ハロウィン

ハロウィンにフェルトで手作りできるかぼちゃと猫のワッペンの作り方

目安時間 10分

 

これまで、ハロウィンに使えそうなフェルトで作ったワッペンをいくつか紹介してきました。
色々な種類のワッペンと作ってきたのですが、黒猫のワッペンは、一度思いっきり失敗してしまったので、リベンジを含めて2回作っています。

 

で、そのリベンジの記事の中で、ちょこっと貼ったこの画像。

 

>>ハロウィンにフェルトで作れる黒猫のワッペンの作り方、リベンジ編はこちらから

 

ただただ、ふざけるために作ったのですが…。

この画像のかぼちゃと黒猫もワッペンにしたい!!

と、なったため、ちょっと難しそうですが、作ってみることにしました。

 

これを見て、作りたいと思う人がいるのかどうか…は、分かりませんが、とりあえず作ったので、記事にしました~!

作っている最中の画像の取り忘れも多いので、作り方は分かりづらいかもしれません。

ハロウィンにフェルトを使ったかぼちゃと猫のワッペンを作ろう!

ハロウィンのかぼちゃと黒猫のワッペンを作るために必要なフェルトは、オレンジ・黒・白の4色です。

 

白いフェルトで使った部分は、背景になるだけなのでほとんど色が見えません。なので、特に白にこだわる必要もないかも。
白いフェルトの部分を紫にすると、もっとハロウィンらしくなったかもしれませんね。

 

今回も、型紙などは使わず白いフェルトに直接下書きしていきます。
型紙を作った方が、綺麗に仕上がるのかもしれないんですけど、型紙を作る手間や時間がすごくもったいない気がするので、わたしは基本的に型紙なしです。

 

フェルト以外に使ったものは、ハサミや針や糸などの普段使っている裁縫道具です。

ハロウィンのフェルトワッペンは先に黒猫から作る

まずは、白いフェルトに直接下書きします。

 

 

こんな感じで書きました。
では、次は、下書きで書いた通りに白いフェルトをカットします。

 

下書きの通りにカットすると、こんな感じになりました。

 

 

これで、ベースとなる部分が完成しました。
下地になる部分が出来たので、黒猫とかぼちゃを作っていきます。

 

いつもなら、最初にフェルトを全てカットしてからまとめて縫い合わせるのですが、今回は別々に作った方が作りやすいと思ったので、まずは黒猫から作ります。
先に黒猫から作るのは、猫とかぼちゃの重なる部分が上になるのがカボチャだからです。

 

では、黒猫の部分のフェルトをカットしていきます。
先ほどカットした白いフェルトの、くろねこになる部分に黒いフェルトを重ねて、白いフェルトに合わせてカットします。

いつもはフェルト同士だとまち針を使ったりはしないのですが、今回は、細かい部分があるので固定します。

 

…が。
まち針がなかったので、安全ピンを代わりに使いました。邪魔にならない位置に付ければ、安全ピンはまち針代わりになります。

 

 

黒猫はこんな感じにカットできました。

 

 

では、カットしたクロネコを下地の白いフェルトに縫い付けます。
黒猫に使った糸は、猫と同じ色の黒を選びました。猫の部分を、本返し縫いで縫い合わせていきます。

 

黒猫の部分は、フェルトと糸の色が同じで糸目が見えなくなる分、特に本返し縫いにこだわる必要もないのですが、1番頑丈に縫える縫い方なので、本返し縫いを使っています。
糸目が見えないので、そんなに綺麗に縫えなくても気にしません。
>>本返し縫いの詳しい縫い方はこちらから

 

そして、縫い上がった画像…、の写真を撮るのを忘れました。
まぁ、カットした黒い猫が下地にひっついただけなので、特に画像は必要ないでしょう!

 

って事で、次のカボチャに進みます。

ハロウィンのフェルトワッペンはかぼちゃを調整しながら

では、次はカボチャを作っていきます。

 

まずは、かぼちゃのヘタの部分から。
緑色のフェルトをヘタの形にカットします。

 

 

カットしたヘタを、白いフェルトの上に重ねて縫い合わせます。
下の部分は、かぼちゃのフェルトを縫うときに一緒に縫ってしまうので、下の部分だけ縫っていません。

 

 

次は、かぼちゃの部分を作ります。
かぼちゃの部分にするフェルトは、山吹色のフェルトと迷ったのですが、やっぱりハロウィンらしいオレンジにしました。

黄色に近い色も雰囲気が明るくなって良いんですけどね。

 

では、フェルトをカットしていきます。
カットするときは、こんな風にオレンジのフェルトを下にして、ひっくり返した下地のフェルトを上に重ねて切ると切りやすいです。

 

 

かぼちゃの方は、黒猫と違ってフェルトの面積が大きいので、フェルト同士を固定していません。
この方法でカットすると、こんな感じで、綺麗に同じ形にカットできました。

 

 

上の部分も綺麗にカット…。

 

 

出来なかった…。

ヘタの部分が邪魔で上手くカット出来なかったんですよね~。

新しいフェルトを切り直しても同じようなことになってしまうかもしれないし…。

 

ってことで、はみ出た白い部分を、思い切ってカットすることにしました。

 

ヘタは、後で付け足せば問題なし。

これで、かぼちゃの上の部分、下の部分の両方を切ることが出来たので、かぼちゃにジャック・オー・ランタンの顔を作っていきます。

 

ここでも写真撮るの忘れた…(ノД`)

 

とりあえず、下書きをして下書きに合わせてカットします。
写真を撮り忘れたけど、丁度良い画像があった。

 

 

目の部分を作るときは、こんな感じで折り曲げながらカットすると綺麗に切れます。

かぼちゃの顔が出来ました。

このままかぼちゃを白いフェルトに縫い合わせてしまうと、目や口も白くなってしまうので、目と口の部分だけ黒くします。
こんな感じで、黒いフェルトを用意しました。

黒フェルトを目と口の部分に置いて、縫い合わせて行きます。

 

 

表を向けるとこうなっています。

 

 

それでは、目と口の部分に黒いフェルトを縫い合わせていきます。
使ったのは、少し明るいオレンジ色。フェルトと糸の色が少し違うので、本返し縫いでミシン目のようになるように縫いました。

 

では、いよいよ白いフェルトにかぼちゃの顔を縫い合わせて完成させます!

ここは、顔の部分と同じように本返し縫いで縫い合わせます。
ヘタの部分の緑のフェルトは、ヘタの部分になる位置の白いフェルトとオレンジのフェルトの間に入れて縫います。

 

 

…。
ヘタの部分、入れるの忘れた(ノД`)

 

めっちゃ久しぶりにときメモGS2のCD聴きながらときめいてたら、いつの間にか縫っちゃっていました(ノД`)

今から、縫い目をほどくのも嫌なので、もう裏側からヘタの部分を縫っちゃいます。

 

 

表側は、縫い目の上から重ねて縫うと、違和感も出ません。

ヘタを縫って、かぼちゃの周りを全て縫い合わせると…。

 

 

完成です!

今まで作ったハロウィンのフェルトワッペンの中で1番お気に入りかもしれない(笑)。

 

ワッペン自体は、ちょっと大きくなってしまったので、何に使おうか悩み中。

まとめ

以上、ハロウィンの手作りグッズに使えそうなかぼちゃと黒猫のワッペンでした!

 

やっぱり今までのものと比べると、大きさもある分簡単にはいかなかったのですが、作るのは1番楽しかったです。
使い道はヘアゴムやヘアピンにするにしては大きさのワッペンになってしまったし、やっぱりアクセサリーかブローチかなぁ。飾り付けの飾りにするのも良いかもですね。

 

このワッペンで何を作ろうかな~。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。