ハロウィン

ハロウィンのイラストのワンポイントになるリボンと帽子の簡単な描き方

目安時間 8分

 

ハロウィンのイラストを描いて、完成品を見たときに…。
なんかちょっとだけ物足りないかも…、もしくはハロウィンらしさが足りないかも…と思った時。

 

わたしは、簡単に描けるワンポイントになるイラストを描きたします。
新しくキャラクターや背景を凝ったりするのは面倒ですしね。

 

なので、この記事では、簡単に描けてハロウィンらしくなるワンポイントイラストを描きます。
ハロウィンイラストが物足りなかった時の仕上げに便利ですよ。

ハロウィンのイラストにワンポイントとしてアクセサリーを!

ハロウィン用に描いたイラストが物足りないので、何か描きたしたいと思った時にワンポイントイラストを描くのですが、ワンポインになるイラストで時間もかけたくなんですよね。
そこで、簡単に描けるもの…と考えると、1番手っ取り早いのは、アクセサリーになるものを描いて、イラストのメインとなっているカボチャやおばけのキャラクターにつけてしまうことです。

 

アクセサリーに、ハロウィンらしさを出したいときはハロウィンカラーのオレンジや紫を使うだけなので、そんなに難しいものを描く必要もありません。
なので、簡単に簡単に描けてハロウィンらしくなりそうなアクセサリーを2つ描きました。

 

1つ目は、キャラクターイラストの頭につけるとアクセサリーとして使えて、首につけると蝶ネクタイとして使えるリボン。
2つ目は、ハロウィンらしさ満載のとんがり帽子を描きます。

両方ともハロウィンにぴったりなワンポイントになりますよ。

ハロウィンに簡単に描けるリボンの描き方

まずは、ハロウィンのイラストのワンポイントとして使えるリボンの書き方を紹介します。
いや、これ、描き方の説明をする意味があるのかと思うくらい普通にリボンを描くだけなのですが…。

 

とりあえず、色塗りがポイントということで、描き方から説明していきます!

 

 

①・真ん中に縦長の四角、その両隣に丸みを帯びた三角のような形を描いてリボンを描きます。
リボンをつけたキャラクターは大抵この形のリボンをしているのではないでしょうか。

 

 

②・①のままでの十分りぼんの形になっているのですが、色を塗る範囲が狭いとハロウィンカラーにするのが難しくなるので、リボンの下の部分を描きます。
下の部分は長くなりすぎると、アクセサリーじゃなくてプレゼントのリボンっぽくなるので短めに。

 

 

③・リボンの形ができたので、色を塗っていきます。
ハロウィンカラーは、オレンジ・紫・黒の3色。どうせならすべての色を入れたいので、真ん中の四角の部分を黒で塗りつぶします。

 

 

④・リボンのメインの色を明るくオレンジにしたいので、下の部分を紫で塗ります。

 

 

⑤・最後に残ったリボンのメインの部分をオレンジに塗って完成です!

 

シンプルなリボンでも、色を黒・紫・オレンジの3色にするだけでハロウィンらしくなりますよね!

メインの色を紫にしたい場合は、真ん中の四角を黒に塗ってしまうと、色がすごく暗く見えてしまうので、真ん中の四角をオレンジにしてメインの部分だけを紫にすると、ポップなハロウィンカラーになります。

 

 

空いたスペースにハロウィンらしいワンポイントとしてリボンを描くと可愛くなるのでおすすめですよ。

ハロウィンに簡単に描ける帽子の描き方

次は、ハロウィンのイラストにぴったりな帽子の描き方です。
魔女がかぶっているような黒いとんがり帽子は、ハロウィンイラストの色んなものに描かれていますよね。

 

では、ハロウィンのアクセサリーとしては定番中の定番であるとんがり帽子を描いていきます。

 

 

①・最初にとんがり帽子の上の部分を描きます。
「へ」の字を書いて、その中に1本線を入れる。間に入れた線と「へ」の字の先の部分をつないでとんがり帽子の形にします。

 

 

②・帽子の下の部分に線を2本ひいて、帽子の腰の部分を描きたします。

 

 

③・帽子のつばを描くために、帽子の腰あたりから下向きに曲がった線を2本描きます。
帽子のつばが広すぎると左右の長さや線の曲がりを同じように描きにくくなるので、帽子の幅と同じくらいの長さにするのがおすすめ。

 

 

④・帽子のつばの端と端を線でつなぎます。
これで、帽子の形が完成しました!これだけでも魔女の帽子に十分見えますが、ハロウィンらしくするために、色を塗っていきます。

 

 

⑤・帽子の腰の部分に紫、それ以外の部分は黒に塗りつぶします。
帽子の腰の色はオレンジでもハロウィンらしくなります。

 

このままでも、十分かわいいのですが、ハロウィンカラーのオレンジ色も帽子の中に入れたいな~と思ったので…。
星をワンポイントとして入れました。

 

 

赤みの強いオレンジだと、星っぽくなくなってしまったので、黄色に近いオレンジにしました。

これで、ハロウィンイラストにぴったりなとんがり帽子が完成しました!

 

帽子はリボンよりもハロウィン感が出ますので、空いたスペースに描くイラストとしておすすめですよ。

まとめ

以上、ハロウィンイラストのワンポイントに使えるリボンと帽子の描き方でした。

 

帽子とリボンは、そのまま描いても可愛いですし、キャラクターの頭の上につけても可愛いです。
少し前に書いた、簡単なかぼちゃのイラストの描き方や、簡単なおばけのイラストの描き方で描いたカボチャとオバケに帽子とリボンをつけてみると…。

 

 

こんな感じになります。

 

カボチャやオバケ以外にも、動物のキャラクターにつけても可愛いので、キャラクターにハロウィンらしさを出したいという時にもおすすめの飾りですよ。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。