ハロウィン

ハロウィンカードのデザイン例と背景の描き方や素材の使い方

目安時間 8分

 

ハロウィンの準備はお済でしょうか?
今年のハロウィンは、メッセージカードを手作りするという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

わたしもせっかくだから、ハロウィン用のカードを作ってみたいな、と思っています。
で、カードを作るとなると、まずはカードのデザインをしなくてはいけないですよね。

 

そこで、この記事ではカードのデザインを考えてみました。
ところで、ハロウィンのカードっていつ頃用意するのが正解なんでしょうね。

スポンサーリンク

ハロウィンのメッセージカードを作るときのデザイン例を作りました

ハロウィンのメッセージカードによく使われるイラストといったらかぼちゃのランタン。
他にも、オバケや黒猫のイラストを使ったハロウィンのメッセージカードをよく見かけますよね。

 

でも。
今回わたしが考えたハロウィンカードのデザインには、カボチャもおばけも描きません!

 

シルエットイラストだけでシンプルにシックなイメージのメッセージカードにしました。

シンプルで、それでいて一目でハロウィンのカードだということが分かるように。大人の人にも、渡せる様なメッセージカードのデザインを目指しました!

 

では、ハロウィンカードを作っていきます!

使用したペイントソフトはSAIです。

ハロウィンのカードの背景はこうやって作る!

メッセージカードを作るときは、まずはメインのイラストよりも先に背景を描きます。
これは、パソコンで描いたデジタルイラストの場合のみで、手描きの時は先にメインを描いてから背景の色を塗っていきます。

 

今回はパソコンで描くので、まずはパソコンで作る背景の描き方を紹介します。

では、まずは背景の色から。

 

背景の色はハロウィンらしく、オレンジと紫を使います。

上から、紫・薄紫・オレンジの順に色を置いていきます。

 

 

この3色をぼかして、滑らかなグラデーションを作っていきます。グラデーションの作り方は意外と簡単。
色をぼかすときに、キャンバスの半分くらいの大きさのめちゃくちゃデカいぼかしツールを使うと自然にぼかせます。

 

もし、この作業を手書きでする人がいらっしゃいましたら、色鉛筆がおすすめ。
色鉛筆を使う時は、薄紫は必要ないので、紫とオレンジの交わるあたりで2つの色を薄くしながら混ざるように描いていくと自然なグラデーションになります。
今、手元に色鉛筆がないから例が描けないんですよね…、色鉛筆買いに行こうかな…(´・ω・`)

 

 

次は、真ん中あたりに大きな月を描きます。
ここがメッセージを書く部分となります。

 

わたしが使っているペイントツールはSAIなのですが、SAIには円を描くツールがありません。
なので、円を描くときはいつも、Photoshopで作った丸を素材として使用しています。

丸の素材を1つ作っておくと、丸を描きたいときに素材からコピーして貼り付けるだけなので、何かと便利です。

 

SAIを使っている方で、Photoshopを持っていないという方はよろしければ、わたしが普段から使っている丸をどうぞ。ご自由に使ってくださいね~。

 

 

真ん中に丸を描いて、丸を黄色に塗りつぶしたら、不透明度を85%まで下げて背景の色になじませます。

 

スポンサーリンク

 

これで背景は完成!
描いてみると簡単です!

ハロウィンのカードの素材はこうやって使う!

背景が描けたら、次はメインとなるイラストを描きます。
描くといっても、わたしが自分で作った素材を使用するだけです。

 

こちらで使用する素材は、簡単に描けるハロウィンイラストのまとめの記事で配布したフリー素材です。
興味のある方は、ハロウィンイラストのまとめの記事からご自由にお持ち帰りください。

>>ハロウィンのフリー素材はこちらの記事から

 

まず、シルエットイラストに合うように、イラストの下の部分を黒くします。
まっすぐ描くよりは、少し歪みをつけて低い山がいくつかあるように描いた方がしっくりきます。

 

 

下の部分が黒くなったら、次は素材のシルエットイラストの中から、木やお家を選んで貼っていきます。
真ん中に満月を描くと、両端あたりが寂しくなるので、両端に大きめのシルエットを選んでおいた方が綺麗にまとまります。

 

 

家やお城の窓に光を入れます。
明るい黄色がおすすめ。

 

 

これで完成!…に、しようと思ったのですが。

 

やっぱりこれだけでは少し寂しいので、英語で「HappyHalloween」の文字を入れます。英語を文字を加えるだけでちょっとおしゃれに見えますよね。

ついでにワンポイントになるコウモリもつけ足して…。

 

 

完成しました!

シックにまとめたハロウィンのメッセージカードです。

 

A4用紙で印刷するとちょうどいい大きさになるテンプレートを作りました。

 

 

無料素材と同様、右クリックから「名前を付けて画像を保存」から、どうぞご自由にダウンロードしてお使いください。
B5用紙で印刷しても大丈夫ですが、名刺くらいの大きさになってしまうためメッセージを書くスペースがかなり小さくなってしまいますのでご注意を。

 

無料で印刷できるハロウィンのメッセージカードをお探しの方がいらっしゃいましたら、ご自由にお持ちかえりくださいね。

 

このデザインならモノクロにしても綺麗かもしれない…。

 

 

と、思ったけどちょっと暗すぎますね。
やっぱりカラーがおすすめ。

まとめ

以上、当ブログで配布したハロウィン用のフリー素材を使ったメッセージカードのデザインを考えてみました。

 

メッセージカードをたくさん用意したいという場合は、やっぱりパソコンで描いてしまうのが便利ですよね。
手描きでカードを作る方にとっては、デザインの作り方だけでも参考にしていただけたら嬉しいです。

 

子供と一緒にカードを作っても楽しそうですよね!

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。