ハロウィン

ハロウィンのおばけの簡単な描き方と顔の表情やシルエットを描く方法!

目安時間 7分

 

ハロウィンのイラストを描くときに、まず1番始めに思い浮かぶのはかぼちゃのお化けである、ジャック・オー・ランタンではないでしょうか。
やっぱりかぼちゃのお化けはハロウィンの定番ですよね。
→かぼちゃのランタンの簡単な描き方はこちらから

 

そして、かぼちゃのお化けの次に、ハロウィンのイラストとして良く描かれるのが白いオバケではないでしょうか。
わたしもハロウィンのイラストとしてパッと思い浮かぶのがカボチャのランタンと白いオバケです。

 

ハロウィンのイラストを描くときは、オレンジ・紫・黒の濃い色で描くことが多いため、白いおばけをイラストの中に入れるとワンポイントとなるのでおすすめです。
その、白いおばけの簡単な描き方があるので紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンのおばけイラストの簡単な描き方

早速ハロウィンのおばけを簡単に描いてしまいます!

 

 

①・吹き出しのような形を描きます。
右向きでも左向きでもOKですが、右利きは右向きの方が描きやすいです。わたしは右利きなので右向きに描きました。

 

わたしの中で、「おばけ」といわれればイメージはスーパーマリオに出てくるおばけのキャラクター。
おばけを描こうと思うと必ずこの形になります。

 

 

②・手になる位置に角張った「C」のような形を描きます。
手を上げたりしても可愛いですが、1番お化けらしいポーズといえば、この手を前に突き出して手首を曲げるポーズです。

 

 

③・最後に目と口を描けば完成!
顔を描くときは、ちょっと目を離して描くのが好きです。横幅広めに描いてしまったときは、目を大きくするか目を離して描くと可愛くなります。

 

このお化けを描くのはめっちゃ簡単!このイラスト、だいたい5秒くらいで描けます。
この画像の絵はパソコンで描いていますが、手書きで描くときもササッと描けますよ♪

ハロウィンのおばけイラストに顔のバリエーションをつけよう!

手描きで簡単に描けるハロウィンのオバケのイラスト。

 

5秒で簡単に描けるので、飾り付け用なんかにおばけの絵をたくさん描いても手間になりません。

…のですが。
ただ、同じ形の同じ顔のおばけばっかりだと、ただただオバケたちが前にならえをしているみたいになってしまいます。

 

これはこれで可愛いのですが…。
せっかくなので、オバケの顔や身体の形にバリエーションをつけていろんなお化けを描きます!

 

わたしがいろんな種類の白いオバケを描きたいときは、まず、身体の向き・しっぽの長さやしっぽに動きを付けたおばけの形をいくつか描いてしまいます。

スポンサーリンク

 

 

同じような形がいくつかあるような気がしないでもないですが…。まぁ、顔を変えてしまえば気にならなくなると思います(笑)。

 

そして、オバケの形に合わせて手を描いていきます。

 

 

正面向きのオバケは、手を内側に手を入れた方がおばけらしいポーズになりますが、手を外に出しても可愛いです。
今回は、全部手を下に下げちゃいましたが、上にしても可愛かったかもですね。

 

そして最後に顔を描いていきます。

 

 

顔は笑ったり泣いたり怒ったり…と、表情を変えるだけでもバリエーションが出ますが、最初はまん丸に描いた目を横に長めに描いて細くしたり、縦長にしたり…。
垂れ目にしたり、つり目にしたりと目を変えるといろんな表情が出ます。まつ毛を描くと女の子になりますし、帽子やリボンのアクセサリーを付けても可愛いです。

 

目を変える以外にも、口を開けたり、V字にして笑顔にしたり、への字にして困っているような顔にしたり…と、おばけの身体の形・目・口を変えて組み合わせるとバリエーションはいくらでも付けられます。
お気に入りのおばけが出来ると、そのお気に入りばっかり描いちゃいますけどね。

ハロウィンのおばけをシルエットにすると背景に使える!

ハロウィンのおばけのイラストにバリエーションをつけるためには色塗りを…と、思ったのですが。
おばけのイラストって白じゃなくなるとオバケらしくなくなってしまうんですよね…。

 

なので、お化けのイラストに色塗りは特に必要ないかと思います。

おばけのイラストの場合は、色を付けるよりも、あえて色を付けずに黒で塗りつぶしてシルエットにしてしまった方が、背景としても使えます。

 

では、早速おばけのシルエットを描いていきましょう!

 

おばけの身体は特に気にせず、最初に描いたイラストと同じように描いて、お化けの顔だけを白くなるように描きます。

 

 

目や口の部分はくり抜くように。
この状態で目や口の部分以外を黒で塗りつぶしてしまうと…。

 

 

おばけのシルエットイラストが出来上がりました!
中の白い線は、描きたい線の太さよりも少し太めに描いておくと、歪みに気がついた時でも線の調整がしやすくなります。

これだと、オレンジや薄い紫の背景にいっぱい描いても可愛いですよ。

まとめ

以上が、ハロウィンの飾り付けなどに使えそうな可愛いおばけのイラストを簡単に描く方法でした。
たった5分で描ける簡単な書き方ですので、絵が描ける年齢のお子さんなら描けるかもしれませんね。

娘はまだ1歳で絵が描けないから、今年は甥っ子と一緒に描こうかな。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。