運動会

SAIで綺麗な円の描き方と線の太さの調節や図形を変形させる方法

目安時間 7分

 

SAIでイラストを描いていると思うことは…。
ツールが少なすぎる!

 

いや、少ないからこそ覚えることも少なくて使いやすいというのもあるのですが…。
それでもやっぱりPhotoshopなんかと比べると、「このツールがなくて不便だな~」と、思うことが度々あります。

 

その中でも、わたしが1番「SAIにもこのツールがあって欲しい!」と、思うツールが円を描くツール。
イラストを描いていると、丸を描く機会が多いので、綺麗な丸が描けないというのはすごく不便です。

 

そこで、この記事では、Photoshopなんかの円形ツールを使うよりは、かなりの手間がかかってしまいますが、SAIで綺麗な丸を描く方法を紹介します。

スポンサーリンク

SAIで綺麗な円の描き方

では、早速SAIで綺麗な円を描きましょう!
SAIで綺麗な円を描くために、1つだけ必要なものがあります。

 

それは、丸が描かれた素材!
今回は、わたしがPhotoshopで作ったこちらの素材を使います。

こちらの素材は、フリー素材として配布しているものですので、必要な方がいらっしゃいましたらご自由にお持ち帰りください。
ダウンロード方法は、右クリックから「名前を付けて画像を保存」で画像を保存する方法と、右クリックしてから「画像をコピー」してからSAIのキャンバスに直接貼り付けてください。

 

ダウンロードした素材を使うときは、まず、開いた画像をコピーします。

 

 

画像がコピーできたら、素材を使いたいキャンバスに戻って、キャンバスに素材を貼り付けます。
素材を貼り付けるときは、「編集」から「貼り付け」を選びます。

 

 

これで、キャンバスに素材を貼り付けることができたので、次は、この素材を貼り付けたレイヤーを複製して、同じ形の丸をもう1つ用意します。

同じレイヤーを増やすときは、「レイヤー」から「レイヤーを複製」を選びます。

 

 

そしたら、複製した素材の色を変更します。
「不透明度保護」にチェックを入れて、白で塗りつぶします。

 

 

すでに円の線ができているのですが、この状態ではまだ線が薄いので、線の太さを調整します。
線の太さを調節するときは、選択ツールの「拡大縮小」で白い丸を小さくします。

 

 

Shiftキーを押しながら拡大縮小すると、形をキープしたまま円の大きさを変えることができます。

 

 

この状態で、ほぼ完成しているのですが、今はまだ、上に重ねた白い丸に白い色がついたママなので、白い部分を透明にします。
まずは、白い丸が描かれたレイヤーを下の黒い丸を描いたレイヤーと結合させます。

 

 

これで、レイヤーが1枚になりました。
このレイヤーの、白い部分を透明にするために、「レイヤー」から「輝度を透明度に変換」を押します。

 

 

こうすることで、白い部分が透明になしました!
そして、完成したのがこちらです!

スポンサーリンク

…。
わざわざこんなことしなくても、この素材をそのまま使っちゃえばよくね?

と、いうことで、こちらの素材もフリー素材ですのでご自由にお持ち帰りください。

SAIで描いた円の線を太くしたり細くする方法

次は、SAIで描いた円の線の太さを調整したいときの方法です。

 

まず、太くしたい時の方法から。

線を太くするためには、まずは、選択ツールで円の線を選択します。

 

 

選択した線は、「選択」から「選択範囲を1ピクセル膨張」で選択範囲を広くします。

 

 

この状態で、「レイヤー」から「レイヤーを塗りつぶす」を押すと、現在選択している範囲のみが塗りつぶされます。

 

 

これで、線が太くなりました!

 

次は、この線をこのまま細くしていきます。

線を太くするときは、線を直接選択しましたが、細くする時は、線の中の透明の部分を選択します。

 

 

そして、太くするときと同じように「選択範囲を1ピクセル膨張」を選んで…。
次は消しゴムツールで、選択範囲を消してしまいます。

 

 

すると…。

線が細くなりました!

 

この方法は、ダウンロードした丸い線の素材を使うだけで、太さの調整ができるので手っ取り早くて便利なのですが、やっぱり線があまり綺麗になりません。

綺麗な線で線の太さや細さの調整をしたい人は、最初に書いた「SAIで綺麗な円の描き方」を使って調整した方が綺麗になります。

SAIで描いた円の図形を変形させる方法

次は、SAIで書いた円の形を変形させる方法です。

 

丸といってもまん丸だけではなく、いろんな丸がありますので使いたい形になるように形を変形させます。

方法はメッチャ簡単。
選択ツールの「拡大縮小」で形を変えるだけです。

 

 

横長の丸を作りたい時は、バーを下から押し上げるようにすると横長の丸になりますし…。

 

 

横のバーを真ん中に向かって細めると、縦長の丸になります。

 

 

「拡大縮小」以外にも「自由変形」を使う事である程度、形を自由に変えることができますので、よく使うタイプの丸と保存しておくと、イラストを描くときに使えるので便利ですよ~。

まとめ

以上、SAIを使って綺麗な丸の線を描く方法でした。

 

SAIってシンプルで使いやすいんだけど、ツールが少ないところが不便なんですよね。
もし、SAIを使っている方で、円の描き方で困っている方がいらっしゃったら、是非この方法を使って見てください♪

スポンサーリンク

     運動会   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。