ハロウィン

ハロウィンにフェルトで手作りできるコウモリのワッペンの作り方

目安時間 8分

 

ハロウィンにフェルトで手作りグッズを作るときに、作っておくと何かと便利なのがフェルトで作ったワッペンです。
わたしは去年のハロウィンにワッペンをいくつか作ったのですが、全て使い切るほど使い勝手がありました。

 

前回は、ハロウィンらしい動物として、黒猫の作り方を紹介しました。
>>黒猫のワッペンの作り方はこちらから

ハロウィンらしい動物は、黒猫の他にもう1つありますよね。

 

それが、コウモリ!

コウモリのワッペンは、かなりハロウィンらしさが出ます!

むしろ、コウモリのマスコットってハロウィンの時にしか使わないくらいですよね。

 

この記事では、ハロウィンの手作りグッズに使えるコウモリのワッペンの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンにフェルトでコウモリのワッペンを作るときに必要なものは?

ハロウィンの手作りグッズに使えるワッペンを作るのに必要なものを紹介します。

コウモリだと、シルエットイラストが一番しっくりくるので、黒一色にしても良いのですが、ワッペンの厚みを付けるために、2枚のフェルトを重ね合わせるとこになるので、せっかくなら別の色を使ってしまおうと思います。

 

なので、今回フェルトで作るコウモリのワッペンは、元々は黄色と黒の2種類のフェルトを使う予定だったのですが、いかんせん、ハロウィンのグッズを作っていると、黒や黄色のフェルトがすぐになくなってしまうんですよね。
で、もうすぐ黒のフェルトがなくなってしまいそうなので、今回は、紫と白のフェルトを使います。

 

フェルト以外は、普段使っている裁縫道具を使いました。だいたい、針・糸・ハサミがあればOKです。

ハロウィンにコウモリのワッペンを作るときのフェルトの切り方

わたしはいつも、今作っているような小さいワッペンを作るときは、型紙を使わず、フェルトに直接下書きします。
コウモリは、紫のフェルトを使って作るのですが、わたしが持っているチャコペンが紫色で、下書きが見えなくなってしまうので、ベースになる白色のフェルトに下書きをして、コウモリの形を作ります。

 

今回作るコウモリも、かなりアバウトに下書きしました。

 

 

コウモリなのかどうかすらわからないレベル(笑)。めっちゃ簡単に描きました。
でも、なんとなく、ワッペンの大きさと、コウモリの羽の長さなんかが分かっていればOKです。

 

次に、フェルトを半分に折って、コウモリの形になるようにカットしていきます。

 

 

こんな形になればだいたいコウモリっぽくなります。
下書きに合わせたのは、羽の長さと耳の位置だけ。後は、コウモリの形をイメージしながらフェルトを切っていきました。

 

そして、カットできたコウモリの形を広げるとこんな感じになっています。

 

 

色が白なので、あまりコウモリっぽくありませんが、これでOK。
本当は、もう少し耳の位置を近くにしたかったのですが、これ以上手を加えるとおかしなことになるのが目に見えていたので、余計な手は入れないことにしました。

 

次は、白いコウモリの形を元に、紫色のフェルトをカットしていきます。
紫のフェルトの上に、先ほどカットし白いコウモリを重ねます。

 

 

紫のフェルトはこの形にカットすればOK。
フェルト同士が動かないようにまち針で固定しても良いのですが、フェルト同士だと普通に重ねるだけでも大丈夫です。

スポンサーリンク

と、いうか、小さいワッペンだとまち針を付けると針が指に刺さりやすいので、まち針がない方が切りやすいです。

 

白いコウモリと重ねて、紫のフェルトがカットできたら、白いコウモリと紫のコウモリの2匹になりました。

 

メインとなる紫のコウモリの方にだけ、顔を作ります。

顔と言っても、目を入れようとすると、かなり細かくなってしまうので、口の部分をカットするだけです。

 

紫のコウモリを半分に折って、ハサミを入れていきます。
この部分の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、このハロウィンのかぼちゃの目の部分を同じような切り方です。

 


>>ハロウィンのかぼちゃのワッペンの作り方はこちらから

 

口の形がカットできたら、こんな感じになりました。

 

 

次は、カットしたフェルト同士を縫い合わせてワッペンを完成させます。

ハロウィンにフェルトで作るコウモリのワッペンを縫って完成させる

では、紫のコウモリと白いコウモリを縫い合わせます。
まずは、白いコウモリの上に紫のコウモリを重ねて…。

 

 

この状態になるように縫い合わせます。
今回作ったコウモリのワッペンは、黒い糸を使いました。

家にあった紫色の糸は、薄紫色で白に近い色だったため、黒の方が今回作ったコウモリのフェルトの色に近いと思ったからです。
コウモリも、わたしの好きな本返し縫いで縫い合わせました。

 

あ、あれ…?
なんか変になったぞ…。

 

これは、もしかしなくても、糸で縫わずに手芸用の接着剤を使って貼り合わせた方が綺麗になったかもしれない…。
まぁ、縫ってしまった糸を今からほどくのも面倒なので、これでいっか。

 

このままでは、下の白いフェルトがはみ出てしまっているので、はみ出している部分をカットして完成です!

完成した後から気がついた。
透明の糸があったことを…。

 

おそらく透明と糸やフェルトの色に合った糸を使っていれば、ここまで変にはなっていなかったかもしれない…。

でも、とりあえず、コウモリのワッペンも完成です!

まとめ

以上、ハロウィンの手作りグッズに使えるコウモリのワッペンを作ってみました。

 

フェルトで作ったワッペンは、大きさを変えてたくさん作ると、飾り付けの飾りになったり、ヘアアクセサリーのワンポイントになったりと、とにかくいろんなものに使えます。
黒猫とコウモリ、続けてワッペンの失敗作が続いてしまったので、次こそは失敗せずにもう1つくらいハロウィンのワッペンを作りたいです。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。