雨の日対策

雨の日は洗濯物が乾かないので部屋干しの場所や臭い対策

目安時間 9分

雨の日、とくに梅雨で雨が続くと、困るもの…。
それは、洗濯物ではないですか?

 

晴れた日にまとめて洗濯しようとしても、雨が続くとどうしようもないんですよね。
雨の日に効率よく洗濯を乾かす方法はないのでしょうか?

 

この記事では、雨の日の洗濯物の乾かし方、室内干しにおすすめの場所、部屋干しした際に気になる臭いの対策について調べてみました。

梅雨に洗濯物が乾かない!早く乾かすには?

雨の日が続くと本当に洗濯物が乾かないですよね。

家では洗濯をするペースは2日に1回なのですが、雨の日が続くと洗濯物を家で干すことになるので、スペースの問題で毎日洗濯機を回すことになります。

 

しかし、雨の日ってバスタオルやフード付きのパーカーなんかは1日で乾かないこともあって、次の日に持ち越すことになる場合もあるんですよね。
スペースがないから毎日洗濯してるのに…。なんとかして早く乾かす方法はないのでしょうか?

扇風機、エアコンの風で乾かす

おそらく1番多く使われている方法ではないでしょうか。洗濯物を早く乾かす方法は、風を送ることです。
梅雨の時期になると扇風機を用意するご家庭も多くなるので、家に干した洗濯物に扇風機で風を送るという方法を使われることが多いですよね。

 

わたしも去年まではこの方法でした。
しかし。

 

去年のこの時期は転がっているだけだった娘が、今年は1歳になり歩き回っては興味のあるものを触りまくります。
なので、扇風機は危なっかしくて使えません。

 

こういうときは、電気代が気になりますがエアコンを使うしかないですね。
エアコンの除湿や洗濯乾燥モードで洗濯物に風を当てて乾きを早くします。

洗濯機の脱水で水分を減らしておく

先ほどは、風を送ることで早く乾かすという方法でしたが、次は乾かす前の洗濯物の水分をあらかじめ減らしておくという方法です。

わたしが使用している洗濯機は、脱水の初期設定が7分なので、いつも脱水は7分なのですが、雨の日は12分に設定しています。

 

洗濯機が終わったあとは、脱水だけさらに12分して水分をできるだけ多く減らすようにしています。
脱水の時間を長く、できれば2回脱水することで、水分がかなり減らすことができますよ。

 

さらに、もう1つのコツは2度目の脱水の際に乾いたバスタオルを入れる事です。
濡れた洗濯物の水分が乾いたバスタオルに移るので、水分を多く減らすことができます。

 

部屋干しなのにバスタオルが1枚増えてしまうと困ることもあるので、洗濯物がすっごく少ない時にしか使わない方法ですけどね。

ちなみに、わたしは1度だけ洗濯機の機能で送風乾燥というコースを使ったことがあります。

 

実際に風が送られているのかは目に見えないのでわからないのですが、3時間脱水と似たような状態で洗濯機が動いているコースでした。

3時間も洗濯機を回したのだからほぼ乾いている状態になることを期待したのですが、実はそれほど乾くわけではなく、湿った状態です。

 

正直3時間も待った甲斐はなかったな…と。
なので、送風乾燥を3時間するのなら、脱水を1回多くして早めにエアコンや扇風機で風を当てた方が効率よく乾かすことができます。

干す時に洗濯物の隙間を空ける

次は、干すときのコツです。

洗濯物は干す隙間を大きく開ける方が早く乾きます。

 

だいたい間隔は、間にもう1つ洗濯物を入れられるくらい開けておくのがおすすめです。
大きい洗濯物と小さい洗濯物を交互に並べて干すという方法もあります。これによって乾きにくい大きな洗濯物の間隔が空くので乾きが早くなります。

 

そして、乾きにくいフード付きパーカーの乾かし方についてです。
簡単な方法は、フード付きの服はハンガーに掛けずピンチハンガーに逆さまに干すようにすることです。

 

ピンチハンガーと聞いて「?」となりました?二つ折りにできて洗濯ばさみがたくさんついているアレのことです。わたしもこの記事を書くために調べて知りました(笑)。
他には、フードを広げて洗濯ばさみで固定したり、フード専用のハンガーもあります。

 

フード付きの服と同じくらい乾きにくい物がバスタオル。
これも、専用のハンガーを2つ使って広げたり、ピンチハンガーに広げて掛けたりと、重なっている部分が乾きにくいのでとにかく「広げる」を意識すると早く乾きますよ。

 

「広げる」が早く乾くポイントは、服も同じです。
なので、服と服の間を広げて隙間ができるように太いハンガーを使うと、少しだけ乾きが早くなります。

梅雨の洗濯物、部屋干しするならここ!

雨が続く時期は、洗濯を部屋干しすることになりますよね。
1度だけ「雨の日でも屋根があるからベランダに干しても乾くかな?」と雨の日に外干ししたことがありますが、これは全然乾きません(笑)。

 

湿気があるから当然と言えば当然なのですが、この時のわたしは何故か「風が吹いてるし乾きそう」と思ってしまいました(笑)。

では、部屋干しするとなると1番乾きやすい場所はどこなのでしょうか?

 

洗濯物を乾かすのに1番おすすめの場所はお風呂場です。
お風呂場なので、部屋干しというよりは家干しですね。

 

お風呂場は、元々湿気のあることが前提なので、湿気が取れるように作られています
換気扇の下に突っ張り棒を張ってしまえば簡単に洗濯物が掛けられるようになりますよ。

 

お風呂場よりも部屋に干したいという方は、できるだけ窓から離れた場所に部屋干し用の物干しを置いて、扇風機やエアコンの風を当るといいですよ。
簡単にハンガーが引っかけられるカーテンレールに干したくなりますが、雨の日は窓の近くは湿気が強いためおすすめできません。

 

ちなみに、我が家では部屋干し用の物干しを部屋に置くと、娘が遊んでしまうので乾きが遅くなると分かっていながらもカーテンレールに引っかけています。
エアコンの下のカーテンレールだけに引っかけて、昼でもカーテンを閉めることで対策しています。

 

窓から離れた位置に突っ張り棒を張るという方法も考えたのですが、エアコンのあたる位置を考えるとテレビの邪魔になったりするので、娘が小さい内は仕方ないかなと思っています。

梅雨の洗濯物、気になる臭いを解消!

洗濯物を部屋で乾かしていると、ちょっと臭いが気になる…ということはありませんか?
部屋干しすると洗濯物が臭うようになるのは、洗濯物の乾きが遅いことによって雑菌が繁殖してしまうためです。

 

なので、洗濯物を一刻も早く乾かしてしまうことで解決します。上に書いた方法を使ってできるだけ早く洗濯物を乾かしてくださいね。

 

その他にできる対策は

つけ置きして雑菌を減らしておく
乾燥機を使う
部屋干し専用の洗剤を使う

 

などの方法もあります。

 

早く乾かすように努めても臭いが残ってしまう、というのであればこれらの方法も試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

以上、梅雨時にできる雨の日の洗濯物の乾かし方についてでした。

 

雨の日は洗濯をするのも嫌になりますが、この季節だけの我慢です。

上に書いた方法も試してみてくださいね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。