雨の日対策

雨の日の1歳児との遊び方とお散歩やお出かけするには?

目安時間 8分

 

皆さん、雨の日はいかがお過ごしですか?
雨が続くと外に出るのも億劫になってしまいますね。

 

しかし、小さい子供がいるとなると雨の日に引きこもってしまうと、子供が夜に寝てくれなくて困ってしまう…、なんてこともありますよね。
去年までは寝転がっていた赤ちゃんも、1歳を過ぎて歩き回るようになると家の中で刺激のある遊びをしてあげたい…。

 

この記事では、1歳のお子さんと雨の日でも遊べる部屋遊びや、雨の日の散歩、お出かけできる場所を調べてみました。

雨の日、1歳のおすすめ遊び方!

1歳児の家遊び。

 

外遊びができる晴れの日でも、数時間は家で遊ぶことになるので、家遊びがパターン化してしまって雨の日の長時間の家遊びが持たなかったりしませんか?

そこで、雨の日にできるような家遊びを紹介します。

 

後片付けが大変なものもありますが、雨の日だけの特別な遊びを作って、雨の日を楽しんでみませんか?

紙ビリビリプール

1歳のお子さんと一緒に紙をビリビリしたことはありますか?
紙の端だけ破ったものを渡してあげると上手に左右を引っ張って自分でビリビリしますよ。家の娘は1歳になってからこれができるようになりました。

 

紙が破ける音や感触が楽しいようで、何度も何度も繰り返しています。
雨の日の為に、ポストに入っていた広告を取って置いて遊んでいます。だいたい10枚くらいあれば遊べますよ。

 

新聞を取っているご家庭では、簡単に好きなだけ用意できますよね。

そして、この紙ビリビリ。

 

紙を破っただけで終わりではありません!

新生児の頃に使っていたクーファンの中に、ビリビリに破った後の紙を入れてプールにします。

 

これ、ただ紙があるだけなんですけど、すっごく遊ぶんですよ(笑)。
紙吹雪のように頭の上にハラハラ~っとかけるのが楽しいようです。

 

クーファンを使っていなかったのであれば、少し小さいですがベビーバスを使ったり、使っていない衣装ケースがあるのなら衣装ケースのケースだけを使用することもできますよ。

ペットボトルで使い捨ておもちゃ

赤ちゃんは大人だけが使っているものが大好き。

 

ペットボトルも良く目にはするのですが、実際に使う機会ってないですよね。

ペットボトルをそのまま渡しただけでも叩いて音を鳴らしたりして遊ぶのですが、中に音が鳴るようにビー玉や鈴を入れてあげるとさらに遊べるおもちゃになります。

 

ちなみに我が家にはビー玉も鈴もないので、固く丸めた紙を入れています。
ペットボトルに可愛いイラストを描いてあげるのもおすすめですよ。

 

ペットボトルがたくさんあるのなら、ペットボトルをたくさん並べてボールを使ってボーリング遊びもできますよ。
ちなみに、家の娘はまだ自分では倒せないので、わたしが倒している所を見せているだけです。

 

いつでも家にあるおもちゃとは違って、使い捨てのおもちゃはレア感があるのか単純な遊びでも意外と長い時間遊んでくれますよ♪

定番の家遊び

ボールを投げて遊んだり、教育番組や幼児教材の歌でリズム遊びをしたり。
毎日の時間潰しとしてできることはいくつかあるのですが、やっぱり長続きしないことが多いです。

 

すでにクレヨンでお絵かき遊びをできるようになっているのであれば、お絵かき遊びはかなり遊べるのですが、1歳だと口に入れてしまうということからクレヨンはまだ与えていないというご家庭も多いと思います。
ちなみに我が家ではクレヨンは与えていませんが、お絵かきボードを持っています。

 

しかし、お絵かきボード用のペンを持って歩いたり、そのまま口に入れたりが怖くてあまり遊ばせていませんね…。

積み木やパズル、粘土遊びなんかも夢中になって遊んでくれることもあるようですよ。

雨の日にもお散歩はする?

家遊びをしたとしても…。
やっぱり子供が外に行きたがって仕方ない!こうなってしまうと「せめて散歩だけでも…」という気持ちになってしまいますよね。

 

でも、1歳児との雨の日のお散歩ってどうすれば良いんでしょうか?

雨の日の外を歩くのであれば、レインコートと長靴が必要になりますよね。

 

長靴はだいたい13㎝くらいから販売されていますし、レインコートはロンパースタイプのものも販売されています。

ただ、長靴は普通の靴より歩きにくいため、雨の日にお子さんが自分で歩いてお散歩するのは、歩くことに慣れてからです。

 

レインコートはフードの部分にツバがついているものもありますが、雨がたくさん頭にかかるとしずくが顔に落ちてしまうこともあります。
雨の日にレインコートと長靴でお出かけするのであれば、雨が弱い日限定になりそうですね。

 

まだ抱っこ紐を使えるのであれば、歩くことにこだわらず抱っこ紐を使用して傘をさすという方法が良いと思います。
雨に濡れやすい足下にレッグウォーマーをつけてあげるなどの対策をしてくださいね。

 

ベビーカーにレインカバーという方法もありますが、お母さんの片手が傘で塞がり、片手でベビーカーを押すことになるので、かなり押しにくいです。

雨の日にお出かけしやすい場所はここです!

いくら家で遊んでも…、軽く散歩に行ったとしても…。
連日雨が続いてしまうと、子供の元気が有り余って寝かしつけが毎日大変…!ということになってしまうことも。

 

雨が続いた日は、子育て支援センターなど市の無料施設を利用するという方もいると思います。
しかし、こういった施設って雨の日は普段利用していないという方も利用する事になるので、いっぱいなことが多いんですよね。

 

さらには場所によっては常連さんたちがグループ化してしまっていて入りづらい状態になっているということも。

こういう場合は、この時期だけだと思って室内公園やボールプールなどの施設を利用してみてはいかがですか?

 

施設の広さにこだわらなくても、スーパー内の小さな施設でも十分刺激になりますよ。
さらに、スーパー内の施設の良いところは、雨の日のスーパーは人が少ないので無料施設と違って雨の日ほど空いている可能性があるということです。

 

今まで利用したことのない方も、ちょっと奮発してお出かけしてみるのはいかがですか?

まとめ

以上、雨の日の遊び方やお出かけ・お散歩についてでした。
雨の日は、身体もだるくなってしまって家から出るのも嫌になってしまいますが、お子さんと一緒に乗り切りましょうね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。