ハロウィン

ハロウィンのフェルトで手作りする黒猫のワッペンの作り方

目安時間 8分

 

少し前に、ハロウィンの手作りグッズに使えるものとして、黒猫のワッペンを作りました。
その結果…。

 

 

全然かわいくない黒猫が出来上がりました。
>>ハロウィンにフェルトで作った黒猫失敗編はこちらから

 

なんとかして、もう少し使えるものを作りたい…。
と、いうことで、フェルトで作る黒猫のワッペンをリベンジすることにしました。

 

前回の失敗を踏まえた上で、ようやく成功…しませんでしたw
リベンジを失敗するという残念なクオリティとなってしまいましたw

 

真似して作れば確実に失敗するので、作り方を書くのもおかしな気もしますが、よろしければ見てやってください。

スポンサーリンク

ハロウィンにフェルトで作った黒猫のワッペンをリベンジしました

前回の失敗作の時は、どんな形にするのかをあまり考えずに、行き当たりばったりでフェルトに直接、下書きしながら猫の形や顔を考えていました。
もしかしたら、これが失敗の原因かもしれない…!

 

と、いうことで、今回はあらかじめどんな感じのものを作るのかを大雑把に考えておきました。
こんな感じかな…?

 

 

あ、間違えた。

 

こっちが本物です。

 

 

こんな感じで作ることにしました。

 

今回使うフェルトは黒と白の2色。
型紙は作らずに、フェルトに直接下書きをしていきます。

ハロウィンに黒猫のワッペンを作るときのフェルトの切り方

まずは、下地となる白いフェルトに、直接下書きしました。

 

 

まぁ、こんなもんかな。
下書きが済んだらフェルトをカットしていきます。

 

フェルトを半分に折って切ると、左右対称になって大きな歪みはなくなります。

 

 

半分に折って、カットしたフェルトはこんな形になりました。
半分に折ると左右対称になると言っても、完全に左右対称になる訳ではないので、ちょっとずつ修正しながら形を整えていきます。

 

次は、メインとなる黒色のフェルトを猫型にカットします。

このネコを作ろうと思ったときに、黒いフェルトが少なくなって来たので、100均に買いに行ったのですが、どうしてフェルトって3色組になっていることが多いんでしょうね。

 

黒だけが欲しいのに、余分な色が混ざってしまうので、同じ色がいっぱい余っちゃう。

かなり大きいもので黒一色があったのですが、過去に使ったものはすぐにボロボロになってしまったので、出来れば使いたくないし…。

 

で、唯一、黒一色でそれなりの量のフェルトがあったのが、ラメ入りだったので、今回はラメ入りの黒いフェルトを使います。
まぁ、ラメが不要だと思ったら裏側を使えば良いですしね。

 

で、このラメの入った黒いフェルトの上に白い猫を置いて、猫の形になるようにカットします。

 

 

黒いフェルトがカットできたら、白と黒の2色の猫が出来ました。

スポンサーリンク

意外とラメが馴染んだので、反対側のラメなし部分は使わない事にしました。

 

今回も、目の部分をくり抜いて、下の白いフェルトを見えるようにしたいので、目の部分を下書きします。
黒いフェルトに下書きできるように、白色のチャコペンシルも買ってきました!

 

では、猫型にカットした黒いフェルトに下書きしていきましょう!

 

 

…。
全然見えない。

 

まぁ、見えないものは仕方がないので、このままハサミを入れていきます!
なんとなく、白くなってるっぽい所をきっちゃいます。

 

 

あ、あれ…?
なんかちょっと変になってしまったけど、もう切ってしまったものはどうしようもないので、ひげの部分を糸で縫い付けます。

 

 

もう、何をやっても変になっちゃう(ノД`)

ハロウィンに黒猫のワッペンを縫うときのフェルトの縫い方

では、明らかに変になってしまいましたが、カットした猫型の白いフェルトと黒いフェルトを縫い合わせていきます。
縫い方は、本返し縫いをしましたが、黒いフェルトの上に黒い糸なので、糸目は全く見えません。なので、縫い方にはこだわらなくても良いのですが、1番丈夫に縫える縫い方として本返し縫いにしました。

 

そして、白いフェルトと黒いフェルトを縫い合わせると…。

 

 

こんな感じになりました!
白い部分がかなりはみ出しているので、下地にしたはみ出し部分をカットします。

 

さらに、目の白目の部分がかなり広くなってしまったので、白目の部分を減らすために黒目を黒い糸で刺繍のように付け足して黒目を少しだけ大きくしました。

 

 

全然猫に見えないけど…。
完成しました!

 

予定していた完成図と見比べてみると…。

/(^O^)\ナンテコッタ

 

身体から顔から、何から何まで予定していたものと違う完成度になってしまいました。

リベンジ前の黒猫と見比べてみると…。

リベンジ前の方が黒猫っぽかったかもしれない。
改めて黒猫を作り直してみて、黒猫はどう頑張ってもおかしなことになるということが分かりましたw

まとめ

以上、失敗した黒猫のワッペンをリベンジしました。

 

そして、さらに失敗しました!
ただ、上手い人が作れば、この作り方でもおかしなことにはならないんじゃないかな~と思っています。

この作り方で成功した人がいたら見てみたい(笑)。

 

この黒猫は…、人に見られる場所に使うのも微妙なので、部屋の飾り付けの飾りにでも使おうかな…。

 

出来映えはともかく、かなり楽しんで作れましたので、ハロウィングッズの手作りをもう少し続けようと思います!
次は何を作ろうかな~。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。