イラスト

SAIでの美少女イラストの仕上げは線画の色とレイヤー加工で!

目安時間 9分


10日にわたって描いていた美少女イラストがとうとう完成しました。

前回の髪の色塗りが終わった時点で、イラスト自体は出来上がっていたので、今回は、イラストの仕上げ作業に入ります!

 

この仕上げ作業は、色塗りの時点で完成度の高い色塗りがで来ている人は特に不要な作業かもしれませんが、わたしの色塗りは、特に女の子の服や鞄がぼやっとした感じになってしまっているので、この作業が必要です。

 

では、このぼやっと感をごまかすために、仕上げ作業を進めます。

使用したペイントソフトはSAIです。

イラストの仕上げに線画の色を変更しよう!

わたしが仕上げ作業で1番最初にすることは、線画の色の変更です。

今は、線画の色を茶色で塗っているのですが、この状態では線がくっきりです。

鞄やスカートの色が、線画の色と合っていなさすぎて、線が浮いてしまっているみたいに見えますよね。
この線の違和感を解消するために、線の色を変更します。

 

線の色を変更するときは、それぞれの線画を描いたレイヤーの上に新しいレイヤーを作って、線画レイヤーの上にしか色がつかないようににクリッピングさせます。

 

 

そして、まずは鞄の線画から色を変更します。

線画の色を変更するときは、変更するイラストの1番濃い部分の色を使いますので、鞄の線画を変更するなら鞄の底の影が出来ている部分の色をスポイトで取っておきます。

 

 

 

線画レイヤーの上に重ねた新しいレイヤーを、スポイトで取っておいた色で塗りつぶします。
クリッピングしているので、全体が塗りつぶされることなく線画の色だけが変更されますよ。

 

そして、線画の色を塗りつぶした画像がこちらです。

 

 

これだと、線画と色が馴染みすぎているので、元々の線画の色と変更した色の2色を馴染ませるために、変更した方の色を薄くしていきます。

そのために、レイヤーの不透明度を下げていきます。

 

 

不透明度は色によって違いますが、薄い色だと20%くらい、濃い色だと50%くらい、線画に近い色なら70%くらいにすると色が自然に馴染みます。

鞄の線画は、不透明度を50%くらいまで下げると自然になりました。

 

 

最初に線画を細かく分けたことで、色ごとに塗りつぶしが使えて便利。

 

そして、線画と色塗りを馴染ませるためには、全ての線画レイヤーの色を変えなくてはいけなくなります。

服・髪・顔・肌…かなり面倒な作業になってしまいますが、こうすることで線画が自然になってきますよ。

 

全ての線画の色を変更するとこんな感じになります。

 

 

線画の色を変更する前より、線画がずいぶん馴染みましたよね。

イラストの仕上げには発光レイヤーを使って

では、線の仕上げが終わったので、次は発光レイヤーを使って仕上げをしていきます。

発光レイヤーは、下のレイヤーの画像を明るくして、コントラストを弱くする効果があります。

 

では、発光レイヤーに色を入れていきましょう!

発光レイヤーで仕上げの加工をするためには、これまでに描いた線画やイラストを全て1枚のレイヤーにまとめてしまいます。

そのためには、表示している全てのレイヤーを結合してしまいます。

 

 

レイヤーが1枚になると、容量が小さくなってサクサク動くようになった気がします(笑)。

 

そして、服の色塗りでベストの下塗りの時に使った、明るいクリーム色を使って発光レイヤーに色を入れます。

色を入れる場所は、特に光の場所とかは考えずに、色が単調になってしまった鞄や髪を中心に、塗りました。

 

鞄の暗いところがなくなるように塗り塗り…。
ブラシはエアブラシを使っておくと、明るくなりすぎないので塗りやすいです。

 

そして、出来上がった画像がこちら。

 

 

最初に比べてずいぶん明るくなったと思いませんか?
これをするだけで、色塗りの下手さが若干ごまかせますので発光レイヤーでの仕上げはおすすめですよ!

イラストの仕上げにはスクリーンレイヤーを使って

発光レイヤーでの仕上げが終わったら、次は、さらにスクリーンレイヤーで仕上げをします。

 

スクリーンレイヤーは、下にあるレイヤーの反転した色を重ね合わせた様な効果になります。
合成した後は、元の色よりかなり明るくなります。

 

デジタルでイラストを描いたときは、思ったよりも暗い色に仕上がってしまったということが結構あるので、スクリーンレイヤーで仕上げの加工をすると簡単にキャンバス全体が明るくなりますよ。
では、スクリーンレイヤーを使って仕上げをしていきます!

 

まずは、先ほど仕上げように作った発光レイヤーと完成した美少女イラストのレイヤーを結合します。
発光レイヤーで効果をつける前に一旦表示レイヤーを結合してしまっているので、レイヤーは2枚になっています。

レイヤーが1枚にまとまったら、レイヤーを複製して全く同じレイヤーが2つになるようにします。

 

 

そして、複製したレイヤーを通常レイヤーからスクリーンレイヤーに変更すると…。

 

 

こんな感じになります。

 

これだとかなり明るいので、スクリーンレイヤーの不透明度を下げて明るさの調整をしていきます。
しっくりくるのは10%から20%くらい。

不透明度を下げて、丁度良い明るさにしたら…。

 

とうとう完成です!

仕上げ作業の時間はだいたい20分くらい。

 

スクリーンレイヤーを重ねる前と微妙な違いではありますが、鞄の色やスカートなんかの暗い色が明るくなったことで少し柔らかい雰囲気になりました。

ちょっとだけぼかしが効いたような雰囲気になります。

 

今回は背景をつけていないのですが、背景をつけるときは、ピクシブで投稿されているフリー素材の中から背景を決めます。
「背景 フリー素材」で検索して、イラストに合いそうな背景を探しています。

 

今回もピクシブで探した中で、わたしが描いたイラストにかなり合いそうな背景素材を見つけたのですが…。
加工NGだったために断念しました。

やっぱり背景とキャラクターを合わせるためには、それなりに色や光を書き直さなくては不自然になりますからね。

 

わたしがピクシブで背景を選ぶときは、加工自由、掲載元の記載不要、商用利用可、使用前のコメント不要のものを選んでします。
これくらい自由に使っていい人の作品であれば、よっぽど悪質な使い方をしない限りはトラブルにもなりにくいので。

 

まとめ

では、これにて10日間かけて描いた美少女イラストが完成しました!
楽しかった!!

 

8年ぶりにキャラクターを描いて色塗りをして…としましたが、ブランク8年でも描き始めると意外とどんな感じで描いていたのか思い出すということが分かりました(笑)。
そして、色塗りの影をつける所がわからない…、服のシワの描き方がわからない…も以外とごまかせます。

 

すごく楽しかったので、またちょくちょくイラストを描く機会を増やしたいです。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。