ハロウィン

ハロウィンにフェルトで作ったかぼちゃをモチーフにしたヘアゴムの作り方

目安時間 9分

 

このブログの中でも、フェルトを使ったハロウィン用のワッペンをたくさん作ってきました。
ワッペンは、手作りグッズを作るときに、色々なものに使えるので、すごくおすすめです。

 

ワッペンが作れたら、次はワッペンを使ったハロウィンの手作りグッズを考えます!

 

娘がいると、やっぱりヘアアクセサリーを作りたくなるんですよね~。
なので、まずはヘアアクセサリーとして小さい女の子に1番良く使われるであろうヘアゴムを作ることにしました!

ハロウィンにフェルトを使ったヘアゴムを作るのに必要なもの

では、ヘアゴムを作る前に使うものを準備します。

 

まずは、これまで作ったフェルトのワッペンの中からヘアゴムにしたいものを選びます。
かぼちゃ、おばけ、黒猫、コウモリ…。

 

ここはやっぱり、1番ハロウィンらしさの出るかぼちゃのワッペンを使う事にしました!

 


>>カボチャのワッペンの作り方はこちらから

 

そして、かぼちゃのワッペンの色に合わせて、ヘアゴムに使うフェルトの色も決めていきます。

カボチャのワッペンがオレンジ色なので、ここはやっぱり、ハロウィンカラーになるように紫色を使いたい!

 

だけど、紫一色にすると、全体的に暗くなってしまうので、紫と白のフェルトを使う事にしました。

 

 

他に使ったものは、黒いヘアゴムと普段使っている裁縫道具です。
では、材料が揃ったので、ヘアゴム作りを開始します!

ハロウィンのヘアゴムにはフェルトで作ったかぼちゃを使って

ヘアゴムの形のイメージは、丸いフェルトの上にカボチャのワッペンを貼り付けるようにしたいので、

 

まずは、カボチャのワッペンに合うような大きさの丸を作ります。

丸の型どりになるような良いものはないかな~。

 

あった。

 

 

オロナインの蓋。

 

だいたいわたしは、フェルトを丸く切りたいときも、型紙は使わずに家の中にある丸いものを使って型どりします。
今回使ったような薬の蓋や、コップに底、小さい円を作りたい時なんかは500円玉を使ったりします。

 

では、オロナインの蓋を使って紫の丸を2つ、白い丸を1つ作ります。

こんな感じでかたどりながら…。
紫2つと、白1つを作るのですが…。

 

白い丸は、一度オロナインの蓋で作ったものを、一回り小さく切ります。

 

 

このくらいの大きさになるように。白いフェルトを切るときは目分量です(笑)。
オロナインの蓋を使って丸を作った時に、綺麗な円になっているので、その一回り小さくなるくらいに簡単にカットしてもそこそこ綺麗な丸になります。

 

白い丸が一回り小さく出来たので、用意したフェルトは、こんな感じになりました。

では、次はいよいよ、フェルトで作ったかぼちゃのワッペンの出番です!

 

まずは、白いフェルトの上にかぼちゃのワッペンを縫い付けます。

かぼちゃのワッペンは、黒いフェルトとオレンジのフェルトの2層になっているので、下の部分の黒いフェルトと白いフェルトを縫い付けるようにします。

 


(↑この黒い部分にだけ針を通すようにする)

 

縫い方は、どうせ縫い目も見えないし、何でも良いです。
わたしは2枚の布を表裏同じ針目で真っすぐ縫い方の、並縫いを二重にしました。

 

 

表を向けるとこんな感じです。

 

 

次は、紫のフェルトの上に先ほど作ったかぼちゃと白のフェルトを置いて縫い付けていきます。
こんな感じになるように。

 

 

今回は縫い目を見えるようにしたいので、紫に合うような黄色の糸を使いました。
黄色と言うよりは、山吹色に近いような色です。

 

 

白いフェルトの上に縫い目が見えるように、ひと針進んで半針返しながら縫う縫い方の半返し縫いをしました。
並縫いでも同じ縫い目になるので、どちらでもOKですが、半返し縫いの方が丈夫に縫えます。

 

 

糸が見えにくい(ノД`)
紫にすれば良かったかな~。

 

これで、かぼちゃのヘアゴムの表の部分が出来上がりました。このまま飾り付けの飾りにしても可愛くなりそう。
この状態では、かぼちゃのワッペンが丸くなっただけなので、次は、ゴムを付け足してヘアゴムにしていきます。

ハロウィンにフェルトで手作りするヘアゴムの作り方

では、ヘアゴムの飾りの部分が出来たので、裏側を作っていきます。

 

まずは、まだ使っていない紫の丸いフェルトにゴムを通す穴を作ります。

半分に折って、だいたい真ん中かな~と思う位置に2箇所ハサミでカットして穴を入れます。

 

 

こんな感じで切り込みを入れると…。

 

 

ゴムを入れる穴が2箇所出来ます。
このままゴムを通すだけでも良いのですが、フェルトが裂けることを防ぐために、穴の切れ目の端っこの4箇所を糸で縫い付けます。

 

すっごく分かりづらいのですが、下の画像の4箇所に点がありますよね。

これが、糸で縫い付けた部分です。

 

ここまで出来たら、作った穴にゴムを通します。

 

 

裏側でゴムをくくりつければOK。

 

 

これで、ヘアゴムの裏パーツと表パーツが出来上がりました。

 

次は、裏パーツと表パーツを組み合わせてヘアゴムを完成させます。
裏パーツと表パーツを重ねて、ブランケットステッチで縫い合わせます。

 

ブランケットステッチの縫い方は。

 

①・重なった2枚のフェルトの内側から針を入れます。
裏側・表側どっちでも良いのですが、わたしは裏側に向かって針を入れました。この方が糸の重なる部分が見えにくいです。
②・通した色を引きます。
③・①で通したい糸の近くに針を入れます。

 

④・針に糸を引っかけます。
⑤・糸を引くと、糸目が一つ出来ました。
この後も、③・④・⑤と同じ要領で

 

⑥・針を入れる
⑦・針に色を引っかける
⑧・色を引く

を繰り返します。

 

ブランケットステッチを分かりやすく説明しようとしたら、かなり長くなりそうですね…。
また、別の記事でブランケットステッチの縫い方を説明しよう。そうしよう。

 

そして、少しだけ隙間の空いた状態で綿を入れます。

 

 

綿を入れたら、残りの部分を全て縫い付けて…。

 

 

完成です!

 

 

横から見るとこうなっています。

 

 

さらに後ろはこんな感じ。
作ったワッペンの有効活用ができました!やったね!

まとめ

以上、ハロウィンに使えるフェルトを使ったヘアゴムの作り方でした。

 

早く娘に付けてあげたいな~と、思ったのですが…。
1歳半の娘は、まだまだ薄毛だから髪の毛くくれないんだ(ノД`)
使えるとしたら来年かな~。

 

ちなみに、わたしが試しにこのヘアゴムを使ってポニーテールにしてみたのですが、そこそこの年齢の女がこのヘアゴムをしていると、結構イタいですw

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。