紫外線対策

1歳で日焼け止めは必要?大人用を外遊びに使ってもいいの?

目安時間 6分

 

温かい季節になってくると、それとともに日差しも強くなってきますね。
日差しが強くなってきたら気になるのが紫外線対策。

子供が1歳となると、0歳の時とは違って外遊びができるようになりますよね。

 

それと同時に0歳の時とは違い、「今日は日差しが強いから引きこもろう!」が通用しなくなってきました。

0歳の時は抱っこ紐に日傘でできていた紫外線対策も、お子さんが歩きたがってできなくなってしまうこともありますよね。

 

そうなると、紫外線対策が必要となってくるわけですが、紫外線対策として1番に思いつくのが日焼け止め。
1歳児に日焼け止めは必要なのか?どんな日焼け止めを使えばいいのかを調べてみました。

スポンサーリンク

1歳でも日焼け止めが必要?

お肌がデリケートな子供には紫外線対策が必要で、生まれて間もない赤ちゃんでも紫外線対策をする必要があります。
しかし、1歳の紫外線対策として、必ずしも日焼け止めが必要といいうことはありません。

 

子供が1歳となると、我が子は肌が弱いタイプなのか?がだいたい分かってきますよね。
日焼け止めは、子供用を使用したとしても肌への刺激はあります。赤ちゃんの時から肌荒れが多いというお子さんは、去年と同じように、UVカットの服を着せるなどの対策を続けてください

 

日焼け止めを使っても大丈夫だろうと判断したのであれば、日焼け止めの出番です!
UVカットの服も便利なのですが、やっぱり半袖に長袖を着せることになるので暑いんですよね。日焼け止めを塗ってしまえば、気にせず半袖のまま外に出られます。

 

ただ、日焼け止めを塗るのは肌への刺激以外にもデメリットがあり…。

1歳になると、0歳の時より動き回るようになるので、じっとしてくれるタイプの子でないと日焼け止めを塗るのが大変です。

 

さらに、日焼け止めを落とすためには石鹸で顔を洗う必要があり、落とした後は保湿が必要です。これは、じっとしてくれないタイプの子なら本当に大変!

日焼け止めを落とすときに使用する石鹸は普段使用しているソープ、保湿は子供用の保湿クリームを塗ってあげてください。

 

そして、日焼け止めで紫外線対策するのなら2時間に1回の塗り直しが必要になります。
日焼け止めを使用するのには、それなりに面倒も増えますので、そのうえで日焼け止めを使用すrかそれ以外の対策にするかを決めてくださいね。

スポンサーリンク

1歳児の日焼け止めは大人用でもいいの?

1歳になると、食べ物も大人と同じようなものを食べるようになるし…。
日焼け止めも大人のものを兼用して大丈夫かな…?と思った方もいらっしゃいませんか?

 

しかし、子供の肌は紫外線に弱いですが、日焼け止めの刺激にも反応します。
日焼け止めのパッケージに「SPF○○、PA+」と記載されていますよね?このSPFとPAが高ければ高いほど日焼け止めの効果が高まりますが、刺激が強くなります。

大人用であれば、SPFもPAも高く設定されているものが多いです。

 

なので、大人用のものは使用しせず子供用の日焼け止めを使ってください

大人用のものでも、SPFとPAを低く設定したものもありますが、念のため大人用の日焼け止めは避け、子供用の肌に優しいものを選んであげてくださいね。

 

赤ちゃん用の日焼け止めであれば、お湯で落とせるものもありますので、洗顔の手間が少しだけ省けますよ。

1歳の日焼け止めはちょっとの外遊びでも使った方がいい?

では、日焼け止めを塗ること、子供用の日焼け止めを使用することを決めたのなら気になるのは「ちょっと外遊び」程度でも、日焼け止めが必要になるのかということです。

 

紫外線対策は日差しが強くなる5月くらいから始めることが多いですが、5月だと「別にそんなに焼けないだろうしいいかな…」となってしまいますよね。

日焼け止めを塗る目安としては、15分以上の外出は日焼け止めが必要と考えた方がいいです
しかし、室内や車内では不要なので、外での移動時間に15分以上かからない場合は不要です。

 

日焼け止めは肌に刺激があるので、ほとんど外に出ないのに日焼け止めを使用すると紫外線より日焼け止めの方が肌への負担が重い可能性があるからです。
室内や車内の紫外線対策を万全にしてあげれば大丈夫です。室内ではUVカット効果のあるカーテンを、車内ではUV遮断フィルムを窓に貼るなどの対策があります。

 

子供と遊ぶときは「ちょっと遊ぶ」が予想外に長引いてしまう可能性があるので、日焼け止めで紫外線対策をするのなら、できるだけ使用した方が良さそうです。
本当に「ちょっと」の時は、帽子をかぶせてUVカットのカーディガンなんかを着せてあげてくださいね。

まとめ

以上、1歳の日焼け止めについてまとめてみました。

 

1歳となると、去年とは違い外遊びが増えてきます。
手間はかかりますが、お子さんのデリケートなお肌を守るために上手に日焼け止めを使ってくださいね。

 

日差しの強い季節でも外遊びを楽しみましょう!

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

プロフィール

ひいろです。

イラストを描いたりハンドメイドで物作りをするのが大好き。
季節ごとの絵や手芸や工作を作っています。

↓ブログ村のブログランキングに参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿
カテゴリー
人気の投稿とページ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。