ハロウィン

ハロウィンにフェルトで手作りするおばけのヘアピンの作り方

目安時間 8分

 

ハロウィンに手作りで何か作ろうと思ったら…。
お手軽なのは、フェルトを使ったハロウィングッズです!

 

お裁縫をする時って、ミシンを出したり、型紙を作ったりと面倒な作業が多いのですが、フェルトを使った手芸だと手縫いで出来ますし、型紙なしでも小物なんかを作りやすいです。

過去にハロウィングッズとして、ヘアゴムを作ったので、次は何を作ろうかな~と、考えていると。

 

ヘアゴムを作ったのなら、もう1つくらいヘアアクセサリーを作りたい!と、思ったので、今回はハロウィン用のヘアピンを作ることにしました。

フェルトを使ったヘアピンは、小さい女の子が使うとすっごく可愛くなりますよ~。

スポンサーリンク

ハロウィンにフェルトでヘアピンを手作りする時に必要なもの

では、フェルトでヘアピンを作る前に、ヘアピンを作るために必要なものを用意します。
今回作るヘアピンには、少し前に作ったおばけのワッペンを使用します。

 


>>おばけのワッペンの作り方はこちらから

 

ワッペン以外に必要なものは、パッチン留めのヘアピンと、ヘアピンの部分に使うフェルトです。

 

フェルトの色は、ワッペンの色に合わせるのが良いのですが、今回使うおばけのワッペンは白なので、別に何でも良いんですよね~。
やっぱりハロウィンなので、オレンジか紫かな~と、考えて…。薄紫のフェルトを使う事にしました。

 

なので、今回のヘアピンを作るために必要なものは

 

・おばけのワッペン
・薄紫色のフェルト
・パッチンどめのヘアピン

 

の3つです。

上のもの以外に使ったものは、ハサミや針や糸などの普段使っている裁縫道具です。

ハロウィンのフェルトを使ったヘアピンの作り方

まずは、用意したフェルトをヘアピンの形にします。
ヘアピンをフェルトの上に置いて、ヘアピンの形にフェルトの形を取ります。

 

 

ヘアピンよりも少しだけ大きいくらいでOK。
「だいたい○㎜くらい」というのも決めずに、アバウトに形を取っています。

 

フェルトに、ヘアピンの形が描けたらフェルトをカットします。
下書きしたとおりに、そのままフェルトを切ると…。

 

 

こんな形が出来ました。

 

この形のフェルトがもう1つ必要なので、カットしたヘアピン型のフェルトを、同じ色のフェルトの上に置いて、形に合わせてカットします。

 

 

こうすると、同じ形のフェルトが2つになります。

 

 

これで、必要なパーツが揃いました。

 

 

次は、カットしたフェルトをヘアピンの裏側の部分にしていきます。

 

まず、ヘアピンをフェルトに当ててヘアピンの髪を留める部分を通す穴を作ります。
下の写真のように、ピンを裏側にして、カットする場所に印を付けます。印を付けるのに使ったものは、時間が経つと自然に消えるタイプのチャコペンです。

 

 

こんな感じで、2箇所に印がつきました。

 

 

この印の間に線を引くようにカットします。
フェルトを半分に折ると切りやすいです。

 

 

こんな風に、ヘアピンを通す部分だけ穴が出来ました。

 

ヘアピンを通す穴を作ったら、穴の両端を破れにくくするためにストッパーを作ります。
糸でストッパーを作りたいので、両端を透明の糸で縫います。

 

 

裏側から見るとこんな感じになっています。

 

スポンサーリンク

 

裏側は、どうせ見えなくなるので、汚くなってもOK。

ここまで出来たら、後は作った穴にヘアピンを取り付けて、ヘアピンの裏側になる部分が完成しました!

 

 

 

次は、ヘアピンの表側になる部分を作っていきます。
作るといっても、表側になる部分のフェルトを縫い付けるだけなので、そんなに難しいこともないです。

 

表側を作るときは、先にモチーフになるおばけを付けてしまうと、おばけと重なった部分が縫いにくくなってしまうので、おばけを付けるのはヘアピンが出来上がった後にします。

 

 

では、ヘアピンをセットした裏側になる部分のフェルトと、表側になる部分のフェルトを重ねて縫い合わせていきます。

今回は、ブランケットステッチで2つのフェルトを縫い付けます。
>>ブランケットステッチの縫い方はこちらの記事から

 

ブランケットステッチをする時は、いつもなら裏側になる面から始めるのですが、今回作ったヘアピンは表側にモチーフを付けるので、モチーフをつける部分の表側から始めます。

 

 

こうすることで、縫い始めの糸が重なっている部分がおばけのモチーフで隠れて分かりにくくなります。

途中で糸がなくなった場合は、裏側から縫い始めを作っています。

 

 

ブランケットステッチで全てを縫い合わせるとフェルトヘアピンが完成しました。

裏側はこんな感じになっています。

ハロウィンのフェルトを使ったヘアピンにおばけを付けよう

フェルトのヘアピンが出来上がったので、次は、おばけのモチーフを縫い付けてハロウィン仕様にします!

こんな感じになるように。

 

 

縫い方なのですが、これは、しっかり取り付けられれば何でも良いです。
わたしは、並縫いをしました。

 

 

こんな感じで、おばけとヘアピンが一緒に縫い付けられるように並縫いしました。
並縫いを1周しただけでは弱いので、2周させました。

 

最後も部分は玉留めしやすいように、少しだけ隙間を空けておくと縫い終わりが綺麗に仕上がります。

 

 

これで、完成です!

 

 

裏側はこんな感じになっています。

 

 

小さい女の子が使うと可愛いですよ~。

まとめ

以上、ハロウィンに使えるフェルトを使ったヘアピンの作り方でした。

 

まだまだ髪の少ない1歳半の娘なのですが、前髪だけは少し伸びて来ているので、ヘアゴムは使えなくてもヘアピンは使えるかな~。
と、思っていたのですが。

 

今日の朝、あまりに前髪が目に入りそうな長さになっていたので、前髪カットをしてあげたら、恐ろしく短くなってしまいました(;´Д`)
ハロウィンまでには伸びないだろうな~。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。