母の日

母の日の熨斗の書き方や種類とメッセージカードはつける?

目安時間 6分

 

5月の第2日曜日は母の日!
皆さん、プレゼントは何にするか決まりましたか?

 

母の日のプレゼントが決まったなら、気になるのがプレゼントの包装です。
だいたいは購入先で用意してくれることが多いのですが、手作りの物やいくつかのプレゼントを自分でまとめて放送する方もいらっしゃいますよね。

 

と、なると。
包装したプレゼントには熨斗をつけた方がいいのか…?

 

この記事では母の日のプレゼントに掛ける熨斗について調べてみました。

母の日の熨斗(のし)の書き方は?

母の日のプレゼントとなると、リボン包装やデザインラッピングされた商品を購入することが多いので、熨斗の表書きはどんな風に書けば良いのかピンと来ないですよね。

 

ちなみに、わたしは比較的熨斗を扱うことが多い百貨店のお菓子売り場で働いていたのですが、母の日のプレゼントは熨斗をつける人よりデザインラッピングの商品を購入する人の方が多かったです。

 

しかし、これまでは特に熨斗を使わなかったという方も、今年はプレゼントに熨斗紙を使ってみるのはいかがでしょうか?
では、熨斗を使うときのために熨斗の書き方を紹介します。

表書きの言葉

母の日の表書きの言葉として多く使われている言葉は「母の日御祝」です。
わたしが働いていた百貨店では、「母の日用の熨斗」と注文すればこの言葉をおすすめしていました。

 

「感謝を伝える」という意味では、「御礼」という言葉を熨斗の表書きにすることもありますが、母の日のプレゼントの場合は滅多に使われません。

母の日の熨斗は、表書きの言葉が特に決まっていないので、

おかあさんありがとう
感謝をこめて
いつもありがとう

 

など、柔らかい言葉で感謝を伝えるもの良いと思います。

表書きの名前

次は表書きの名前です。
熨斗の名前は、必ず書かなくてはいけないと決まっている訳ではなく、書かなかったからといって特に失礼となるわけでもありません。

 

ただ、同じ日にたくさんプレゼントを受け取る場合は、誰からの贈り物なのかが分からなくなってしまう可能性があるため、それなりの配慮として名前は記入した方が良さそうです。
母の日の場合は、相手が身内であることや手渡しすることも多いので、特に必要ということはありません。

 

名前を記入する場合の書き方は、身内であることを考えると下の名前だけでかまいません。
夫婦連名の場合は、右側に夫の名前、左側に妻の名前を記入します。送り主と名字の違う妻側のお母さんに贈る場合は、名字を記入することも。

母の日の熨斗(のし)の種類は?

では、次は使用する熨斗の種類です。
熨斗の種類というよりは、水引の種類と熨斗の有無ですね。

 

熨斗紙事態を「熨斗」と言われることが増えていますが、正しくは熨斗紙の右上にある飾りを熨斗、熨斗紙にプレゼントの包み紙に掛けられた飾り紐のことを水引といいます。
どのような目的で熨斗紙を使用するかによって、熨斗の有無や水引の種類が変わって来ます。

 

母の日の場合は、普通のお祝い事と同じで熨斗あり・水引は紅白の5本蝶結びを選んでください。

イラストでは1本の太い紐になっていますが、この紐を細い紐を5本結んでいる物と考えてください。

 

似たような水引で蝶結びではなく、結び切りのものがあります。
間違いやすいですが、この水引はお見舞いのお返しなどで使われるものなので間違いがないように注意してくださいね。

母の日の熨斗(のし)とメッセージカード

プレゼントに熨斗をつける場合、メッセージカードをつける人はあまりいませんが、熨斗+メッセージカードがマナー違反という訳ではありません。
おそらく表書きの言葉で十分と考える方が多いだけです。

 

なので、「熨斗をつけたからメッセージカードは変かな?」というのは、気にせずメッセージを贈ってくださいね。
百貨店などの購入先で熨斗を用意してもらう場合でも、メッセージカードを持って行くと一緒に包装して貰えることが多いです。これは店舗によると思いますので店舗で確認してくださいね。

 

もちろんここまで読んで、「やっぱり熨斗はいらないかな…」と感じた方は、リボン包装にメッセージカードなんかもいいと思いますよ。
むしろ、リボン包装+メッセージカードの方がしっくりくるような気がします。

メッセージの内容は、「いつもありがとう」などありきたりかな?と思うようなメッセージでも十分気持ちは伝わります。

 

今までは、メッセージカードは用意しなかったという方も、今年はメッセージを書いてみるのはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしょう、母の日のプレゼントの包装は決まりそうですか?

 

今年は熨斗で包装しようと考えた方の参考にして頂ければ嬉しいです。もちろんリボン包装も可愛いので、熨斗はやめて可愛く包装したプレゼントを用意するのもいいと思いますよ♪

母の日のプレゼントに熨斗は絶対に必要ということもないので、あなたとお母さんに合った方法でプレゼントを用意してくださいね。

 

お母さんに喜んで貰えますように!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。