、こんな風にアクセサリーにしてみるのがおすすめですよ~。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。