ハロウィン

ハロウィンにフェルトで手作りするおばけワッペンの作り方

目安時間 6分

ハロウィンにフェルトで何か作りたい!
…その、「何か」ってだいたいカボチャかオバケではないですか?

わたしも、ハロウィングッズを作ろうと思ったときは、かぼちゃかおばけのグッズを作ることが多いです。
ハロウィングッズであれば、かぼちゃかお化けを作っておけば、それなりのハロウィングッズが出来ますからね。

前回は、ハロウィングッズとして使い勝手のいい、かぼちゃのワッペンの作り方を紹介しました。
>>フェルトで出来るハロウィンのかぼちゃワッペンの作り方はこちらから

ので。今回は、かぼちゃのワッペンと一緒に使うとさらにハロウィンらしさの出る、おばけのワッペンの作り方を紹介します!

スポンサーリンク
  

ハロウィンにフェルトで手作りできるおばけのワッペンに必要なもの

フェルトで作るワッペンに必要なものは、白いフェルトと黒いフェルト。

後は、普段使っている裁縫道具があればOKです。

いくつか作りたいので、おばけの色を白だけではなく、いろんな色を作りたいという方は、薄い紫・薄い水色・薄い緑がおすすめ。
薄い色というのは、白が多く入った色ということです。

薄いピンクやオレンジを使っても可愛いおばけが出来るのですが、違和感なくおばけらしくなるのは寒色系の色です。
では、まずは、おばけのワッペンを作るためにフェルトを切っていきます。

ハロウィンに手作りできるおばけワッペンのフェルトの切り方

では、フェルトを切る前に、カットする形に下書きしていきます。

白いフェルトに、おばけの形を描きます。
漫画の吹き出しを縦長にしたようなイメージで…。

白いフェルトを、下書きした通りにカットします。
カットできたフェルトは、下書きした側が裏面となります。

次は、この白いおばけの形になったフェルトを、黒いフェルトの上に重ねて、黒いフェルトをおばけ型にカットしていきます。

まち針で、動かないように固定しても良いのですが、フェルト同士だとそんなにズレることもないので、わたしはまち針を使わずに、そのまま重ねてカットしています。
そして、カットした白いおばけと黒いおばけがこちら!

……。
すみません、写真を撮るのを忘れました(´・ω・`)
まぁ、同じ形の白いフェルトと黒いフェルトが出来ているだけなので、別に写真がなくてもいっか♪

では、白いおばけ型のフェルトの顔を作っていきます。
おばけの顔はこんな感じにしました。

少し前に紹介した、簡単に描けるおばけの描き方で描いたオバケとは違って目や口を大きめにしました。
>>簡単に描けるオバケの描き方はこちらから

スポンサーリンク

これは、目や口が小さいと、フェルトを切る・縫うがかなり難しくなってしまうからです。
目を丸にしてしまうと、カットするのが難しくなるんですよね。そもそも、フェルトで綺麗に丸形に切るのってかなり難しい。

では、顔の部分をカットしてオバケの顔を作っていきます。

最初は、折り曲げて切り込みを入れます。

そして、はさみの先が入る位の大きさになったら、切り込みの中にハサミを入れて、下書きの形にカットしていきます。

かなりチマチマした作業になりますが、カットする部分がそんなに多くないので、それほど時間もかかりませんでした。

そして、チマチマして出来上がったオバケの顔がこちら。

顔つきの白いおばけと、黒いオバケのシルエットの2つになりました。
次は、この2つを重ねてワッペンにしていきます!

ハロウィンに手縫いできるおばけワッペンのフェルトの縫い方

先ほどカットした2つのオバケ型のフェルトを重ねてワッペンにしていきます。
黒いオバケの上に顔のついた白いおばけを重ねます。

こうするとオバケの顔がくっきり分かるようになりました。

これから針を入れるのですが、糸を通すとかなりの手縫い感が出来てしまいます。
あまり手縫い感を出したくないという方は、この状態で、手芸用の接着剤で貼り付ければ完成です。

針を入れると、思ったよりも小さくなってしまったり、微妙に顔が歪んでしまったりということもありますので、カットした状態が気に入っているというのであれば、手縫いにせずに裁縫用のボンドなんかを使った方が綺麗に仕上がりますよ。

わたしは、手縫い感のあるマスコットを作るのが好きなので、針を入れて手縫い感のあるワッペンを作って行きます。

身体の輪郭や、顔の周りを本返し縫いで縫っていきます。
本返し縫いとは、ひと針入れたら入れた分だけ返して、針目の間を空けずに縫う縫い方です。

本返し縫いは、手縫いの中でも1番ミシンを使ったような仕上がりになりますし、丈夫に縫える額田です。
>>本返し縫いの詳しいやり方はこちらから

そして、本返し縫いで周りを縫った、おばけがこちら。

これで、ハロウィングッズに使えるおばけワッペンの完成です!
白と黒を使ったシンプルな仕上がりになりました。

まとめ

以上、ハロウィンの手作りグッズに使えるフェルトを使ったおばけのワッペンの作り方でした。

白と黒だけを使ったモノトーンカラーですので、色のついたものに違和感なく付けることが出来ます。
裏側に安全ピンを付けて、ハロウィン期間だけ鞄や筆箱に付けるというのも良いですね~。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。