手芸・工作

本返し縫いの縫い方と縫い始めや一本取りと二本取りの違いは?

目安時間 8分

 

最近、裁縫を始めた方で、まだミシンを持っていないので、手縫いで手芸をしているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。
わたしは、少し前までミシンを使って裁縫をしていたのですが、娘が生まれてからは、ミシンを使わなくなりました。

 

ミシンって、出したり片付けたりが結構面倒なんですよね。
しかも、わたしの場合は、娘が寝ている時にしかミシンを出すことが出来ないのですが、ミシンの音で娘が目覚めてしまうということもあり、ミシンを使う事が全くなくなりました。

 

で、ミシンを使わないとなると、手縫いで手芸をすることになるのですが、手縫いでミシンに近い仕上がりになる縫い方が本返し縫いです。
本返し縫いは、仕上がった後の布を表から見ると、ミシンの糸目のように見える縫い方で、丈夫に縫えるため裾上げなんかにも使える縫い方です。

 

この記事では、手縫いで手芸をする時に、丈夫に縫える本返し縫いの縫い方を説明します。

本返し縫いの縫い方は?

では、早速本返し縫いのやり方を紹介します。

 

本返し縫いは、名前の通りひと針入れたら入れた分だけ返して、針目の間を空けずに縫う縫い方です。

では、画像を使って本返し縫いの説明をします。

 

本返し縫いは、ひと針縫ったらひと針分戻る縫い方です。針を通すイメージをイラストで描くと、こんな感じです。

スタートした場所のひと針分後から初めて、ひと針分、元に戻っています。
イラストだけでは、少し分かりづらいかと思ったので、次は実践していきます。

 

まずは、ひと針目のスタートしたい場所から、ひと針分進めた所に針を入れます。

 

 

横から見るとこんな感じです。

 

 

最初に通した糸は、最後まで通してしまいます。
後ろから見たら縫い始めはこの位置になっています。ひと針分余裕のある位置ですね。

 

 

次は、前に進めるのではなく、ひと針分戻ります。
表から見ると、一つ前に戻して…。

 

 

糸を引いて、針目が一つ出来ました。

 

 

裏返すとこうなっています。

 

 

二針目からスタート地点にたどり着くという感じですね。

次は表に戻して、先ほどの手順で、ひと針分先の部分に針を刺します。

 

 

このまま糸を引っ張って、最初と同じように、ひと針分元に戻します。

ひと針分先に針を刺して、ひと針分戻る。ひと針分先に針を刺して、ひと針分戻る…。

 

これを繰り返していくと…。

 

 

こんな感じに仕上がります!
縫い終わりは、普通に玉留めして終了です。

 

どうでしょう。ミシンで縫ったように…とまではいかないとしても、手縫いとしては綺麗な仕上がりになったと思いませんか。

 

わたしは、裁縫をする時、基本的に本返し縫いが多いです。
ミシンを使わなくてもそれなりの仕上がりになるので、かなり使える縫い方ですよ!

本返し縫いの縫い始めを失敗してしまったら?

本返し縫いをしていると、必ずしてしまう失敗は…。
縫い始めをいつもの癖で、ひと針分空けずにそのまま通してしまった!というミスです。

 

まぁ、縫い始めなら玉留めした部分を切ってしまって、ひと針分戻した部分に縫い始めを作り直すということをしても、それほどの手間にはならないのですが…。
わたしは、その縫い始めを作り直すという作業が面倒なので、こんな風にしています。

 

たとえば、ひと針分空けるのを忘れて、この位置に間違って、ひと針目を入れてしまった場合。

 

 

次の針は、普通に次の針を通してしまいます。
返し縫いを意識せずに、普通に次の針を通すと、針目はこんな感じになりますよね。

 

 

そしたら、次から返し縫いスタート。
最初に説明した本返し縫いと同じ手順で、裏側から一つ先に針を通します。

 

 

そのまま、ひと針分返す。
を、繰り返すと…。

 

 

こんな感じになります。
最初に失敗した、縫い始めなんて全くわからないですよね。

 

縫い始めを間違えたけど、やり直すのは面倒…というときは、この方法を使うと便利ですよ!

本返し縫いは一本取りと二本取りのどちらがいい?

手縫いで針と糸を通すときは、一本取りと二本取りがあります。
一本取りは、針に糸を通したあと、長く残っている部分にだけ玉結びして、1本の糸で縫う縫い方です。

手縫いする時は、この一本取りを使うひとが多いです。

二本取りは、針に糸を通した後、片方の糸を長く残さず、両方同じ長さにして左右の糸を玉結びして2本の糸で縫う縫い方です。

ボタンを付ける時なんかは、二本取りが良く使われます。

で、本返し縫いは、一本取りが良いのか、二本取りが良いのかについてなのですが…。

 

正直どっちでも良いです。

 

一般的には、一本取りを使うというひとが断然多く、一本取りは、縫い目が目立ちにくいというメリットがあります。
が、一本取りだと、縫っている最中に糸が針から抜けてしまうというデメリットがあり、わたしはこの針から糸が抜けてしまうのがどうしても面倒で二本取りをしています。

 

二本取りで本返し縫いをすると、確かにステッチが目立つ仕上がりになってしまいますが、手縫い感のある仕上がりになるというのは、手縫いだからこそ出せる味だと思って二本取りでステッチをくっきり見せています。

 

一本取りにするか二本取りにするかは、「お好みで」ってところですね。

まとめ

以上、本返し縫いの縫い方についてでした。

 

わたしのブログの中で、裁縫をした時は、だいたい本返し縫いを使っていると思います。

やり方を覚えておいても、絶対に損はない縫い方ですよ。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。